企業 無料スタンプ。 LINE無料スタンプおすすめランキング・隠しスタンプまとめ

LINE公式アカウントの無料スタンプに潜む罠・・・【格安スマホ・格安SIMまるわかり】

企業 無料スタンプ

通話機能やメッセージ機能を持ったSNSであるLINEは、2016年4月時点で国内で最も利用者数の多い アプリです。 利用者数も全世界で2億人を超え、幅広い年代で利用されているのが特徴です。 企業から見ても多くの ユーザーに呼びかけることができるLINEは、 マーケティングに役にたつ魅力的な存在と言えるでしょう。 今回は、LINEで行う マーケティングの1つとしてスタンプの活用事例を紹介します。 プロモーションとして配信するだけではなく、 2014年5月からはLINEクリエイターズスタンプを利用して 広告費をかけることなくスタンプを販売することが可能になりました。 企業認知度の向上やファンとの交流のきっかけを探している企業にとって、スタンプの配信を通してプロモーションを行うのも一手です。 「スタンプを作ってみたいけど、どんな風に企画すればいいんだろう」とお悩みの方は必読です。 参考: LINEスタンプの種類 スタンプは他の ユーザーとのメッセージのやり取りで、自分の感情を気軽に表現する方法として利用されています。 基本的にはイラストや擬音で構成され、言葉の代わりとなる表現として機能しています。 このように会話の中で使用されるので、 スタンプは利用する人だけではなくメッセージを受け取る側も見るということを意識しておきましょう。 スタンプには大きくわけて、4種類のパターンがあります。 お金の流れがそれぞれ異なるので、注意してみてみましょう。 デフォルト無料スタンプ LINEが無料で配信しているスタンプです。 デフォルトのものとして、 ユーザーは無料で利用できます。 有料販売スタンプ LINEが作成したものや、ディズニーやサンリオなどのキャラクタービジネスの企業と提携して販売しているスタンプです。 「公式スタンプ」という名称で、1パック20~40個、240円程度程度で販売しています。 参考: プロモーションタイプ プロモーションタイプのスタンプは企業が 広告費を支払うことで、 ユーザーに無料または条件付きで提供しているスタンプです。 ユーザーがスタンプをもらえる条件としては「公式 アカウントと友達になる」「企業のCMを全て見る(LINEマストビュースタンプ)」などを指定することが可能です。 費用としては、例えばダイレクトスタンプと呼ばれる企業から ユーザーに直接スタンプの配信を行う形式の場合、スタンプ8種類で10,000,000円(税別)の費用がかかります。 Googleなどの手数料を除いた売上げのうち、50%が収入となります。 独自のキャラクターを持っている必要がある有料販売スタンプや、 広告費のかかるプロモーションスタンプとは異なり、 費用をかけることなくスタンプを配信できるのが特徴です。 自分でキャラクターを作っているデザイナーや、高額な 広告費を出すことのできない中小企業でも気軽に取り組めるスタンプと言えるでしょう。 こちらの記事でクリエイターズスタンプの作成方法をご紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。 参考: アプリ アプリとは、アプリケーション・ソフトの略で、もとはパソコンの(エクセル・ワード等)作業に必要なソフトウェア全般を指す言葉でした。 スマートフォンの普及により、スマートフォン上に表示されているアイコン(メール・ゲーム・カレンダー等)のことをアプリと呼ぶことが主流になりました。

次の

LINEで企業アカウントからの通知・受信を止める方法 [LINEの使い方] All About

企業 無料スタンプ

8割近くのユーザーが毎日スタンプを利用していることがわかるように、すっかり日常生活の一部となっています。 そんなスタンプを企業広告として利用するメリットにはどんなものがあるのでしょうか。 スタンプをつくるメリット LINEスタンプを企業が配信するメリットとしては ・自社キャラクターの知名度があがる ・ユーザーに最新情報をすぐに届けることができる ・企業側からユーザーに直接コンタクトできる ・ユーザーにアンケートをとることができる などがあげられます。 特に大きいのは企業の公式アカウントの 「友だち」をドーンと増やす効果です。 「友だちが増えると何がいいの?」と思った方は次を読んでください。 「友だち追加」のメリット LINEスタンプには企業公式アカウントと連動できるものがあります。 それを利用することで「友だち」の数を増やすことができるのですが、ユーザーが「友だち」になると、 ・企業から情報を発信できる ・1:1でユーザーとやり取りができる ・自社システムと連携できる といったメリットがあります。 ただ、上のメリットは企業の LINEアカウントの種類にもよるので注意が必要です。 ここからは、スタンプの種類とそれが使えるLINEアカウントについて説明していきます。 LINEスタンプの種類 とはいっても、LINEスタンプはプランがかなり多いので、先に達成したい目的別にオススメの種類を説明しちゃいますね! 1. 公式アカウントの開設費用もかかるため、テレビCMくらいの予算感ですが、一番多くの友だちを獲得できます。 (見つけにくいので、若者からは隠しスタンプとも呼ばれます) その分費用が安く、同様にアカウント費用も安いビジネスコネクトアカウントでも利用できます。 以降は、本格的にスタンプを検討している方向けに全ての種類のスタンプを説明していきます。 LINEは企業向けに多くの種類のスタンプを提供しています。 企業向けに用意されているものは大きく分けて2つ、スポンサードスタンプとダイレクトスタンプになります。 それぞれ費用や機能が異なるので種類ごとに見てみましょう。 スポンサードスタンプ 群 自社スタンプを「スタンプショップ」からユーザーに無料提供できるサービスです。 スタンプショップからの導線があることで、スタンプを探しているユーザーが辿りつきやすく、 高いダウンロード数が見込めます。 公式ストアには4週間掲載され、その期間をすぎるとDLすることができません。 スポンサードスタンプ 群 には以下の4つの種類のスタンプが含まれます。 カテゴリとしてスポンサードスタンプを「スポンサードスタンプ 群 」とし、スタンプの名称としての「スポンサードスタンプ」とは区別しました。 公式アカウントとの 連動型と非連動型の2種類があり、友だち獲得が目的の場合は連動型を。 そうでない場合は、非連動型を使います。 スタンプ目的のユーザーに必ずCMを見せることが出来るというメリットがあります。 スポンサードスタンプより若干お高めですが、会員サイトとの連携や何かアンケート情報が欲しい企業には便利です。 カテゴリとしてダイレクトスタンプを「ダイレクトスタンプ 群 」とし、スタンプの名称としての「ダイレクトスタンプ」とは区別しました。 ダイレクトスタンプ こちらも公式アカウント連動型と非連動型があります。 非連動型は新規ユーザーに発見してもらえる可能性が低いので、あまり使われません。 公式アカウント連動型が一般的です。 ダイレクトミッションスタンプとは スタンダードミッションスタンプと同じく、ユーザーに「ID情報の連携」か「アンケート回答」をしてもらうことを条件に、スタンプを無料提供するサービスです。 スポンサードミッションスタンプとの違いとしては、 スタンプショップへの掲載がない点、また企業のアカウントがAPI型公式アカウントだけでなく、LINEビジネスコネクトアカウントでも可能という点です。 スタンプ配布の告知手段さえあれば、比較的安い費用のわりに高い効果が見込めると思います。 マストバイスタンプ 店頭商品等にシリアルナンバーを添付し、それを購入したユーザーにスタンプを提供するサービスです。 最新資料に掲載はないので費用等は不明です。 LINEPartnerのページには現在も紹介があります クリエイターズスタンプ 個人がスタンプを作成、販売ができるサービスを利用したものなので、企業向けである上記のスタンプとは完全に別物です。 無料でスタンプをつくることができますが、 ・公式アカウントに誘導できず、友だち追加を見込めないため、企業メリットは「自社キャラクターの知名度アップ」のみ ・ユーザーがスタンプを購入する必要があり、よっぽど魅力的なスタンプでないと、ユーザーによる利用が見込めない など、以上をふまえると企業が利用するにはあまりオススメできないスタンプです。 まとめ 「LINEスタンプを作って、とりあえず友だちを増やせば何かできるんじゃないか」とお考えの企業も少なくはないでしょう。 しかし私としては、『LINEを使った取り組みを小さなサイズで試し、成果を確かめる。 そして大きくしていくという段階で、スタンプを検討する』という方法がオススメです! その他、弊社では戦略立案からツールの導入、運用まで、一気通貫のサポートを行っております。

次の

LINEクリエイターズスタンプを企業が活用するメリット&事例を解説|ferret

企業 無料スタンプ

LINEスタンプとは? メッセージのやり取りで言葉では伝えづらい、微妙なニュアンスや感情を表現する時に利用されるものです。 スタンプを使うことで文章だけのやり取りよりも、より多くの情報を伝えることができるため、多くのユーザーが利用しています。 また、企業側もスタンプを配信することで商品やサービスの認知度UPや、スタンプを販売すれば売上から収益を上げることも可能です。 では、実際にどのような種類があるのかPC版で詳しく説明していきます。 アプリをインストールしLINEを開くと、無料で使えるものは赤枠のように表示されます。 line. ユーザーはある一定の条件(友だちに追加する等)を満たすことで、ダウンロードでき一定期間使用することができます。 企業はユーザーに無料でスタンプを配ることで、キャラクターや企業の認知度UPにつながります。 しかし、企業がプロモーションスタンプを配布するには、LINE公式アカウント(初期費用800万円 + 月額250万円)と配信費(2,000万円~)が必要となります。 ただし、LINEによる事前の審査を通過する必要があり、審査を通過しても数多くのクリエイターズスタンプの中から自社のものを選んでもらうには、告知やある程度のクオリティが必要となります。 ユーザー側は、一度購入すると利用期限はなく永続的に利用できます。 企業がクリエイターズスタンプを取り入れるメリット 一番のメリットは、配信にかかる費用を安く抑えることができる点です。 プロモーションスタンプを作成する費用は、すべて含めると安くても約3,000万円ほど必要となります。 しかしクリエイターズスタンプの場合は、登録・事前審査や販売に費用は発生しません。 あえて言えば、作成する際のデザイン費などでしょうか。 また、スタンプを配信しユーザーに利用してもらうことで自社キャラクターや企業の認知度UPにつながります。 企業がクリエイターズスタンプを使うときの注意点 先ほど話したとおり、クリエイターズスタンプは1日数十個以上も追加されています。 一企業が数多くあるスタンプのなかから自社のものを選んでもらうためには、ユーザーが欲しいと思うようなクオリティと告知が必要となります。 また、クリエイターズスタンプを作成し配信するには、事前にLINEの審査を通過する必要もあります。 細かい規定があるので、特に注意すべき点をいくつかご紹介します。 参考: 公式アカウントとの違い クリエイターズスタンプと公式アカウントのスタンプとの違いを説明します。 どのような種類があり費用がどれくらいかかるのか説明します。 【スポンサードスタンプ】 企業のイメージキャラクターなどをスタンプ化し、無料提供するものとなります。 キャラクターや企業を知るきっかけとなったり、ユーザーに好感度や親近感をもってもらうことが可能です。 費用 :3,500万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【スポンサードミッションスタンプ】 スタンプの無料提供と引き換えに、ユーザーにアンケートの回答や会員登録をしてもらうこ とができます。 費用 :4,000万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【スポンサードターゲティングスタンプ】 男性女性のどちらかにターゲットを絞り、無料スタンプを提供することができます。 費用 :2,000万円~ DL期間 :4週間 利用期間 :DLから180日間 【ダイレクトスタンプ】 LINE社で提供しているオリジナルスタンプをユーザーに無料提供することができます。 費用 :1,000万円~ DL期間 :12週間 利用期間 :DLから180日間 【ダイレクトミッションスタンプ】 LINE社で提供しているオリジナルスタンプの無料提供と引き換えに、ユーザーにアンケートの回答や会員登録をしてもらうこととができます。 極端なことを言うと、自分でキャラクターを作成してしまえばかかる費用はゼロです。 中小企業にとっても配信のハードルはかなり低いといえます。 しかし、数多く存在するものの中から自社のものを選んでもらうためには、それなりのクオリティが必須といえるでしょう。 クリエイターズスタンプで配信している企業(一例) 実際にクリエイターズスタンプを配信している企業の事例をご紹介します。 各企業がどのようなスタンプを配信しているかご覧下さい。 LINEを起点とした、メガネスーパーの公式キャラクターであるフクタンのキャラクターイメージが浸透し、店頭での販促活動との相乗効果で売上が増加したと報告されています。 登場するキャラクターには、それぞれ名前や性格などの設定があり親しみを持たれるように作られています。 実際に販売するまでの流れ 実際にクリエイターズスタンプを販売するには、LINE Creators Marketに登録する必要があります。 どのような流れで登録し販売するか説明していきます。 その時の状況にもよりますが、審査には約7日間ほどかかります。 現在世界での登録者数は230ヵ国150万人となっており、130万以上のスタンプが販売されています。 ちなみに、上位10名のクリエイターズスタンプでの売上平均は6億4,100万円と報告されています。 クリエイターズスタンプを検討している人、こちらの「マイページ」からクリエイター登録が可能ですので、ぜひ挑戦してみてください。 まとめ 企業がLINEスタンプを配信する方法は大きく2通りの方法があります。 1つは公式アカウントを開設して配信する方法。 そして、もう一つはクリエイターズスタンプを利用する方法です。 中小企業や個人が、公式アカウントを開設して配信するにはかなりハードルが高いですが、クリエイターズスタンプであれば気軽に配信することができます。 そして、上手く利用すればユーザーから企業やキャラクターに親近感を持ってもらえ、最終的にはそれが集客や売上に繋がります。 また、多くの人に購入してもらえれば、それだけでもかなりの収益を上げることができます。 ぜひ、この機会に自社での配信を検討してみてはいかがでしょうか。

次の