ポケモン エメラルド。 育成

エメラルドループ

ポケモン エメラルド

001 くさ 入手済み• 002 くさ 入手済み• 003 くさ 入手済み• 004 ほのお 入手済み• 007 みず 入手済み• 010 あく 入手済み• 011 あく 入手済み• 012 ノーマル 入手済み• 013 ノーマル 入手済み• 014 むし 入手済み• 015 むし 入手済み• 017 むし 入手済み• 022 くさ 入手済み• 029 エスパー 入手済み• 030 エスパー 入手済み• 031 エスパー 入手済み• 034 くさ 入手済み• 036 ノーマル 入手済み• 037 ノーマル 入手済み• 038 ノーマル 入手済み• 039 エスパー 入手済み• 040 エスパー 入手済み• スポンサードリンク.

次の

ザロクバグを使って最果ての孤島などにテレポート【ポケモンエメラルド】

ポケモン エメラルド

発生事象 ここでは主な事例を挙げるが、これ以外にもエメラルドループの関連する事象は存在する。 特に「リセットして粘っても、同じ何かが出続ける」というのはエメラルドループが関連しているとみなしてよい。 フィールド上で話しかけると対戦になるポケモン(特に)のなどを粘るために、リセットなどを繰り返して何度も再試行するが、個体値、、などが全く同じになる。 のクジを同様に行っても同じ当選番号になる。 発生原因 毎回個体値が違うポケモンを出す、エンカウントを発生させる、与えるダメージを変動させるなど、ゲームでは「ランダム」な要素が必要不可欠となる。 これを作るためにゲームでは「」といわれる要素が用いられる。 ただし、コンピューターは完全にランダムな数字を作成することはできない ハードウェア乱数発生器を除く。 そのため、完全にランダムではないが、使用用途からすればランダムとみなせる、「」が用いられる。 ポケットモンスターシリーズでは、ゲーム起動時からの時間、プレイタイムなどを種とし、これを元に計算することによって擬似乱数を発生させている。 エメラルドでは、「ゲームを開始してからの経過時間 オープニングを含む 」が擬似乱数の種に用いられている。 「個体値粘り」などの状況では、時間の短縮化を図ることが多く、このため前述の時間が等しくなるため、擬似乱数の出力が同じになる。 擬似乱数による、個体値、が等しくなれば、、性別、性格、の有無、のブチの模様などが等しくなる。 ルビー・サファイアではこれに加え、ゲーム内で設定された時間が用いられるが、内部時間がバグまたは電池切れなどで停止した状態のものであれば、十分に発生しうる現象である。 また、・においては、「電源を入れてからの経過時間」が疑似乱数に使われているため、ソフトリセットではループが発生しない。 予防 ゲーム開始からの時間を変えることでこの事象を防ぐことができるため、オープニングを止めるタイミングを変える、対象のポケモンに話すまでの時間を変えるなどが効果的である。 ただし、時間を変えたとしてもリセットを行った場合は、「ゲームを開始してからの経過時間」がリセットされ、「リセットしてからの経過時間」が用いられるため同事象が発生することになる。 方法 特定のフレームに到達した段階でAボタンを押してエンカウントする、またはタマゴを貰うことによって決まった個体値の個体を手に入れることができる。 色違いに関してはIDと裏IDに依存しているため、効率良く色違いをエメラルドループで手に入れる場合はIDを乱数調整で特定のものに調整する。 この場合、ニューゲーム時に特定のフレームに達した際にAボタンを押してIDを調整するという方法を取る。 それができない場合は、自力で色違いを捕獲し、そのフレーム数と性格値をツールに入力して特定する。 目的フレームまでの待機時間が長い場合、IDを乱数調整で調整した上でニューゲーム開始からリセットしていないROMの現在seedをを介してに保存すると良い。 ニューゲーム開始からリセットの間のみIDに依存した初期seedとなるため、これを活かせば通常20日ほどの待機を必要とする現在seedにすらも短時間で到達でき、バトルビデオを再生するだけでそうしたseedまでスキップすることができる。 原始的な方法としては、のワイヤレスレシーバーとウェーブバードを使って同時操作することでフレームを一致させ、IDと裏IDが同一のROMを作るというものがある。 効果 ランダム性が失われることはゲームにとっては致命的ではあるが、逆に言えば、個体値粘り、色違い狙いなどでは有効活用することも可能である。 高個体値のポケモンがでる経過時間などを見つけることができれば、有利であることは間違いない。 ただ、それを見つけるのに必要な労力と、ランダムの中で発見する労力もどちらも十分大きいことは言うまでもない。 関連項目• 外部リンク•

次の

【15周年】ポケモンエメラルドとかいう今でも「バグ技」が開拓され続ける神ゲーwwww(※動画あり)

ポケモン エメラルド

僕がヒンバス釣りに挑戦したときは、ゲットまでに約2時間半もかかってしまいました。 それでも挑戦する覚悟のある人だけ、先を読み進めてください。 必要なもの ヒンバスを釣り始める前に、まずは必要なものを確認しましょう。 ボロのつりざお ムロタウンの釣り人からもらえます。 いいつりざおやすごいつりざおでも釣ることはできますが、釣るまでにAボタンを押す回数が多くなってしまうのでおすすめしません。 なみのり、たきのぼりを覚えたポケモン 陸地からだけだと、一部のマスでしか釣りができません。 なみのりが使えるポケモンを必ず連れていきましょう。 場合によってはたきのぼりも必要なので、ついでに覚えさせておくといいと思います。 特性きゅうばんのポケモン(エメラルドのみ) エメラルドのみ、特性きゅうばんのポケモンを先頭にすることで、釣りの成功率がアップします。 僕はリリーラを用意しましたが、サファリゾーンで釣れるオクタンでもOKです。 ルビー・サファイアでは効果がないので不要です。 ゴールドスプレー 水上で野生のポケモンが出てくると面倒なので、まとめ買いしておきましょう。 ヒンバスの釣り方 以上のものが用意できたら、実際に釣っていきましょう。

次の