ケシュア タープ。 ケシュアのテントとタープが欲しい!口コミ参考に選べるおすすめ製品|YAMA HACK

ケシュアのテントとタープが欲しい!口コミ参考に選べるおすすめ製品|YAMA HACK

ケシュア タープ

ケシュアはフランスのアウトドアメーカーで、ポップアップテントが支流の世界37ヶ国で販売されています。 フランスのメーカーだからこそ、見た目がおしゃれ。 白と黒を基調としたテントで、シンプルな見た目でとても雰囲気がいいテント。 値段が安く手軽に購入でき、ポップアップ式なので簡単に設営ができるのがメリット。 5分あったら設営や撤収ができるのでとても楽で、ポールを立ち上げたり折りたたむことは一切ありません。 パッと設営ができて、サッと撤収できるのがメリット。 ケシュア本体は、黒いチャック式のカバーに入っています。 チャックを開けて取り出すとケシュア本体が現れ、黄色いベルトで固定がされています。 黄色のベルト、オレンジ色と黄色のバックルを外したらケシュアが自動的に広がるので、全く力がいりません。 ベルトやバックルを外したら、ケシュアが自動的に広がり、広げるのにコツや手間は一切なし。 ペグ打ちは必ず必要で、4ヶ所はペグダウンして下さい。 ケシュアはペグ打ちをしなければ地面から浮いてくるので、ペグ打ちは必ず必要です。 ペグ打ちは、4ヶ所だけでOK!設営は、5分もあれば可能。 テントを締め切ると、日光が遮断されて驚くくらい中は真っ暗。 日光が遮断されていて、思っている以上に暗いので朝寝坊する可能性もあります。 インナーテントの上半分はメッシュになっています。 メッシュ部分が細かすぎて、テントの中に風があまり入ってこないので、真夏の使用はかなり暑いと思います。 ケシュアの中、底の部分もレジャーシートのような生地なので、傷まないようにインナーマットはしっかりしたものを使わなければいけません。 我が家は、分厚い銀マットを2枚使用。 分厚い銀マットを2枚敷くと、床からの冷気を遮断しクッション性を高めます。

次の

Quechua(ケシュア) レクタタープ 2363223

ケシュア タープ

ケシュアはフランスのアウトドアメーカーで、ポップアップテントが支流の世界37ヶ国で販売されています。 フランスのメーカーだからこそ、見た目がおしゃれ。 白と黒を基調としたテントで、シンプルな見た目でとても雰囲気がいいテント。 値段が安く手軽に購入でき、ポップアップ式なので簡単に設営ができるのがメリット。 5分あったら設営や撤収ができるのでとても楽で、ポールを立ち上げたり折りたたむことは一切ありません。 パッと設営ができて、サッと撤収できるのがメリット。 ケシュア本体は、黒いチャック式のカバーに入っています。 チャックを開けて取り出すとケシュア本体が現れ、黄色いベルトで固定がされています。 黄色のベルト、オレンジ色と黄色のバックルを外したらケシュアが自動的に広がるので、全く力がいりません。 ベルトやバックルを外したら、ケシュアが自動的に広がり、広げるのにコツや手間は一切なし。 ペグ打ちは必ず必要で、4ヶ所はペグダウンして下さい。 ケシュアはペグ打ちをしなければ地面から浮いてくるので、ペグ打ちは必ず必要です。 ペグ打ちは、4ヶ所だけでOK!設営は、5分もあれば可能。 テントを締め切ると、日光が遮断されて驚くくらい中は真っ暗。 日光が遮断されていて、思っている以上に暗いので朝寝坊する可能性もあります。 インナーテントの上半分はメッシュになっています。 メッシュ部分が細かすぎて、テントの中に風があまり入ってこないので、真夏の使用はかなり暑いと思います。 ケシュアの中、底の部分もレジャーシートのような生地なので、傷まないようにインナーマットはしっかりしたものを使わなければいけません。 我が家は、分厚い銀マットを2枚使用。 分厚い銀マットを2枚敷くと、床からの冷気を遮断しクッション性を高めます。

次の

キャンプ

ケシュア タープ

アウトドアやキャンプで、日差しや雨を防いでくれる簡易テント「ヘキサタープ」。 張り方のアレンジがしやすく設営も簡単なため、ファミリーキャンプなどでも使われる人気のアイテムです。 コールマン・スノーピーク・ロゴス・キャプテンスタッグなどさまざまなメーカーから多種多様な商品が続々登場していますが、どこをポイントに選べばよいかご存知ですか? 今回は、そんな ヘキサタープの選び方のポイントと、通販で人気の商品をランキング形式でご紹介します。 大型・中型・小型に分けて、テントと連結できる便利なモデルや手ごろで導入しやすいものまで登場。 記事後半ではおすすめのヘキサタープアレンジもご紹介しますので、ぜひ商品選びと合わせて参考にしてくださいね。 タープに記載されている「耐水圧」は、雨が降った際にタープの生地がどれだけの水圧に耐えられるかを表した指標のこと。 数値が高いほど、強い雨にも耐えられることを表します。 耐水圧は1000~3000mmのものまでありますが、あえて高すぎない1000~1500mmくらいを目安に選んでください。 耐水圧が高くなるほど通気性も悪くなるので、夏場にはタープ内が蒸し暑くなります。 また価格も高くなってしまいますから、ただ数値が大きければいいというものではありません。 予算や利用シーンを考え、バランスに適した耐水圧を選ぶことが大切です。 シームテープ加工や撥水加工が施されているとより防水効果がアップしますので、防水加工の有無も併せて確認しておきましょう。 ヘキサタープには、日差しを避ける目的もあります。 特に夏場のキャンプでは遮光性が重要ですから、しっかり遮光できるものを選んでください。 タープの生地の色が濃いものほど日光を吸収するので、日除けとしては最適です。 また生地が厚いほうが遮光できるので、生地の厚みにも注目しておきましょう。 目安となるのは、糸の太さを表すデニール(D)と、繊維の密集度合いを示すタフタ(T)なので、この表記を確認して薄すぎないものを選んでください。 両者は同じ単位ではないので比較はできないのですが、70Dと190Tがほぼ同等の厚さと言えます。 UVカット加工されているものなら日焼け対策も可能なので、このあたりも確認して選べるといいですね。 73kg 約2. 6kg 2. 2kg 0. 87kg(収納時) 1. 5kg 3kg 0. 2kg 約7. 6kg 約5. 4kg 約4. 6kg 3. 71g 約4. 3kg 3. 5kg 約2. 8kg 約4. 4kg 3. 1kg 2. 83kg 4. 686kg(本体) 5. ヘキサタープを設営する前に、地面にデコボコがないか・太陽の向き・風の向きなどをチェックしましょう。 そして最初は緩く、後からきつく締めていくのが基本です。 また対角線上を順に締めるようにすると、シワにならずにキレイに張ることができます。 慣れてきたら、テントと連結させる「小川張り」でアレンジを楽しむのもおすすめ。 これならキャンプサイトの有効活用ができますし、雨が降っても濡れずにテントと外を行き来できます。 2つのテントをヘキサタープでつないで屋根にするのも、見た目も使い勝手も良くおすすめですよ。

次の