胡蝶しのぶイラストアニメ。 胡蝶しのぶ イラスト

胡蝶カナエ (こちょうかなえ)とは【ピクシブ百科事典】

胡蝶しのぶイラストアニメ

すると、すぐさま切り替え鬼を圧倒し蟲の呼吸で毒を流し込み勝利。 普段ののほほーんした優しい雰囲気のしのぶから、仲良くする気のないと分かった鬼に対して一気に刃を貫き、相手を苦しめる。 とてもカッコいいと思ったシーン。 那田蜘蛛山にて累の姉を毒殺し、その後刀を振りながら、ヒュンヒュン振りながら決私もあんなことしてみたい、とおもわされました。 とんでもない内容を、笑顔で鬼にいいながらも、きちんと亡くなった人が報われるように成敗するところ。 さらっとかわいい顔をして、毒を使える唯一の鬼なんですというところ。 しかし相手はあまりそのことを覚えていない様子。 その時今までニコニコと感情を押し殺していたしのぶから怒りが溢れ出ました。 初めて見せた素の表情と言ってもいいしのぶらしい一面にかっこいいと思いました。 上弦の弐の童麿と初めて会うシーンです。 しのぶの姉を殺した憎き鬼を初めて目の前にして怒るシーンです。 いつものおしとやかに微笑むしのぶとは違い見たこともない表情で怒りを表してるところ。 「つらいも何もあるものか。 私の姉を殺したのはお前だな?この羽織に見覚えはないか」と言うセリフがとてもかっこよくて印象的なシーンです。 姉から最期に伝えられた童磨の特徴と、雰囲気から姉を殺した鬼だと悟り、普段の優しいしのぶからは想像もできないような怒り狂った様子に変化し、ながらも姉のことを思いながら、体を切り刻まれ、肺に血が入り、圧倒されながらも、1人で立ち向かうしのぶがとてもカッコいい。 また、自身の体に毒を巡らせ、童磨にわざと自分自身を吸収させる。 そして倒す。 自分をも犠牲にしてまで、仲間、後輩、カナヲのために勝利にこだわるしのぶはとてもカッコ良い。 肺に血が入り満身創痍のしのぶの前に、姉であるカナエの幻影が現れます。 厳しくも泣きながら頑張れとカナエに励まされ立ち上がります。 そして童磨を滅する為、蟲の呼吸 蜈蚣ノ舞 百足蛇腹を打ち込みます。 技の描写もカッコいいですが、仇敵を滅する為決死の思いで立ち上がり技を放つ姿がカッコいいと思いました。 戦闘シーンでかっこいいシーンは沢山ありますが、この言葉は伏線となって後々継子であるカナヲが上弦の二と戦う最終局面に初めて意味が分かります。 ただの捨て台詞ではない所がグッときてかっこいいです。 ミステリアスな彼女の生き様そのものだと思います。 しかし、姉の仇である童磨に対しては毒が分解されてしまい破れてしまう。 残るカナヲと伊之助はどうなるのかハラハラする展開の中、突然起きた童磨の異変としのぶのしたり顔で一気に起死回生の雰囲気が盛り立てられる熱いシーンだと感じた。 自分の覚悟をカナヲに告げているその顔がすごく淡々としているのに青い炎が燃えているような瞳でグッときた。 自分は食われなければならないなんて本来なら涙混じりでもおかしくないのにカナヲが鈍らないために淡々と話す姿に惹かれました このシーンは戦いの場面ではありません。 継子であるカナオに自らが上弦の二の鬼を倒す最終手段として自分の身体の中に蓄え続けた藤の毒を致死量喰らわせることで、鬼を死へ導くことを語ります。 それは当然自殺行為、自らの身体をつかいオトリとなる行為です。 ですが、同時にほぼ確実に鬼に気が付かれることなく身体の中から鬼を蝕むことが出来ます。 其れを話すしのぶは謂わば「自らの最後の瞬間」となる遺書と同義のものをカナヲに語っていることになります。 ですがその表情はまったく恐れに震えることはありません。 ただ鬼を倒す強い意思を宿し、柱として自らの死に向かいあっています。 20歳にも満たない、また少女の域であるシノブの魂の強さがとても格好良いと思うシーンです。 目的を達成したことによる笑顔の罵声はかわいいを通り越してカッコイイなとおもいました。

次の

胡蝶カナエ (こちょうかなえ)とは【ピクシブ百科事典】

胡蝶しのぶイラストアニメ

すると、すぐさま切り替え鬼を圧倒し蟲の呼吸で毒を流し込み勝利。 普段ののほほーんした優しい雰囲気のしのぶから、仲良くする気のないと分かった鬼に対して一気に刃を貫き、相手を苦しめる。 とてもカッコいいと思ったシーン。 那田蜘蛛山にて累の姉を毒殺し、その後刀を振りながら、ヒュンヒュン振りながら決私もあんなことしてみたい、とおもわされました。 とんでもない内容を、笑顔で鬼にいいながらも、きちんと亡くなった人が報われるように成敗するところ。 さらっとかわいい顔をして、毒を使える唯一の鬼なんですというところ。 しかし相手はあまりそのことを覚えていない様子。 その時今までニコニコと感情を押し殺していたしのぶから怒りが溢れ出ました。 初めて見せた素の表情と言ってもいいしのぶらしい一面にかっこいいと思いました。 上弦の弐の童麿と初めて会うシーンです。 しのぶの姉を殺した憎き鬼を初めて目の前にして怒るシーンです。 いつものおしとやかに微笑むしのぶとは違い見たこともない表情で怒りを表してるところ。 「つらいも何もあるものか。 私の姉を殺したのはお前だな?この羽織に見覚えはないか」と言うセリフがとてもかっこよくて印象的なシーンです。 姉から最期に伝えられた童磨の特徴と、雰囲気から姉を殺した鬼だと悟り、普段の優しいしのぶからは想像もできないような怒り狂った様子に変化し、ながらも姉のことを思いながら、体を切り刻まれ、肺に血が入り、圧倒されながらも、1人で立ち向かうしのぶがとてもカッコいい。 また、自身の体に毒を巡らせ、童磨にわざと自分自身を吸収させる。 そして倒す。 自分をも犠牲にしてまで、仲間、後輩、カナヲのために勝利にこだわるしのぶはとてもカッコ良い。 肺に血が入り満身創痍のしのぶの前に、姉であるカナエの幻影が現れます。 厳しくも泣きながら頑張れとカナエに励まされ立ち上がります。 そして童磨を滅する為、蟲の呼吸 蜈蚣ノ舞 百足蛇腹を打ち込みます。 技の描写もカッコいいですが、仇敵を滅する為決死の思いで立ち上がり技を放つ姿がカッコいいと思いました。 戦闘シーンでかっこいいシーンは沢山ありますが、この言葉は伏線となって後々継子であるカナヲが上弦の二と戦う最終局面に初めて意味が分かります。 ただの捨て台詞ではない所がグッときてかっこいいです。 ミステリアスな彼女の生き様そのものだと思います。 しかし、姉の仇である童磨に対しては毒が分解されてしまい破れてしまう。 残るカナヲと伊之助はどうなるのかハラハラする展開の中、突然起きた童磨の異変としのぶのしたり顔で一気に起死回生の雰囲気が盛り立てられる熱いシーンだと感じた。 自分の覚悟をカナヲに告げているその顔がすごく淡々としているのに青い炎が燃えているような瞳でグッときた。 自分は食われなければならないなんて本来なら涙混じりでもおかしくないのにカナヲが鈍らないために淡々と話す姿に惹かれました このシーンは戦いの場面ではありません。 継子であるカナオに自らが上弦の二の鬼を倒す最終手段として自分の身体の中に蓄え続けた藤の毒を致死量喰らわせることで、鬼を死へ導くことを語ります。 それは当然自殺行為、自らの身体をつかいオトリとなる行為です。 ですが、同時にほぼ確実に鬼に気が付かれることなく身体の中から鬼を蝕むことが出来ます。 其れを話すしのぶは謂わば「自らの最後の瞬間」となる遺書と同義のものをカナヲに語っていることになります。 ですがその表情はまったく恐れに震えることはありません。 ただ鬼を倒す強い意思を宿し、柱として自らの死に向かいあっています。 20歳にも満たない、また少女の域であるシノブの魂の強さがとても格好良いと思うシーンです。 目的を達成したことによる笑顔の罵声はかわいいを通り越してカッコイイなとおもいました。

次の

《鬼滅の刃》胡蝶しのぶがかわいい!アニメ/漫画のかわいいシーンやイラストを紹介

胡蝶しのぶイラストアニメ

CV: 概要 の姉。 享年17歳。 の一員だったが、鬼に殺されてしまったという。 「とは仲良くできる」という持論の朗らかな人物だったらしい。 が、実際にカナエが「仲良くしたい」と言っている描写はないので、しのぶの思い込みの可能性もある 以下、ネタバレ注意 「まあまあそんなこと言わずに 姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ」 「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫」 「」の使い手であった少女剣士。 長い髪に、頭の左右に蝶の髪飾りをつけている大変な美人。 生前はだった事が、168話のの回想で判明した。 アニメ第25話によると、しのぶの物と似た形状のを使用していた模様。 幼少期に両親を鬼に殺され、寸での所をに助けられた。 その後は 「自分達と同じ思いを他の人にはさせない」という決意を胸に、妹しのぶと共に鬼殺隊へと入隊する。 しのぶが常に笑顔を絶やさず「鬼とも仲良く」を掲げているのはカナエの意志を引き継ぐため。 カナエはと同様に 「鬼は哀れで悲しい存在である」と考え、今際の際ですら哀れんでいたそうで、鬼殺隊への入隊を決めたのも 「人だけでなく鬼も救いたい」と思っての事でもあった。 妹には命を落とす直前に 「鬼殺隊を辞めて、普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しい」と伝えるが、両親のみならず姉までも鬼に殺されたしのぶはその言葉を受け入れられなかった。 後の話にて彼女を殺した鬼はの弐・だったと判明。 無限城でようやく姉の仇と相対したしのぶは、それまで心に押し込めていた憤怒と憎悪を剥き出しに毒の刃を振るう。 その最中に幽霊か幻影かは定かではないが、重傷を負わされた事で心が折れかけたしのぶの前に現れ、「 しっかりしなさい 泣くことは許しません」「 しのぶならちゃんとやれる 頑張って」と叱咤激励していた。

次の