妊娠周期の数え方。 海外の妊娠周期の数え方や日本との違い。常識の差に戸惑った話

最終月経日と月経周期から出産予定日を計算

妊娠周期の数え方

妊娠すると、産婦人科の医師やママ友との会話で、妊娠週数や妊娠月数という言葉を耳にする機会が増えます。 また、妊娠に関する記事を見ても、妊娠中の様子が妊娠週数や妊娠月数という言葉がよく登場します。 妊娠期間中は、個人差はあるものの、妊娠週数や妊娠月数によって、お母さんの身体に変化や赤ちゃんの発育をある程度把握することができます。 そのため、妊娠週数や妊娠月数を正しく理解しておくことで、必要以上に不安を感じず妊娠生活を送ることができますし、異常がある場合も気づきやすくなります。 この記事では、妊娠日数・週数・月数の数え方について紹介します。 妊娠日数・妊娠週数・妊娠月数とは まず、妊娠日数、妊娠週数、妊娠月数の定義について確認しておきます。 妊娠日数とは 妊娠 日数とは、妊娠期間を1日単位で数える方法です。 妊娠期間は約10ヶ月と長期間にわたるため、妊娠日数で数えることはあまりなく、妊娠週数や妊娠月数が使用されることが多くなっています。 妊娠週数とは 妊娠 週数とは、妊娠期間を 週ごとに区切った数え方です。 妊娠週数の他、「妊娠周期」と呼ばれることもあります。 「週」というとカレンダーを連想するかもしれませんが、カレンダーの週とは関係がなく、数え方も異なります。 妊娠月数とは 妊娠 月数とは、妊娠期間を 月ごとに区切った数え方です。 人週週数と同じで、カレンダーの月とは関係がなく、数え方も異なります。 妊娠週数や妊娠月数を把握しておくメリット 個人差はあるものの、妊娠週数や妊娠月数によって母体の状態や胎児の発育についてある程度は予測することができます。 そのため、妊娠期間中で妊娠週数や妊娠月数を把握しておくことで、母体や胎児の異常にいち早く気づくきっかけになります。 例えば、「妊娠〇週にしては血圧が高すぎではないか。 」、「妊娠〇ヶ月なのに体調が安定しないのは病気のせいではないか。 」、「この時期に胎動がないのは変だ。 」というように、母体や胎児の異常に気づきやすくなります。 ネット検索すると、妊娠週数や妊娠月数を自動計算してくれるサイトがいくつもあるので、確認してみましょう。 妊娠週数・妊娠月数の数え方と計算式 妊娠週数と妊娠月数の数え方と計算式を見ていきましょう。 妊娠日数の数え方 妊娠日数は、最終月経開始日 最後に整理が始まった日 をスタートとして、出産まで1日ごとに数えていきます。 最終月経開始日は、妊娠1日ではなく「 妊娠0日」と数えます。 また、妊娠が成立した日 受精卵が子宮に着床した日 がスタートだと勘違いされがちですが、スタートは「最終月経開始日」です。 妊娠週数の数え方 妊娠週数は、最終月経開始日から出産までの期間を週単位 7日周期 で数えます。 妊娠0日から1日、2日、3日、4日、5日、6日と数え、妊娠0日~6日までの一週間が「妊娠0週」です。 その後、妊娠1週0日、妊娠1週1日と数えていき、妊娠1週6日の次の日が妊娠2週0日となります。 妊娠してから最初の週は妊娠1週だと勘違いされがちですが、「 妊娠0週」が正しいです。 妊娠週数の数え方の例 最終月経開始日が1月1日、妊娠検査薬で要請が出たのが2月11日だった場合、妊娠週数は以下のとおりになります。 1月1日 最終月経開始日 :妊娠0週0日• 1月2日:妊娠0週1日• 1月7日:妊娠0週6日• 1月8日:妊娠1週0日• 2月11日 妊娠検査薬が陽性 :妊娠5週6日 この例の場合、妊娠検査薬で陽性が出るのは妊娠5週6日です。 妊娠月数の数え方 妊娠月数は、妊娠週数と同じく、最終月経開始日をスタートとし、出産までの期間を月単位で数えます。 最終月経開始日を妊娠0日と数えるのも妊娠週数と同じです。 妊娠月数で注意したいのは、「月の周期」と「月の数え方」です。 カレンダー上は、毎月の周期が28日から31日まであってバラバラです。 しかし、妊娠月数の周期は、月経周期と同じ「 28日」と決められています。 また、妊娠日数は妊娠0日から、妊娠週数は妊娠0週からスタートしますが、妊娠月数は「 妊娠1ヶ月」から数え、妊娠2ヶ月、妊娠3ヶ月と続きます。 妊娠0週0にちから妊娠3週6日までが妊娠1ヶ月、妊娠4週0日から妊娠7週6日までが妊娠2ヶ月、妊娠8週0日から妊娠3ヶ月に入ったというように数えます。 妊娠月数の数え方の例 妊娠週数と同じく、最終月経開始日が1月1日、妊娠検査薬で要請が出たのが2月11日だった場合について数え方を見て見ましょう。 1月1日 最終月経開始日 :妊娠0週0日 妊娠1ヶ月• 1月2日:妊娠0週1日 妊娠1ヶ月• 1月7日:妊娠0週6日 妊娠1ヶ月• 1月8日:妊娠1週0日 妊娠1ヶ月• 2月11日 妊娠検査薬が陽性 :妊娠5週6日 妊娠2ヶ月 通常、妊娠〇ヶ月〇週〇日とは言わず、「妊娠〇ヶ月」または「妊娠〇週 〇日 」と言うことが多くなっています。 WHO 世界保健機関 の定義 現在の日本で使用されている妊娠日数、妊娠週数、妊娠月数の数え方は、WHO 世界保健機関 の以下の定義の基づいています。 妊娠は、最終月経開始日から数えて日や週で表示する• 最終月経開始日 1日目 を1日目を妊娠0日とする• 妊娠0~6日を妊娠0週、妊娠7~13日を妊娠1週とする 妊娠開始日とは 妊娠開始日とは、最終月経開始日のことです。 妊娠開始日は、妊娠週数や妊娠月数を計算する上で重要な日ですが、「実際に妊娠した日」ではなく、妊娠期間の基準とするために、妊娠発覚後に「妊娠が始まった日として便宜上設定された日」です。 当然、妊娠開始日には妊娠しておらず、妊娠の兆しもありません。 妊娠開始日が決定されるまで 妊娠開始日が決まるのは、妊娠検査薬で陽性が出た後、産婦人科を受診して妊娠していると診断された後なので、早くても妊娠7週前後になります。 妊娠開始日が決まるまでの経過は、以下のとおりです。 月経開始 初日が「最終月経開始日=妊娠開始日」• 性交渉 妊娠2週前後• 受精卵が子宮に着床 =妊娠成立、妊娠3週前後• 月経開始予定日 月経が始まらず、妊娠の可能性を考え始める、妊娠4週前後• 妊娠検査薬で陽性が出る 妊娠判明、妊娠5~6週前後• 産婦人科で超音波検査を受けて心拍を確認 妊娠確定、妊娠7週前後• 最終月経開始日が妊娠開始日 妊娠0週0日 に決まる 妊娠期間 妊娠してから出産するまで と出産予定日 出産予定日は、妊娠開始日 最終月経開始日 から280日 妊娠40週0日 目に設定することになっています。 妊娠週数などの数え方と同じで、「妊娠の正常持続日数は妊娠280日 妊娠40週 で、出産予定日はそれを目安とする。 」というWHOの定義に基づくものです。 ただし、最終月経開始日が曖昧であったり、生理の周期が28日ではなかったりして、出産予定日がずれることは珍しくありません。 そのため、産婦人科では、超音波検査時に胎児の頭臀長 とうでんちょう、CRL、胎児の頭のてっぺんから、お尻の出っ張りまでの長さ を測り、出産予定日を確定させます。 頭臀長を測るのは、胎児の身体の大きさの個人差が小さい妊娠8週~11週頃が適しており、それ以前だと計測が難しく、それ以降だと個人差が大きくなってしまいます。 当初の出産予定日と頭臀長計測後の出産予定日が食い違う場合、後者が採用され、妊娠週数が訂正されることがあります。 家庭でできる出産予定日の計算方法 以下の計算式を使用すると、出産予定日の目安を計算することができます。 出産予定日の月=最終月経開始日の月-3 1~3月の場合は+9• 出産予定日の日=最終月経開始日の日+7• 出産予定日=1. 例えば、1月1日が最終月経開始日の場合は、以下のとおりです。 出産予定日の月=1+9=10• 出産予定日の日=1+7=8• 出産予定日=10月8日 まとめ 妊娠週数や妊娠月数は、数え方がカレンダーと異なりややこしいところはありますが、母体や胎児の状態を大まかに把握し、異常に気づくために大切なものです。 ネット上で簡単に確認できるので、時間がある時に試してみてください。 ikujilog.

次の

妊娠期間「十月十日(とつきとおか)」の計算・妊娠週数の数え方 [妊娠の基礎知識] All About

妊娠周期の数え方

妊娠週数の数え方 妊娠週数の数え方は最終月経(生理)からスタートします。 日本では妊娠期間を「十月十日(とつきとおか)」といいますが、これは陰暦での数え方です。 つまり、月の周期の28日を1 ヶ月として、約10ヶ月の妊娠期間を数えていました。 太陽暦では、1ヶ月は約30日、欧米では妊娠期間をNine Monthsといいます。 妊娠期間のスタートは最後の月経(生理)が始まった日になります。 その日を「妊娠0 週0 日」として数えて、妊娠40週ごろに赤ちゃんは誕生します。 妊娠週数の算出方法は、28日型の月経(生理)周期が基準になっています。 月経(生理)周期には個人差があり、また生理不順の場合などもあるので、妊娠初期の超音波検査で、現在の妊娠週数が修正されます。 また、妊娠月数はひと月を4週として数えます。 妊娠週数カレンダーとは?妊娠カレンダー、妊娠週数一覧表、マタニティカレンダーとも 妊娠週数カレンダーとは、妊娠判明から出産予定日までを「妊娠初期」「妊娠中期」「妊娠後期」、またそれぞれを妊娠週数でわけたスケジュール表のことをさすようです。 妊娠時期と妊娠月数、妊娠週数に合わせて、ママの体の変化や赤ちゃんの様子、「この時期に何をすればOK」などがまとめられているもののようです。 出典:『いちばんよくわかる妊娠・出産』内「妊娠中の体&おなかの赤ちゃん 成長見通しMAP」 妊娠週数の算出方法は、28日型の月経(生理)周期が基準になっており、妊娠月数はひと月を4週として数えるので、「今、妊娠何週なのかわかりにくい」と感じることも。 また、妊娠週数計算ツールや出産予定日計算ツールのことを妊娠週数カレンダーといっているサイトもあるようです。 出産予定日計算などはさまざなアプリが出ているのでチェックしてみるといいでしょう。

次の

妊娠週数/妊娠周期の数え方は?計算ツールや便利なアプリを紹介!

妊娠周期の数え方

産婦人科に行けばいいのだろうけど、今すぐに知りたくなりますよね。 自分で算出できる方法を紹介します。 次に、「最終月経開始日」か「排卵日」が必要です。 このうちの、どちらかがわからなくては計算できません。 排卵日は、婦人体温計で基礎体温を測定している人はわかるでしょうが、そうでない人は、月経開始予定日から14日を引いた日を目安にしてください。 たとえば、1月28日が月経開始予定日の場合、1月14日前後が排卵日の目安に。 ただし、これまでずっと月経周期が規則的だった人でも、今回に限って早まったり、遅くなったりすることも考えられるので、その場合は排卵日がずれることに。 排卵日を算出するこの方法は、あくまでも目安であり、「排卵したかもしれない日」と考えてください。 なお、月経周期が30日だったり、35日だったり、40日だったりと、毎回不規則な人は、排卵日の目安をつけることは難しいです。 出産予定日を出してみよう! 出産予定日を出すためには、「妊娠週数」と「妊娠日数」の数え方を覚える必要があります。 まず、妊娠前の最後の月経が始まった日を0週0日とし、7日間で1週と数えたものが妊娠週数です。 妊娠7日目は妊娠1週0日となり、妊娠14日目は妊娠2週0日となります。 最終月経開始日から算出してみよう 妊娠0週0日から数えて280日後(40週0日)が出産予定日となります。 ただし、この出産予定日の算出方法は、月経周期が28日型を基準としていますから、月経周期が35日型の人の場合は、受精日がずれるため、出産予定日も変わってきてしまいます。 排卵日から算出 排卵日は妊娠2週0日です。 妊娠40週0日が出産予定日としてカウントしてみましょう。 排卵日が正しくわかっていれば、出産予定日の算出がしやすくなります。 webサイトで簡単チェック 最終月経開始日を入力すれば、自動的に、出産予定日を出してくれるのでチェックしておきましょう。 また、月経周期が30日だったり40日になったりと、サイクルが毎回違うタイプの人は、そもそも計測できません。 でも大丈夫! 早めに産院へ行けば、出産予定日がわかります。 産院では、おなかの赤ちゃんや子宮の状態をみるために、超音波検査をします。 赤ちゃんの頭からおしりまでの長さである頭殿長(とうでんちょう)を計測することで、現在の妊娠週数や出産予定日を確定できるのですが、赤ちゃんの成長に個人差がない妊娠8~11週ごろに計測しなくてはなりません。 この時期を過ぎてしまうと、赤ちゃんの成長に個人差が出てくるため、正しい妊娠週数を割り出せなくなるのです。 妊娠かもと思ったら、気づいた時点で1度、産院に行きましょう。 出産予定日に、赤ちゃんが生まれてくるの? 産院の超音波検査によって割り出された出産予定日でも、その日に赤ちゃんが生まれてくると決定しているわけではありません。 陣痛は、胎盤の状態やホルモンの分泌量、おなかの赤ちゃんの成長など、さまざまな要因が重なり合って起こります。 出産予定日は、あくまでも目安と考えておきましょう。 妊娠週数や、出産予定日を知ることは、妊娠生活を送るうえでとても重要な情報です。 今の妊娠週数なら、どんなことに気をつければいいのか、これからどんな症状が起こるのかなどの予測もできますし、対策もとれます。 そのことは、不安をやわらげることになり、妊娠中の心と体の健康を保つことにつながるでしょう。 また、働く妊婦さんにとっては、保育園の確保や職場復帰のことなど、未来を見通して準備ができます。 妊娠週数や出産予定日は、妊娠生活を安全に過ごすためだけの情報ではなく、ママになったときの生活を充実させるためにも役立つのです。

次の