どう なび スマホ。 スマホナビのメリットとデメリット!おすすめカーナビアプリも紹介します!

カーナビとスマホと連携し、スマホ動画をカーナビで見る!

どう なび スマホ

勉強や仕事に集中できる• 睡眠習慣が改善される• 目の疲れがとれる• すきま時間が増える 勉強や仕事に集中できる スマホをやめると、勉強や仕事に集中できるようになります。 なぜなら スマホがあると、通知が来ていないか気になって作業に集中できないという人が多いからです。 実際に僕が勉強に集中できなかった主な原因は、すぐにスマホを操作してしまうことだったので、まずはスマホをやめて集中できる環境を作りました。 スマホは便利ですが、勉強や仕事に集中できなくなると作業効率が悪くなります。 スマホを完全に手元から離さなくてもいいので、勉強や仕事をするときだけ使えないようにしておきましょう。 睡眠習慣が改善される スマホをやめると睡眠時間が増え、睡眠不足のような身体の問題が改善されます。 なぜなら スマホは暇つぶしに最適なツールであるため、寝る前に1時間以上いじる人が多いからです。 実際に僕も前までは寝る前にスマホを長時間使っていて、寝不足で毎日がだるく感じていました。 布団に入ったあとにスマホを操作すると、周りが暗いため目が悪くなることもあります。 日常的に使うスマホだからこそ、寝る前くらいは手放しましょう。 目の疲れがとれる 目の疲れをとりたいならスマホをやめましょう。 なぜなら スマホから発せられるブルーライトは目に悪く、長時間浴び続けると眼精疲労が溜まるからです。 実際にスマホを使っていて、目が疲れたと感じることは毎日のようにあります。 スマホを手放せばブルーライトを浴びることがなくなるので、目が疲れるということもなくなりますよ。 寝る前スマホは本当に目を悪くするよ。 実際ぼくもそれで視力が落ちたからね。。 今の時代はデスクワークが基本なので目が疲れる場面はたくさんあります。 だからこそスマホを手放して、少しでも目の疲れを改善できるようにしましょう。 すきま時間が増える スマホを手放すとすきま時間が増えます。 なぜなら スマホは暇つぶしのツールとしても優秀で、スマホを使ってすきま時間をつぶすという人が多いからです。 実際に僕も電車の待ち時間などは、スマホでネット検索をしたりして過ごしています。 スマホをやめるとすきま時間ができるので、その時間を勉強や読書に当てましょう。 どうしてもスマホを手放せないなら、デスクワークの続きをスマホでやるといいです。 スマホをやめるデメリット スマホをやめることにはメリットが沢山あります。 しかしその反面、デメリットもあるので注意してください。 スマホをやめるデメリットは以下の通りです。 パソコンが家にない人はスマホがないと厳しいかもね。 実際に僕はパソコンでネット検索することは少なく、パソコンでしか見れないWebサイト以外は全てスマホで検索しています。 スマホを手放すとネットが使えなくなるので、検索したいとき不便に感じるようになりますよ。 暇な時間が増えてしまう スマホをやめると暇な時間が増えてしまいます。 なぜならスマホがなくなると、やることがないときに暇をつぶせなくなるからです。 実際に僕も暇な時間の大半はスマホを見て過ごしていて、本気でやめていた時間はとても退屈でした。 先程すきま時間を有効に使えると説明しましたが、それはあくまで勉強や読書をしたいときに限ります。 何もすることがないときに スマホを手放すと、暇な時間が増えて1日を長く感じるようになりますよ。 GPSで現在地を確認できない 旅行に行くときにスマホがないと、紙の地図で行き先を調べることになります。 スマホにはGPSが内蔵されているので、地図をアプリを使えば簡単に目的地までたどり着けますよね。 地図アプリがあるとどこにでも簡単に行けるから便利だよね!スマホを手放すと紙の地図になっちゃう。。 そんなスマホの便利な機能が使えなくなってしまうと、 昔のように紙の地図を見ながら目的地を目指さなくてはいけなくなります。 以上の理由から、旅行に行く頻度が多い人などはスマホを手放さないほうがいいですよ。 スマホをやめる方法 自分が本当にスマホを手放した方がいいのか確認したところで、スマホをやめる方法を紹介します。 手っ取り早くスマホを操作する時間を減らしたいなら、 スマホ依存を改善するアプリを使いましょう。 iPhoneを使っている人は 「スクリーンタイム」を活用するといいですよ。 iPhoneなら設定アプリで使用時間を決めておく iPhoneを使っている人は、設定アプリで1日の使用時間を決めておきましょう。 設定アプリ内のスクリーンタイムを使えば、アプリのカテゴリごとに使用時間を設定することができます。 カテゴリごとに設定できるってことは、スマホ本来の機能である電話だけ使えるようにすれば使用時間を減らせるね! ゲームアプリだけを制限の対象にすれば、 大事な連絡を無視してしまうこともなくなります。 iPhoneを使っているならスクリーンタイムを活用して、少しずつスマホを触る時間を減らしていきましょう。 Androidならアプリを使って依存症を改善する スマホを本気で手放したいのなら、依存症を改善するアプリを使いましょう。 なぜならスマホ依存アプリは、内容がしっかりしている上に無料のものが多いからです。 Androidのアプリだと、設定した時間以上スマホを使ったら自動的に端末をロックするものもあります。 上限の時間を超えた日はどんなことをしてもロック解除できなくなるので、本気でスマホをやめたいならアプリを使いましょう。

次の

機種変更したらアプリはどうなるの

どう なび スマホ

スマホとカーナビのHDMI対応可否は、スマホ:HDMI対応/非対応、カーナビ:HDMI対応/非対応とそれぞれ合計4種類があります。 各組み合わせから見てみましょう。 1 HDMI対応スマホ x HDMI対応カーナビ: 線一本(MicroUSB to HDMI、つまりMHLケーブル)を買うことで、スマホ動画はもちろん、画面もカーナビに映せます; ここでスマホがMHL対応可否をチェック: 2 HDMI対応スマホ x HDMI非対応カーナビ: カーナビ側がHDMIに対応していないため、カーナビのRCA端子(音声映像端子)を利用して接続する必要があります。 必要品:MHLケーブル、HDMIーRCAコンバーター、RCAケーブル。 図で説明すると: 3 HDMI非対応スマホ x HDMI対応カーナビ: HDMI非対応の旧型スマホ機種の場合、そのまま動画を出力することができませんが、メディアプレーヤーを経由する方法があります。 上記2のMHLケーブルを普通のUSBケーブルに、HDMI-RCAコンバーターをメディアプレーヤーに変換し、そしてHDMIケーブルでカーナビと接続すると、スマホ内の動画を再生できます。 *無線メディアプレーヤーもあります。 この場合は、普通のUSBケーブルさえいりません。 4 HDMI非対応スマホ x HDMI非対応カーナビ: 一番複雑な状況に見えるようですが、上記3のMHLケーブルをRCAケーブルに変換すればよろしいです。 カーナビが進んでいる現在、PanasonicのStrada CN-R300WDなど、ミラーリング機能搭載のカーナビが普及できるようになります。 スマートフォンとナビをHDMI接続すれば、スマートフォンの映像や音楽を、カーナビの大画面と迫力あるカースピーカーで車内のみんなで共有できます。 またWi-Fi通信を利用したMiracast(ミラキャスト)接続をすれば、ワイヤレスで楽しむこともできます。 また、自主開発のアプリをスマホにいれるだけで、カーナビでスマホ画面を同期する技術もあります。

次の

スマホをやめるとどうなる?スマホをやめるメリット・デメリット|ナマケモノのスマホ研究所

どう なび スマホ

Androidスマホにおける「キャッシュ」とは? キャッシュとは、再読み込みの速度を上げてくれる一時データのことです。 例えば、ブラウザで初めてページを表示させる時は時間がかかりますよね。 ですがキャッシュが残っていれば、再度表示する時はページの読み込み時間が短くなります。 「じゃあなんで、読み込みを速くしてくれる便利なキャッシュを削除するのか?」 たしかに読み込み速度を上げてくれる便利なデータです。 しかしキャッシュが溜まりすぎると、スマホの不調の原因になることがあります。 キャッシュを削除する必要性 上で書いたようにキャッシュ自体は、悪いデータではありません。 キャッシュデータの溜まり過ぎが良くないのです。 キャッシュの溜まり過ぎで起きる、スマホの不調は多くあります。 動作が重い、遅い• 画面がカクカクする• ページの表示速度が遅い• スマホの動作が固まる• アプリが強制終了してしまう• スマホが勝手に再起動してしまう• etc ちょっと考えただけでも、多くの不調の原因がキャッシュであることが多いです。 もしスマホの調子が悪いなぁと思ったら、キャッシュ削除の必要があります。 ほとんどの不調は、キャッシュ削除で直ってしまうくらいです。 キャッシュを削除する方法 Androidスマホでキャッシュ削除をする方法を紹介します。 スマホのAndroidバージョンで削除の方法が異なるので、まずは自分のスマホのAndroidバージョンを確認してください。 よく分からない場合は、以下の記事で分かりやすく解説しているので参考にしてみてください。

次の