アナデン地属性。 アナデン ツバメの評価や相性の良いキャラクター

アナザーエデン 地水火風の多属性多段アタッカーパーティの超火力!【Another Eden】

アナデン地属性

採用パーティ 顕現ユナの採用パーティ(ZONEなし)はコチラ。 アタッカー枠• エルガ(アナザースタイル)• ディアドラ• ツバメ• プレメア サポート枠(バフ・デバフ・回復など)• エルガ(アナザースタイル)• 基本的には地属性として編成。 後に記載している立ち回りの通り、2ターン目のアナザーフォースで分身を倒しきる為に物理耐性デバフ+地属性バフを付与できるために、ディアドラ、ツバメ、プレメアを採用。 エルガのアナザースタイルはアタッカーとしてはもちろんですが、攻撃しつつ回復できるヘルシュナイデン、バフ+デバフ効果が便利なシェーシュライアなどサポーターとしても魅力だったので採用。 ユナは毒回復、マナは敵のバフ解除として採用しています。 各キャラクターのグラスタ キャラ名 グラスタ ユナ HP快癒力 MP快癒力 HP回復力 マナ HP回復力 MP回復力 属性耐性UP エルガ(AS) 激震の力 抉痛の力 ディアドラ 激震の力 HP最大時強化 抉痛の力 ツバメ 虚無の力 虚無の力 虚無の力 プレメア 抉痛の力 抉痛の力 抉痛の力 アタッカーとなる4人のグラスタはしっかり装備することを推奨。 ディアドラが確定でペインを付与できる為、抉痛の力は強力に作用してくれます。 ユナとマナのグラスタは耐久力重視でHPを上げることを推奨です。 顕現ユナの行動パターン 特記事項• 初手に本体へ速度デバフを付与• 2ターン目のAFで分身を倒しきる• 本体のHPが40%を切るタイミング(分身が再召喚される時)で2回目のAFの準備 以上になります。 本体への速度デバフについて まずは、1ターン目に本体へ速度デバフを付与する点について。 (ツイッターで見かけた攻略法を参考にさせていただきました。 この戦法を思いついた方天才だと思います。 ) 顕現ユナでやっかいなのは• 分身の攻撃が物理と魔法の攻撃を同時にしてくる• その攻撃が本体のバフにより大幅に攻撃力が上がる 点です。 そこで1つ目のポイントである本体への速度デバフです。 本体に速度デバフを付与することで、分身が攻撃した後にバフが付与される形になります。 今回紹介している編成では1ターン目の処理における速度デバフの役割をエルガのAS、腕力デバフをツバメのVCで担っています。 2ターン目のAFで分身を倒しきる ここからの立ち回りはプレイヤーの方によって異なると思います。 私は2ターン目のアナザーフォースで分身を倒しきり、その後は本体に攻撃しながらアナザーフォースゲージを溜めつつ、本体のHP40%を切るライン(分身を再召喚するタイミング)で再度アナザーフォースを発動して倒しきるという形を取っています。 本体のHPが40%を切るタイミング(分身が再召喚される時)で2回目のAF準備 HP40%を切るラインが分かりづらいですが、本体に付与しているバフやデバフアイコン2つ目の半分あたりくらいまえHPゲージが減ってきたらそのタイミングです。 ユナとマナはアナザーフォースのゲージを溜めている間の本体のバフ解除や毒の解除など、回復やサポートとして立ち回っています。 また、ゲージを溜める際の攻撃要因としてディアドラを前衛に出しても問題はないのですが、3回攻撃のケイオスセーバーを連続で発動すると、物理耐性デバフの効果が高くなりすぎてゲージが溜まる前にHPが40%ラインを切ってしまうので注意です。 というわけで顕現ユナ無事クリアです。 ユナ自身はこれまでにも上方修正の対象キャラクターになっていた経緯がありました。 その際はバフやデバフの効果値が高まりサポーターとして確立されていました。 顕現武器を装備することで、七色の祝福に味方全体の回復の効果が追加されたことで、純粋な回復キャラクターとしても編成できるようになりました。 というか、七色の祝福だけで、回復、リジェネ効果、異常状態回復は普通に便利ですね。 もう1つの強化スキル降神巫は全属性攻撃30%が付与されたことで味方の火力をさらに上げてくれます。 個人的にユナを編成する際は、デバフや異常状態回復として使用していたので、あまりこのスキルには縁がなかったのですが、バフ性能が高いのは間違いないと思います。 それでは今回はこの辺で。 次回は顕現デューイを攻略していきたいと思います!.

次の

項目別VC一覧表【アナザーエデン】

アナデン地属性

顕現アナベル2回目と戦う前の事前準備 顕現武器の取得場所 まずは、次元の狭間の左上からアナベルをパーティーに入れた状態で、おじいさんに話しかけて、顕現アナベルと1回戦闘して勝利しましょう。 そうすると顕現武器「エクス・ミグランス」が手に入るので、剣装備可能キャラに装備させて、封域「玉響なる刻の間」を周回するなどして武器のレベルを10まで上げましょう。 封域「玉響なる刻の間」を周回する場合大体23周ぐらいする必要があります。 顕現アナベル「エクス・ミグランス」2回目の攻略 顕現アナベル「エクス・ミグランス」 攻略のポイント 顕現アナベル「エクス・ミグランス」は、「エクス・ミグランス」と「アンナ」の2体との戦いになります。 右側の「エクス・ミグランス」を倒せばよいので基本的に「エクス・ミグランス」を集中攻撃するようにしましょう。 集中攻撃といっても、「アンナ」は強力な全体攻撃を多用してきますので、腕力・知性デバフを欠かさないようにしましょう。 特に4ターン目の「全ての生命への祈り」という全体無属性魔法攻撃は対策しないとパーティが壊滅するため、しっかり知性デバフをかけるようにしましょう。 「エクス・ミグランス」は物理迎撃で物理攻撃をするとHP10万回復をしてきます。 ですので、物理迎撃状態下では安易な物理攻撃は控えるように。 火・風に耐性を持つため、地・水属性でパーティを編成しましょう。 パーティ次第では2ターン以内での撃破も容易です。 顕現アナベル「エクス・ミグランス」の攻撃パターン 「エクス・ミグランス」(右側)• 味方全体に物理耐性バフ• 味方全体に物理耐性バフ• 全体無属性物理攻撃• 全体魔法攻撃(火属性?)• 全体無属性魔法攻撃 の4ターンで回してきます。 4ターン目のアンナの全体攻撃が強力なのと、物理迎撃に十分注意しましょう。 顕現アナベル「エクス・ミグランス」のおすすめキャラ 水属性の火力要員 水属性の火力要員では、単純に火力の高いヒスメナとASニケが最もおすすめです。 ほかには確定で毒の入れらるNラクレアや火力サポートの可能なNメリナがおすすめです。 長期戦想定なら、物理迎撃の影響を受けないマイティを入れておくといいでしょう。 ASユナを持っている場合は、水属性でパーティを固めることをおすすめします。 地属性火力要員 地属性の火力要員は火力の最も出せるASナギや永続的にデバフのできるASロキド、味方に地属性バフもでき火力も出せるNトゥーヴァやツバメがおすすめです。 ほかにもASトゥーヴァやプレメア、Nナギなども候補に入るでしょう。 長期戦想定なら、物理迎撃の影響を受けないミュルスを入れておくといいでしょう。 地・水では持っているキャラ次第にはなりますが、水属性で火力は出しやすいと思います。 サポート要員 各種ZONEの使えるASユナやASミュンファは持っているのであれば入れてそちらの属性に固めることをおすすめします。 ですが、水属性の方が強い場合はミュンファを起用せずに水属性中心のパーティを組んだ方が倒しやすい敵だと思います。 アナベル自身も腕力・知性デバフ両方が使えるため、中長期戦になりそうな場合はデバフ要員でしっかりと使うといいでしょう。 ほかには物理耐性バフを持っているマナ、様々なサポートのできるNユナやマリエルも候補に入るでしょう。 アタッカーのメンツでサポート要員の構成も大きく変わるので、持っているキャラに応じて柔軟にパーティを組みましょう。 ヒスメナ …翠晶の槍・密林の腕輪・腕力バッジ Nメリナ …翠晶ノ槌・暁月の腕輪・腕力バッジ ASアカネ …最速交代要員 ASニケ …翠晶の刀・銀雪の指輪・腕力バッジ アナベル …使用無し ASユナ …翠晶の杖・修練の腕輪・速度バッジ 1ターン目にアカネとASユナを交代して水天陣を展開。 その間にほかのキャラで準備し、2ターン目にAFをうって終わりです。 なので特に攻略も何も…という感じです。 ヒスメナ・ASニケの2人が強すぎます。 ヒスメナに穿痛の力をしっかりつけているのも大きかったですね。 問い合わせなどいただいたらZONEなし編成なども追加したいかなーと思います。 片方の迎撃しか付与した状態にできないので、運用は少し難しいかもしれませんが、挑発入れて攻撃受けながら全体の回復したり、腕力・知性デバフを入れたりとサポートよりのタンクとして使えるようになりましたね。 ベルトランとは違ったタンクの運用ができそうでうまく差別化できてるかと思います。 1点注意したいのが、挑発が耐性無視ではなく確定ではない点。 ここもベルトランは違いますので、相手が物理中心で確実に受けきりたい場合はベルトラン、魔法攻撃や全体攻撃も絡めてきてデバフなども差し込みたい場合はアナベルといった使い分けになるのではないでしょうか。 まだ全然使ったことがないですが、物理・知性デバフ両方でき、挑発付与や今回で迎撃によるHPやMPの回復ができるようになったので、今後パターンを組む必要が出た場合は使う機会も増えてることのかなーと思います。 現時点ですぐ顕現武器装備のアナベルが必要という敵はいないですね…。 ライバルのベルトランさんが顕現武器を持つ日が来るのかわかりませんが、それまではうまいこと使い分けできるのかなと思いました。

次の

【アナデン】最強パーティ編成考察【アナザーエデン】

アナデン地属性

もくじ• パーティ編成で重要となるキャラクターは「ヒーラー」と「アタッカー」の2種類のキャラクターです。 アタッカーは敵によって、属性相性があるため特に『ヒーラー』が重要となります。 boom-app. ヒーラーとはその名の通り、傷ついた味方を回復するスキルを持った回復役のことを指します。 パーティに1人組み込むだけでも生存率がグッと上がります。 また、中盤以降は必ず必要となる存在です。 序盤は敵の攻撃力がそこまで高くないため、必須というほどでもありません。 ですが、中盤以降になると敵の攻撃力が上がり、全体攻撃も多くなっていくので、回復役はかなり重要になります。 状態回復系のスキルは2種類あり、用途に応じてスキルの付け替えが可能ですし、サポート面も優秀で、スキルにおける全属性耐性の上昇倍率はNo. 1です! 回復・サポート面に秀でたキャラですが、魔法攻撃スキルも持つので、アタッカーとしてもそれなりに活躍します。 パーティ全体をあらゆる属性攻撃から守れる最高峰の防御バフであり、強敵戦で大活躍します。 バフ効果は他のスキルとも重複するため、ボス相手の被ダメージを著しく下げることが可能です。 また、ヴァリアブルチャントにも全属性耐性バフ効果をもっているため、MPが切れても補助の役割を遂行することが可能です。 大威力魔法攻撃も持つマリエルは「シャイニングアロー」で敵単体に魔法攻撃を行うことができます。 知性の高さゆえに威力も非常に高く、十分なダメージソースとして機能します。 さらに星5になることで、威力 大 の無属性魔法攻撃「ホーリーバースト」を習得し、火力が一層増します。 そのため、ヒーラーとしての行動が必要ない場合や、アナザーフォース中にも攻撃に参加でき、隙のない行動が可能です。 評価が悪い点 MP管理には注意が必要です。 マリエルは最大MPが高めであるものの、中盤以降の戦闘ではヒーラーはひたすら回復を繰り返すこととなるため、MPが枯渇してしまいがちです。 マリエルのMPが切れるとパーティが一気に危機に陥るため、MPが切れる前に敵を倒せるだけの火力要員か、控えのヒーラーを用意しておく必要があります。 高い基礎ステータスに加え、 味方への全体回復、状態異常回復が可能など、幅広い戦闘に対応する能力がとても魅力的です。 ヴァリアブルチャントやドルイドで覚える「オーロラフォース」は全属性耐性を上げ、被ダメージを抑えてくれるので彼女がいるだけでパーティの生存率が大きく高まります。 運用方法としては高い回復力を生かし、メインに置いてパーティの回復役として機能させるのがベストかなと思います。 対ボス専用としてサブに置いておき、入れ替えからのヴァリアブルチャント、「オーロラフォース」で防御役としても活躍できます。 いずれにしても最強ヒーラーです。 トゥーヴァの注目すべき点は自傷バフ「デビルディール」! アナザーフォース前に使用すると、敵に大ダメージを与えることができるのが特徴です。 威力「特大」の単体・全体攻撃を習得するので、集団・ボス戦の両方に対応することができるので臨機応変で使っていけます。 ただし、HPが減ってうため、しっかりと回復してあげましょう。 トゥーヴァの評価が悪い点 「ベノム」以外の魔法が全て地属性です。 地属性が弱点の敵に対しては非常に強いですが、地属性耐性を持つ敵の前ではほとんど何もできませんのでサブとチェンジするのが無難でしょう。 敵を攻撃することでHPを回復する「魂の嘆き」、毒を付与する「ベノム」と、単体、全体の差異はありますがシュゼットに近い戦い方が可能です。 サブに置いて配置しておき、チェンジをしてヴァリアブルチャントからのスキル攻撃が非常に強力でもあるので、メインとサブ、交互に配置するなどの使い方も賢い使い方でもあります。 そのため、ボス戦のアタッカーとして非常に優秀です。 また、対象の火属性耐性デバフが可能なため、デバフ後にはさらに火属性攻撃のダメージがアップします。 水属性以外には非常に高い攻撃力を発揮する、トップクラスのアタッカーとしてパーティのメインで活躍可能です。 シオンの評価が悪い点 全体攻撃を持たないため、雑魚の処理などには手間取ります。 また、火属性以外の攻撃方法を持たないため、水属性の相手と戦うときはサブとチェンジしなければなりません。 シオンの総合評価 シオンの最大の魅力はトップクラスの火属性の単体攻撃です。 とにかく切り込み隊長的な存在でボス戦のアタッカーとしてどんどん使っていきましょう。 気を付けるのは属性と単体攻撃しか持ってないので全体攻撃ができるキャラを入れておく櫃余殃があります。 攻撃性能がずば抜けて高く、特に対ボス戦においては威力「特大」の水2回攻撃の火力は超強力です。 アタッカーとして優秀なマイティですが、サポートも起用にこなすことができます。 ナイトメアギフトは威力が非常に高い上に、連撃であるためアナザーフォースゲージでも非常に役立ちます。 またウォーターフォールは道中の雑魚殲滅用として最強クラスのスキルです。 単体相手、全体相手とも最高峰の性能を持つため、水弱点の敵にはもちろん、等倍属性の相手に対しても大火力が発揮できます。 マイティは 「ナイトメアギフト」で敵単体に睡眠を付与できるので、フィアーなどの状態異常が有効なボス戦で活躍します。 睡眠は行動不能になる状態異常で、先制で付与してしまえば味方の攻撃で起きてもそのターンは行動がキャンセルされるため、一方的に相手の行動を止めることが可能です。 そのため、状態異常が有効な敵を想定している場合は、バッジで速度を補っておくのがおすすめです。 息切れしにくいので非常に扱いやすいキャラです! マイティの評価が悪い点 マイティの攻撃スキルは全て水属性であり、無属性の攻撃スキルを習得しないため、 水攻撃の通りにくい敵には火力を出せません。 水属性の敵には地属性が有効なので、トゥーヴァなど地属性アタッカーと同時に編成すれば、水属性の敵に対応させることができます。 マイティの総合評価 睡眠、耐性DOWN、気絶といった豊富な状態異常・デバフに加え、味方全体の耐性を上げるバフが使えるトリッキーな動きをするキャラクターです。 運用法として、 雑魚戦では全体攻撃の「アクアスプレッド」、「ウォーターフォール」で殲滅しつつ、ボス戦ではバッファー兼アタッカーとして活躍させるのがいいでしょう。 ペインは腕力に依存した毒であり、イスカ自身のレベルが上がるにつれて、ペインによる追撃ダメージが増します。 全体・単体攻撃の「特大」ダメージを習得するので汎用性が高いです。 敵に先制して交代を繰り返すだけで、敵全体の物理、魔法攻撃力ともに激減させ、被ダメージを大きく減らすことができます。 敵に安定して先制行動が取れるようになる上、腕力アップで味方全員の物理ダメージを大きく上昇させることができます。 イスカの習得する「無何有郷」は敵全体に特大威力の風属性攻撃を行う、強力な攻撃スキルです。 ヴァリアブルチャントや補助により、ボス戦で活躍できるイスカですが、このスキルのお陰で雑魚戦にも強くなっています。 イスカの評価が悪い点 補助面や全体攻撃は優秀なイスカですが、単体火力はやや低めです。 ボス戦でのダメージソースにはなりにくいキャラであるため、他に火力キャラを編成する必要があります。 イスカのスキルで付与できる新状態異常「ペイン」は物理版の毒ともいえるもので、イスカの腕力に応じた持続ダメージを敵に与えます。 しかしダメージがかなり低く、あくまでオマケ程度なので、火力補助として期待できるものではありません。 イスカの総合評価 やはり、一番の魅力というのは、超強力なヴァリアブルチャントです。 対ボス戦にはもってこいのキャラクターです。 例として、 シュゼットなどが持つ腕力知性バフのヴァリアブルと交代を繰り返すことで、確定で敵全体の火力をダウンさせつつ、味方全体の火力アップを図ることができ、ボス戦で極めて強力な動きとなります。 ぶっ壊れな太もも、声、刀、会長、単体攻撃、全体、バフ、そして最強のVC。 至り尽せりです。 無課金でもやっていける。 運が良かったのかな。 これで異境いける。 攻撃的なパーティだけではやっていけません。 いかに、回復役のキャラを加え、バランス良くクエストに合ったパーティで挑むのが最善であり、勝利につながるでしょう。 進めていく中でわかってくると面白さや奥深さがさらにわかると思いますので、ぜひ、アナデンの攻略の参考にしてください。

次の