いつの間に か 容量 が 減っ て いる 商品 wiki。 商品が小さくなった?量が減った?これはシュリンクフレーション。家計への痛手は消費税アップだけではなかった!

「以前もっと多くなかった?」内容量の減った食品・日用品を記録したWikiが登場【やじうまWatch】

いつの間に か 容量 が 減っ て いる 商品 wiki

値上げする商品は800品目以上もあり、家計に大打撃になると悲鳴の声も上がっています。 政権が奨励した便乗値上が要因です。 [Tasu to Ten]タストテン 横浜歴30年以上の横浜大好きブロガー。 ブログ開設1年で年間390万PVを達成。 ブログだけでなく、フリーランスとしてWeb制作やライターの仕事もしています。 このブログは既存のテーマに頼らず、自分でデザインしてコーディングし、記事を書いています。 生活の一部として役立てることができれば幸いです。 レビューのご依頼などにつきましては、お問い合わせもしくはTwitterからお願いします。 カテゴリー• キーワード• アーカイブ.

次の

[B! 生活一般] いつの間にか容量が減っている商品wiki

いつの間に か 容量 が 減っ て いる 商品 wiki

2018年01月25日 08時30分 値段は同じなのに内容量が減る「シュリンクフレーション」を確認できる「いつの間にか容量が減っている商品Wiki」 原料の価格高騰や人件費の上昇などによる生産コストが上昇し、どうしても商品を値上げしたい時に、商品の価格帯を変えないまま内容量だけを減らすことによって、消費者に分かりづらい形で実質的な値上げを行われる現象を、英語のShrink 縮む になぞらえて「 」と呼びます。 「 いつの間にか容量が減っている商品Wiki」はさまざまな商品の価格・内容量の変化をまとめたサイトで、最近値上げをしたり内容量を減らされた商品でシュリンクフレーションが起きていないかチェックすることができます。 いつの間にか容量が減っている商品wiki 「いつの間にか容量が減っている商品wiki」では「菓子」「飲料」「インスタント食品」「冷凍食品」「加工食品」「日用品」という6つの商品カテゴリでまとめられています。 例えば、不二家の「 」を見てみると、2006年では30枚入りだったのが2016年に20枚入りになるまで少しずつ減らされていて、さらに1枚当たりの重量も11. 0gから10. 0gに減っていることが分かります。 またロッテの「 」は、2006年には75gで税抜100円だったのに対して、2015年には50gで税抜110円となっています。 また2016年には、「子供や高齢者向けに筋肉への負担を1割軽減するためのパッケージ変更」という理由で、容器が一般的な紙パックからキャップ付きの新型パックに変更されます。 それに伴って、筋肉への負担=牛乳の容量という明治独自の換算式によって、価格は変わらずに内容量が1000mlから900mlへ減っています。 サントリーの「 」は、ペットボトルが500mlの内容量だったのが470ml、450ml、430ml、425mlとブランド・パッケージのリニューアルごとに少しずつ減っていることが分かります。 日清食品によるプレスリリースでは、原材料の価格高騰などによってコストが上がってしまったために価格改定を行った旨が告知されていました。 こちらも原料事情や労働環境の変化、物流コストの上昇などのさまざまな状況の変化によって、価格の改定や内容量の変化に踏み切ったとメーカーから公式に告知されていました。 理由は特に公表されていませんが、 ため、原油価格の高騰や漁獲量減少の影響を大きく受けた可能性があります。 エバラ食品工業の「 」は、容器をリニューアルしたことで容量・価格が共に変化しています。 ただし100g当たりの値段で考えると、リニューアル前よりもむしろリニューアル後のほうが安くなっていて、実質値下げされている「逆シュリンクフレーション」 が確認できました。 割合としては2割減ですが、一度で大量に使うアイテムではないので、内容量の変化は他の商品に比べると実感しづらい側面があります。

次の

[B! economy] 「いつの間にか容量が減っている商品wiki」爆誕、ステルス値上げこと「シュリンクフレーション」を可視化 #くいもん小さくなってませんか

いつの間に か 容量 が 減っ て いる 商品 wiki

休日だからと言ってダラダラ寝ている、という不規則な生活をなんとか辞めつつあるのですが、どうにも起きた後ダラダラし続けてしまい、結果一日何もしませんでしたテヘペロなことからはまだ逃れられないのです。 どうしたもんか… いつの間にか容量が減っている商品 ぶっちゃけどこぞのメーカーの何たる商品が容量減ったか、なんていうのは気にしたことが無いですし、むしろ調べようと思ったこともほとんどないです。 しかしながら、見つけてしまった以上は見てしまうじゃあないですか。 中々思いつかないテーマの。 サイト概要として、「はじめに」の項には このは、フレーションが発生している商品の情報を共有し、消費者として価格の変動のみでなく内容量や品質の変化にも意識を向けたいと思い開設しました。 「はじめに」より引用 と記載されています。 なるほど、これは貴重な情報だ、と思いつつ少しざっくり見てみたのです。 ランキングから一部抜粋 記事を作成している時点でのランキングは次の通りとなっています。 日付が付いている箇所はランキングではなく、更新とか登録された記事になるので、ではないんじゃないかなと思います。 紫色になっている部分はざっと見した記事で、青色は見ていない記事です。 こうして見ると、どうにもの商品が多く見受けられます。 どういうことなの…。 一例として、セブンの炭火焼き弁当について見てみますと ・値段が徐々に上がっている ・容器が「量が多いように見せかけている形」になっている (底が浅いとか、底面を底上げするかのような二層構造になっている等) ・量が減っているからカロリーも減っている (厳密には減量ではあるがカロリーは増えている) より引用、要約 というように、言われてみればそうかもしれないな、としんみり感じてしまいます(遠い目 最近の傾向など どうにも最近は価格を上げるよりも、量を減らす手法が多く取られているようです。 某コメント欄にも、ご年配の方が増えていることから量を減らすことが得策に近いのではないかと書かれていて、不思議と納得しました。 だってだもの。 こう、高齢化云々が叫ばれて長いですけど、それによって若年者が生活し辛くなったり、負担が増えるのは少し違うんじゃないかな、と思います。 でも結局、資本主義社会だから多数派に向けた企業の方針が利益を生む確率が高いでしょうし、そこはどうにもすることが出来ないんでしょうね。 そしてポッと少数派向けの商品なんぞが出来た際には謎のブームが生じるわけなんですよ。 難しい世の中だなぁ…。 nishi-higashi.

次の