経 管 栄養 種類。 経管栄養(胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)の正しい知識

「乳幼児の在宅医療を支援するサイト ~日本小児在宅医療支援研究会~」

経 管 栄養 種類

Contents• 目的 食事や水分を経口的に摂取できない場合や不十分な場合に、栄養チューブを介して栄養を補給する。 経管栄養の種類・適応 経管栄養法として経鼻経管栄養法、胃瘻法、空腸瘻法がある。 また、経管栄養法以外の非経口的栄養摂取法として中心静脈栄養法や末梢静脈栄養法がある。 経路による分類 特徴 経管(経腸)栄養法 経鼻経管栄養法(NG法) ・持続的に胃、あるいは十二指腸に管を留置する方法:食事ごとの管の挿入の手間がないが、咽頭・喉頭、噴門部に異物(管)があるため、半開状態で胃食道逆流現象がおきやすく、それに伴う誤嚥の危険性が高い。 ・間欠的経管栄養法(IC法):毎回の胃管挿入の手間があるが、食事以外は管がないことで美容上も誤嚥誤嚥防止上もすぐれている。 胃瘻法 ・美容上にすぐれている。 ・咽頭・喉頭、噴門部に異物(管)がないため、胃食道逆流現象の危険性が少なく、また、経管栄養法による栄養補給を行いながら、嚥下機能回復訓練がスムーズにできる。 空腸瘻法 ・口~胃にかけての通過障害があるときに適用になる。 経静脈栄養法 中心静脈栄養法(高カロリー輸液[IVH]、完全静脈栄養法[TPN]) ・消化管の安静を要するときに有効、絶食期間が2週間以上の場合に適用となる。 ・水分・電解質・アミノ酸・脂質・ビタミン・微量元素のほか、高濃度の糖分と必要な栄養素のすべての輸液が可能。 ・長時間の絶食も可能だが、バクテリアルトランスロケーション、高血糖などの代謝障害や胆汁うっ滞性肝障害などの合併症を起こしやすい 末梢静脈栄養法(PPN) ・水分・電解質・ビタミンの輸液が主で、アミノ酸・脂質も注入可能であるが、糖分は浸透圧が高く静脈炎をおこすため、低濃度のものしか注入できず、十分なカロリーが確保できない。 ・2週間以上の長期使用(絶食)で栄養障害を引きおこす。 胃管挿入 必要物品 ・胃管(14Fr程度) ・膿盆 ・メジャー ・ティッシュペーパー ・潤滑剤 ・聴診器 ・ガーゼ ・固定用絆創膏 援助の実際 患者への説明 胃管挿入の必要性と手順を説明し、協力を得る。 認知症や意識障害のある患者でも必ず説明を行う。 実施方法:胃管挿入手順 (1)体位はファウラー位とし、頸部を回旋するとともに下顎を挙上させ、鼻先を押し上げるようにして頸部の回旋側と反対側の鼻孔から胃管を静かに挿入する。 胃管が咽頭部まで達したら頸部を軽く前屈し、顎を突出するようにしてもらい、唾液を飲み込むように指示しながら胃管挿入を進める。 (2)咽頭部より先への挿入は、気管への誤挿入を避けるために頸部前屈位とし、患者の嚥下状態に合わせてゆっくり挿入する。 胃管の位置確認 (1)挿入時の確認: 挿入の長さの目安・・・45~55cm ・胃管挿入により、咳込み、空気の出入り、いくらでも空気が吸入できるなどの所見があれば、気管への誤挿入であるためただちに抜去する。 実施方法 (1)患者の姿勢は30度ファウラー位、または座位とする。 (2)開始前に栄養剤をあたためる必要はない(あたためても注入中に温度低下するため)。 ただし、低温だと下痢を誘発するため、下痢対策にはチューブを加温する。 (3)胃管が胃まで挿入されていることを確認し、注入容器のチューブを接続する。 (4)あらかじめ決められた速度で滴下する。 栄養物の種類、液体の粘稠度により滴下速度が異なるため、ときおり滴下の状態を確認、調整する。 気道内分泌物を吸引などにより除去し、喘鳴が消失してから再開する。 (2)滴下 ・滴下速度: 一般に 100ml/30分程度 ・滴下不良の際には、まずは圧迫・屈曲などの外力が加わっていないことを確認し、なければチューブの閉塞を考え、カテーテルおよび容器側チューブを通水し、閉塞を解除する。 (3)消化器症状 嘔気・嘔吐などの消化器症状がないかを観察し、万一出現したときは注入を中止し、誤嚥しないよう体位を整える。 注入後の観察・留意点 (1)注入終了後は、注入容器のチューブを外し、胃内容物の逆流防止のために胃管もしくは胃瘻カテーテルのキャップを閉める。 (2)注入容器は洗浄し、栄養剤を十分流す。 栄養バッグを繰り返し使用する場合、手でもむようにして付着している栄養物を除去し、定期的に次亜塩素酸ナトリウム(ハイター、ミルトンなど)で消毒。 胃瘻・腸瘻 注入前、注入時以外の観察 (1)瘻孔の位置(胃・空腸)と、挿入されている胃管のタイプおよび長さを確認したうえで、胃管本体にも目印を つけておき、毎食前に患者の胃管の位置(挿入の長さ)を確認する。 (2)胃管を数mm程度引いたり入れたりして、あそび(ゆとり)があることを確認し、胃管の逸脱がないことを 確認する。 必要物品 ・イリゲーター(栄養剤容器) ・注入チューブ(滴下筒つき) ・イリゲータースタンド ・注射筒(経管栄養専用) ・ストップウォッチ 援助の実際 患者への説明 栄養注入を行うこと、所要時間、協力してもらうことなどを説明する。 実施方法 (1)患者の姿勢は30度ファウラー位、または座位とする。 (2)開始前に栄養剤をあたためる必要はない(あたためても注入中に温度低下するため)。 ただし、低温だと下痢を誘発するため、下痢対策にはチューブを加温する。 (3)注入容器のチューブを接続する。 (4)あらかじめ決められた速度で滴下する。 栄養物の種類、液体の粘稠度により滴下速度が異なるため、ときおり滴下の状態を確認、調整する。 注入中の観察・留意点 (1)滴下 ・滴下速度: 一般に 100ml/30分程度 ・滴下不良の際には、まずは圧迫・屈曲などの外力が加わっていないことを確認し、なければチューブの閉塞を考え、カテーテルおよび容器側チューブを通水し、閉塞を解除する。 (2)消化器症状 嘔気・嘔吐などの消化器症状がないかを観察し、万一出現したときは注入を中止し、誤嚥しないよう体位を整える。 注入後の観察・留意点 (1)注入終了後は、注入容器のチューブを外し、胃内容物の逆流防止のために胃管もしくは胃瘻カテーテルのキャップを閉める。 (2)注入容器は洗浄し、栄養剤を十分流す。 栄養バッグを繰り返し使用する場合、手でもむようにして付着している栄養物を除去し、定期的に次亜塩素酸ナトリウム(ハイター、ミルトンなど)で消毒。 管理人* マイマイ、My助(まいすけ) ウェブと人生をデザインする看護師。 人・モノ・情報を「伝える」「魅せる」「つなぐ」がライフワークの縁つなぎ屋。 コミュ障・うつ病なIT系システムエンジニアから看護師を経てフリーランスに。 複数の看護メディアで記事を執筆するライター。 マイナビ看護師(マイナビナースプラス)、ナース専科、ナースときどき女子、月刊ナーシングなど看護メディアで記事執筆。 「挫折や苦労は人生の最高の財産」 「自分を助ける最強のパートナーになれるのは、自分自身」 人と幸せに生きるためにも、まずは自分を整える。 自己否定・他者貢献で疲弊した過去から、自己承認・自己貢献へ思考&行動シフト中。 誰かのためにむりをして頑張ってきた、自分のような女性に向けたメッセージを綴ります。 詳しいプロフィールは.

次の

胃ろうのメリットとデメリットは?経管栄養剤種類一覧表!

経 管 栄養 種類

経管栄養に用いているイリガートルは洗浄が容易でどの施設でも管理に それほど困難は感じていないようです。 しかし、滴下部を持ち洗浄・乾燥 しにくいチューブについては、管理が難しく、理想論を言えばディスポが 望ましいのは明白です。 しかし、主に経済的な理由で、現実には再使用が 通例となっています。 栄養剤本体の無菌性は確保されなければなりません が、栄養剤の通過するルートであるイリガートル、チューブ、(+場合により フィーディングチューブ、)栄養カテーテルの3〜4器材のうち、栄養カテーテ ル本体の清潔性の保持に限界がある以上、それ以外の部分の清潔レベル だけを格段に高くしても、消化管感染発生率の低下といった臨床効果に大き な影響が出るとは考えにくいからです。 実際、反復使用する栄養バッグがセ ラチアの増殖によって赤染が起きていても消化器症状を呈した人は一部で あったとの報告もあり、これには消化管の抵抗力の個人差も関係していると 考えられます。 感染対策は、コストパフォーマンス(かけた費用に対する効果の高さ)を 考えて、それぞれの対策に優先順位をつけて実行していくものです。 栄養 チューブのディスポ化は、効果が判定困難である割には大きなコストがか かる問題です。 これは、各施設の余裕に応じて取り組むことが望ましい課題に分類される と考えられ、正解のない問題の一つです。 ご参考のため、当院の介護病棟のやり方を紹介します。 イリガートル+チューブは、名前を記して個人使用としています。 ミルトンは 使用していません。 12%次亜塩素酸ソーダ原液を使用時1000倍希釈して30L のプラスチック槽に用意します。 イリガートル+チューブは使用後速やかに 湯を通し、次いで上記浸漬液で点滴部を含めて充満させた状態で1時間以上 浸漬します。 その後、2つ折り状態で水切りし、乾燥機に入れて45分乾燥に セットします。 これを使用時に取り出します。 イリガートル+チューブの使用 期限は原則1週間で、それ以前でも肉眼的に汚れを認めた場合には交換し ます。 (費用は、入院患者では病院、入所患者では家族の負担です。 フィーディングチューブは、単価も高く長期間の使用が大半ですので、食用 酢の10倍希釈液での洗浄で、肉眼的な汚れの除去を指導しています。 いずれ にせよ在宅で可能な水準を大幅に超える対策は、あまり意味がないと考えます。 ミルトンは哺乳瓶の消毒に用いており、通常水切りするだけで使用していま す。 哺乳瓶の洗い方には長年の経験の蓄積があり、かなりずぼらな母親が使 用しても体に有害ではないと考えています。 イリガートル+チューブ洗浄では、 水きり目的からミルトン 当院では1000倍次亜塩素酸ソーダ液 に使用直前ま で漬けておくのは好ましくないと考えます。 また、母親の中には臭いが気になる として、ミルトン浸漬後に哺乳瓶を洗浄乾燥している人もおり、成人では乾燥不 十分では塩素臭を気にする方が結構いらっしゃるかもしれません。 感染関連リンク• 対象:医療機関・高齢者施設等 院内・施設内感染に関する相談システムのご案内です。 感染管理認定看護師(ICN による現場での助言・講義も対応できます。 PDFファイルをご利用になるにはAdobe Readerをダウンロードしてください。

次の

経管栄養剤の種類

経 管 栄養 種類

ウェブ スポンサードリンク 経腸栄養法の具体的ケア : 経鼻胃管栄養法の合併症と対策 *ここでは栄養剤の注入中及び胃管挿入中の合併症と対策を簡単にまとめてあります。 注入中及び注入後少なくとも30分は上体を挙げたままにしておきます。 痰の絡みがある場合は、タッピングやバイブレーションなどで痰の喀出を充分に実施します。 自力で喀出できない場合は、吸引器で吸引します。 又、腹部膨満に対しては、腹部を温めることにより、腸の動きを良くする方法もあります。 合併症の主な原因とし、液体の栄養剤によるものが多い為、 半固形又はそれにより近い栄養剤を注入することで解決される場合も多いようです。 固定する位置は同じ部位ではなく、少しずつずらしていきます。 固定する部位の皮膚は可能であれば、毎日清潔にしておきます。 テープもその都度、新しく貼りなおします。 他にもありますが、比較的多い合併症及びトラブルをまとめてみました。 mhlw. mhlw. mhlw. 主なコンテンツ など マルチスクリーンにリニューアルしました。 スマホ、タブレット、パソコンなど様々な デバイスに合った形式でご覧頂けると思います。 主に、季節にあった健康・医療情報を掲載して おります。 健康の保持増進に関する予防的な情報や、栄養 食事に関すること、最新医療情報なども掲載して おります。 主なコンテンツ など 介護保険制度が導入されるまでの経緯や 導入後の制度の見直しなどに関すること、 介護保険制度下での介護サービス、 サービスを提供する人材や研修に関すること等を 掲載しています。 介 護 食 C o p y r i g h t C 2013〜 「 N u r s i n g I n f o rm a t i o n 」 A l l R i g h t s R e s e r v e d.

次の