天風(あまかぜ)いぶき氏。 【宝塚の画像】天風いぶき:結婚や本名は?プロフィールも

元タカラジェンヌ、天風いぶき氏が東京都議補選出馬

天風(あまかぜ)いぶき氏

天風いぶきが秘書から都知事選出馬へ 都知事選への出馬が報じられた天風さんについて「日刊スポーツ」は次のように報じています。 小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党、都民ファーストの会は1日付で、 東京都議補選(6月26日告示、7月5日投開票)の北区選挙区(定数1)に、 元タカラジェンヌの天風(あまかぜ)いぶき氏(34)を 公認候補として擁立することを決めた。 天風氏は02年、宝塚音楽学校に入学。 90期生で、 宝塚歌劇団では「宙組」に所属し、 04年の「スサノオ」で初舞台を踏んだ。 14年、 「ベルサイユのばら-オスカル編-」を最後に、退団した。 その後は、 小池氏の秘書も務めていた。 小池氏が再選出馬を予定する都知事選と同じ日に投開票される同補選は、 「女性の戦い」として、 にわかに注目が集まっている。 (2020年6月2日配信) 上記の通り、天風さんは宝塚を引退した後、 小池 百合子氏の秘書を務めていました。 タカラジェンヌは宝塚時代の経験を活かして女優に転身するケースが大半です。 しかし、天風さんの場合は宝塚引退後に政界へ進出し、 秘書に転身していました。 政治家としての能力は未知数ですが、彼女に期待する声も多数上がっています。 世間の反応 リーダーシップがあり、 しっかりと信念を持ち、 人生を賭して責任を持ち、 的確で筋の通った、 金やしがらみに囚われない、 信念に同調できる、 そんな人に投票したいと思います。 記事通りなら2014年の退団から約5年小池氏の元で秘書として政治を学んで来ているという事。 小池氏がどう育てたのか見てみたい気もする。 部下をちゃんと育てられるのが現代のリーダーの要件だと思う。 とはいえ選挙なのだから外野がとやかく言うのは不要。 選挙権を持つ該当地区の都民がしっかり選んだら良い。 民では無い外野ですが。 記事読むと、 小池さんの秘書も務めていたとのことなので、 全く政治と無縁というわけではないのでは? 宝塚出身、ばかりクローズアップされるのは逆に可哀想な気が。

次の

天風いぶき元宝塚の現在、学歴や経歴は?小池百合子の秘蔵っ子?本名や年齢は

天風(あまかぜ)いぶき氏

東京都議会北区補欠選挙(5日投開票、定数1)が、話題となっている。 与野党の美女5人の熱い戦いというだけでなく、1人の候補が、あの「アベノマスク」を利用した悩殺ポスターを掲示しているのだ。 選挙戦終盤、注目の選挙区を訪ねてきた。 補選に出馬しているのは、小池百合子都知事の元秘書で元タカラジェンヌという都民ファーストの会公認の天風(あまかぜ)いぶき氏(35)と、自民党公認の山田加奈子氏(49)、東京維新・あたらしい党公認の佐藤古都氏(32)、立憲民主党公認で「筆談ホステス」として知られる斉藤里恵氏(36)、ホリエモン新党公認の新藤加菜氏(27)の5人。 4人はスーツ姿などで普通のポスターだが、新藤氏はピンク色が基調で、両手で胸を下から寄せて「コロナ自粛をぶっ壊す!」と微笑んでいる。 吹き出しには「アベノマスクブラ(笑)」とあった。 近付いてよく見ると、安倍晋三首相が新型コロナウイルス対策で配布した布マスク2枚を、器用につないでいるようだ。 新藤氏の陣営幹部は「新藤氏は、ニコニコ動画でも動画配信者・ウェブマーケターの『ゆづか姫』として知名度もある。 アベノマスクブラ企画は、新藤氏が自ら持ち込んだものだ。 まさに作戦通りだ」と手応えを感じていた。 有権者の反応はどうか。 期日前投票を終えた男性(60)は「まるで、アイドルグループの総選挙のようだ。 目線のやり場に困るが、選挙運動や表現の自由もあるし、こんな手法もあるのかなと感じた」といい、何度もポスターを振り返っていた。

次の

斉藤りえ氏「声拾い上げる」筆談ホステス/都議補選

天風(あまかぜ)いぶき氏

東京都議会北区補欠選挙(5日投開票、定数1)が、話題となっている。 与野党の美女5人の熱い戦いというだけでなく、1人の候補が、あの「アベノマスク」を利用した悩殺ポスターを掲示しているのだ。 選挙戦終盤、注目の選挙区を訪ねてきた。 補選に出馬しているのは、小池百合子都知事の元秘書で元タカラジェンヌという都民ファーストの会公認の天風(あまかぜ)いぶき氏(35)と、自民党公認の山田加奈子氏(49)、東京維新・あたらしい党公認の佐藤古都氏(32)、立憲民主党公認で「筆談ホステス」として知られる斉藤里恵氏(36)、ホリエモン新党公認の新藤加菜氏(27)の5人。 4人はスーツ姿などで普通のポスターだが、新藤氏はピンク色が基調で、両手で胸を下から寄せて「コロナ自粛をぶっ壊す!」と微笑んでいる。 吹き出しには「アベノマスクブラ(笑)」とあった。 近付いてよく見ると、安倍晋三首相が新型コロナウイルス対策で配布した布マスク2枚を、器用につないでいるようだ。 新藤氏の陣営幹部は「新藤氏は、ニコニコ動画でも動画配信者・ウェブマーケターの『ゆづか姫』として知名度もある。 アベノマスクブラ企画は、新藤氏が自ら持ち込んだものだ。 まさに作戦通りだ」と手応えを感じていた。 有権者の反応はどうか。 期日前投票を終えた男性(60)は「まるで、アイドルグループの総選挙のようだ。 目線のやり場に困るが、選挙運動や表現の自由もあるし、こんな手法もあるのかなと感じた」といい、何度もポスターを振り返っていた。

次の