アーロン 声優。 アーロン

石川英郎

アーロン 声優

アーロンは『』に登場するキャラクター。 概要 アーロン一味船長でノコギリザメの魚人。 通称「ノコギリのアーロン」。 懸賞金2000万ベリー(当時の最高額)。 名前の由来はイタリア語の「鮫(Squalo、スクアーロ)」から。 魚人という種族は万物の霊長であるという思想を持ち、同族である魚人は「同胞」として大切にする一方で、下等種族と考えている人間を殺すことは何とも思っていない。 ただし、人間でも金で話の分かる者やのように利用できる者は別と考えており、海軍大佐を賄賂で買収したり 、島の支配において無益な虐殺は行わずに人間を生かして奉貢を搾取するなど、レイシストである以上に実利主義者でもある。 笑い声は「シャハハハハ」。 魚人街出身で、その中でも最も気性が荒く、若い頃から海賊として海底で暴れ回っていた。 慕っているがタイヨウの海賊団を結成すると同時に合流、と並び一味の中核を担った。 人間嫌いはこの頃からであり、幼い頃のホーディ達に人間は憎むべき存在という意識を植えつけ、タイガーから人間に対する過度な攻撃を咎められても、全く意に介さなかった。 タイガーの死後、人間に復讐しようとするも当時海軍中将だったに捕らえられ、に投獄される。 1年後、ジンベエの七武海加入と引き換えに解放されるも、政府の狗となったジンベエに決別を言い渡し、再び一味を率い独立する。 10年前、東の海全体を支配する「アーロン帝国」の建国を企み、コノミ諸島にある20もの町村を力で支配。 さらにナミの義母ベルメールを見せしめに最初の犠牲者とし、ナミの海図を描く才能にも目を付け、半ばココヤシ村を人質にする形でアーロン一味に加入させた。 アーロンパークでの戦いでは幹部達が敗北したのち、重い腰をあげて手負いのとを圧倒。 海中から復帰したと一騎打ちとなり、ナミを最も上手く「使える」のは自分であり、ナミと自分は仲間だと豪語したものの、ナミを道具であるかのように発言したこの一言がルフィの怒りを買い、自慢の鼻をへし折られた挙句、「ゴムゴムの戦斧」を受けてアーロンパークごと叩き潰されて敗れた。 能力 巨大なノコギリ「キリバチ」を武器とし、鋭いノコギリ状の鼻、何度も生え変わる牙、強力な顎の力など、鮫の特性を活かした攻撃を行う。 また少量の水を掛けるだけで散弾銃ほどの威力を持たせることもできるなど、魚人の中でも抜きん出た力を持つ。 歯ガム(トゥースガム) 牙は何度も生え換わることを利用し、自ら牙を抜き、手に持って戦う。 鮫・ON・DARTS(シャーク・オン・ダーツ) 魚雷のような突進攻撃。 鮫・ON・歯車(シャーク・オン・トゥース) 回転しながらの突進攻撃。 はアーロンのこの行動について、自分の悪事を海軍を通じてジンベエに知られ、妨害されることを防ぐためだったと推測している。

次の

アーロと少年の日米吹き替え声優キャスト一覧

アーロン 声優

アーロと少年の英語版&日本語吹き替え版の声優一覧 1、アーロ レイモンド・オチョア/石川樹&古賀瑠 気弱な恐竜アーロを演じるのは14歳にしてすでに多くの映画、TVドラマに出演する天才子役のレイモンド・オチョア君。 兄のライアン・オチョアもまた俳優で、アメリカではオチョアブラザーズとして知られている。 日本語吹き替え版でアーロを担当するのは今注目の子役俳優、石川樹(いしかわたつき)。 2003年生まれの若干12歳の少年は、「花燃ゆ」で小田村篤太郎(おだむらとくたろう)役を演じて話題になり、本作で急遽主役に抜擢された。 もちろんディズニーアニメは初出演。 弱虫なアーロを彼がどんなふうに演じるのかに注目だ。 古賀瑠(コガルイト) 2、ブッチ サム・エリオット/松重豊 Tレックス一家のお父さん、ブッチはベテラン俳優サム・エリオットが担当。 名わき役として知られ、映画にも多数出演。 また、渋い声を生かして数多くのCMのナレーションもこなしている。 ブッチの低くて太い声はまさに適役。 対する日本の声優は松重豊。 『アウトレイジ ビヨンド』などの映画でお馴染みの強面の演技派俳優で、恐竜ブッチをどのようにアレンジするのかに注目。 3、アーロのママ フランシス・マクドーマンド/安田成美 アーロのママ役は大ベテラン女優にして、ジョエル・コーエン監督の妻であるフランシス・マクドーマンドが担当。 代表作は「ファーゴ」の警察官役で、これまで数々の賞に輝いている実力派。 対する日本語吹き替え版は女優の安田成美。 素敵なお母さんのイメージが強い安田成美だからこそ、アーロ思いの優しいママの役がぴったりかも。 4、ラムジー アンナ・パキン/片桐はいり バッチの娘ラムジーを演じるのはカナダ人女優のアンナ・パキン。 『ピアノ・レッスン』の少女役といったら思い出す人も多いはず。 同作では映画初出演にして、アカデミー助演女優賞を受賞するなど幸運の持ち主でもある。 大人になってからも映画にコンスタントに出続けている。 代表作はX-MENシリーズ。 対する日本からは超個性派女優の片桐はいりが起用されている。 お転婆の恐竜をどんなふうに料理するのかが見もの。 5、ナッシュ A. バックリー/八嶋智人 バッチの息子ナッシュを演じるのはアイルランド出身の俳優A. バックリー。 代表作はTVドラマの『CSI:ニューヨーク』。 そのほかは多数の映画やTVドラマに出演しているもののちょい役が多く、長年陽の目を見ずに苦労してきた経験を持つ。 これを機にディズニー映画に連続して出演がなるかどうかに注目。 対する日本版は俳優だけでなく、マルチタレントとして活躍する八嶋智人。 『トリビアの泉』での名司会が話題を呼び、様々なバラエティ番組に出演。 映画やドラマでも面白キャラを演じることが多い。 6、少年スポット ジャック・ブライト/日本語吹き替え版不明 ほぼセリフはないものの、雄たけびやうなり声などでインパクトを残した少年スポットには、無名の俳優ジャック・ブライト君が起用されている。 無名ながらディズニー映画では本作のほかにも「モンスターズ・ユニバーシティ」で声優を担当した。 >> 関連記事 >> >> >> >> >> >> >>.

次の

アーロと少年の日米吹き替え声優キャスト一覧

アーロン 声優

記事概要• 概要* ネタバレ注意* ザナルカンドでのティーダの知り合いで年齢は35歳。 元々スピラの人間であり、繰り返すシンの真実やエボン教の闇の部分を知り尽くしているが、それらを直接口にはしない。 10年前のスピラではティーダの父「ジェクト」と共に、ユウナの父であるブラスカのガードを務めたことから、スピラでは「 伝説のガード」の異名を取る。 ブラスカの究極召喚発動後、究極召喚の真実を知りユウナレスカに挑むが敗れ、べベルの手前でキマリにユウナを託して死亡する。 しかし、「息子を頼む」というジェクトとの約束を守るため、死人として留まり、「シン」に乗って夢のザナルカンドでティーダを見守っていた。 表向きは冷静沈着だが、回想シーンなどでは友情を大切にする熱血漢である。 ブラスカのガードをしていた頃は何故か堅い性格で、何かとジェクトに突っかかっては「カタブツ(野郎)」と呼ばれていた。 最後はユウナと共に「シン」倒し、10年間果たせなかったブラスカとの約束を果たした後、ユウナによって異界送りされる。 ティーダを見守り、ユウナを見守る頼れるおじサンキャラです。 そんなアーロンの声を担当したのは 石川 英郎さんです。 アニメを中心に多数の作品で活躍されています。 そして概要でも説明した通り、一度死んでいます。 というか幽霊ですね。。 w 究極召喚の犠牲になり、次の「シン」になったジェクトの最後の願いを聞くために留まり、「夢のザナルカンド」でティーダを見守っていました。 再びすべてを知った上でユウナやティーダ達に同行し、新しい道を自分の次の世代が切り開くのを見届けた上で最終的にはユウナの手によって異界送り 成仏 させられます。 全ての真実を知っている立場で、明確な答えを持っているにも関わらず自分の旅の仲間であったブラスカやジェクトの子供であるティーダやユウナ自身の選択に任せる… そして迷いそうになったときには迷わず進めるように背中を押す姿がどうもかっこいいんですよね。 理想のオジサンというか、親というか、アーロンの存在はFF10でもかなり異質です。 そもそも死人としてスピラに残るのは大きな未練がある悪役が多い訳ですが、アーロンさんはただただ親友、仲間との約束の為だけにその使命を全うして役目を終えたらモンスター化をおそれてすぐに成仏する潔さ。 人気キャラクターランキング1位のバックボーンはそんなアーロンの生き様にあるのではないでしょうか?.

次の