ノワール意味。 ノワール文学とは 【ノワール文学の定義】

「黒い森のさくらんぼケーキ」フォレノワールの意味と定義|甘色の研究

ノワール意味

起源と定義 [ ] Film noirはで「 暗い」を意味する。 なお、 noirとはフランス語で"い"(でいえばBlack という意味のである) 、の・のが、で中に製作された『』『』などの犯罪映画の一群を指して、この呼称を与えた のが起源と言われる。 以後フランスの映画評論界における用語として定着し、後にはアメリカにも用語・定義として逆輸入された。 であるため、一部にはフランス製を指してフィルム・ノワールと表現する例がみられる(後述参照のこと)が、本来は上記のような経緯からで製作された犯罪映画を指し、製作の『』(監督:、主演:)をそのはしりとする。 一部にはそれに先立つ製作の『三階の他人』 (監督:ボリス・イングスター)を最初のフィルム・ノワールと定義する評論家もある。 一般的な定義では、1941年製作の『マルタの鷹』から、製作の『』(監督:、主演:)に至る時期の作品群を指すものとされている。 1947年のヴィクター・マチュア主演『死の接吻』なども例としてあげられる。 もっとも更に遡る公開(製作は)の『』(監督:、主演:)を、その当時のギャング映画としては突出した(倫理コードの極限の )凶暴性と破滅・退廃性から、フィルム・ノワールの源流と考える見方もある。 なお、このジャンルの期間や含まれる作品は確固たるものではなく、上記のごとく評論家個々によって相当に異なる。 フィルム・ノワールの特徴 [ ] 『』(1947年)はフィルム・ノワールの代表的な特徴が数多く表現されている。 皮肉屋の私立探偵の主人公、ファム・ファタール、ナレーションとともに使われる、が強調された画面、挑発的な冗談で変化づけられる諦観したムード。 画面はと。 犯罪に題材を得ていれば総てフィルム・ノワールと呼ぶわけではない。 やらが主演したのギャング映画一般は、フィルム・ノワールとは呼ばれない。 フィルム・ノワールとされる映画には、にも通じる、影やコントラストを多用した色調やセットで撮影され、行き場のない閉塞感が作品全体を覆っている。 夜間のロケーション撮影が多いのも特徴といえる。 その全盛期における多くの作品はコストの制約もあってモノクロームで制作され、カラーの事例は少ない。 多くのフィルム・ノワールには、男を堕落させる「」(運命の女、危険な女)が登場する。 また、登場人物の主な種別として、、、、富裕層の市民、、、無法者などがあげられる。 フィルム・ノワール以前の映画と大きく異なる点は、これらの登場人物が、職業倫理、もしくは人格面で、堕落または破綻を来しており(もしくはそれを悪化させて行く)、一筋縄ではいかないキャラクターとして描かれている点である。 彼らは、シニカルなや、閉塞感、悲観的なに支配されている。 登場人物相互間での裏切りや、無慈悲な仕打ち、支配欲などが描かれ、それに伴う殺人、主人公の破滅が、しばしば映画のストーリーの核となる。 ストーリーの展開としては、完全に直線的な時系列で物語が語られることはまれであり、モノローグや回想などを使用して、物語が進行することが多い。 モノローグと回想で進行する『深夜の告白』はその典型と言え、時系列錯綜を徹底させた例では『』などがあげられる。 低予算のとして製作された作品が多く、予算や撮影日数、上映時間(B級作品は70分~80分の短尺作品が多かった)の制約は厳しかった。 コストダウンのために既存セットの流用やロケーション撮影が多用された。 主役にはしばしば二流もしくは無名俳優が起用されることもあった。 映画会社と契約した専属シナリオライターたちは、限られた時間内で新味のあるB級映画向けシナリオの量産を強いられ、ストーリーの大胆な省略や風変わりな設定がよく用いられた(コメディやメロドラマに比しても、フィルム・ノワールではその傾向が顕著である)。 当時の映画技術的進歩として、コーティングされた明るい、小型化され同時録音が可能になったシネカメラ、照明機材の小型化などがある。 第二次世界大戦直前から戦時中にかけ、軍事・報道記録用のシネカメラが機能的に発達した影響であるが、これはスタジオを飛び出してのロケ撮影や夜間撮影を容易とし、撮影コストの抑制とリアリズムの追求に資することになった。 フレンチ・フィルム・ノワールなど [ ] 一方で、やなどの作品を含むフランス製ギャング映画を、 フレンチ・フィルム・ノワール(フランス製フィルム・ノワール)と呼んで分類する場合がある。 監督の『』(1954年)および監督の『男の争い』(1955年)をそのはしりとし、このジャンルの映画の系譜はおおむね1970年代まで盛んに続いた。 根元的には、第二次世界大戦後にフランスで興隆してきた「」(暗黒小説)と呼ばれるギャング物の犯罪小説を起源としており(前述2作も、と、オーギュスト・ル・ブルトンの、それぞれ共に1953年発表の小説を映画化したものである)、更にそのセリ・ノワールもまた、戦後流入したアメリカの小説とフィルム・ノワールの影響を多かれ少なかれ受けていた。 アメリカン・フィルム・ノワールとの最も大きな違いは、「男同士の友情と裏切り」を多く主題としている点である。 フレンチ・フィルム・ノワールには、アメリカン・フィルムノワールにおける「ファム・ファタール」としての強いキャラクターを備えた「悪女」はあまり登場せず、場合によっては女性が一人も登場しない作品もある。 従ってアメリカン・フィルム・ノワールのようなニューロティックな傾向は希薄であり、むしろ情念の濃厚なギャング映画という性格が強い(ジャン・ピエール・メルヴィルの作品の一部のような例外もある)。 このような性質上、フレンチ・フィルム・ノワール作品の多くは、暗黒街におけるギャングと警察、もしくはギャング同士の対立を軸に構成されている。 1980年代以降、などが監督・製作した製犯罪映画は、アクションではハリウッド製アクション映画との親和性があるが、ギャング映画としての基本的傾向は「フレンチ・フィルム・ノワール」に近い。 フィルム・ノワールの代表的作品 [ ] 狭義の「フィルム・ノワールの代表例」とされる事の多い作品を、そのモチーフと共に挙げるが、主演の多くははっきりとした 悪女 役であり、そうでない場合でも、結果的に主人公の男を破滅させる原因を作ることの多い役柄である。 また以下の作品に関係する多くの監督・俳優は、フィルム・ノワール的な作品・役柄を得意としている。 『』 1942 監督:、主演:、 裏切りによって追い詰められた殺し屋の孤独な復讐と破滅。 『』 Double Indemnity 1944 監督:、主演:、 欲望に囚われたの男女による保険金目的の完全犯罪とその破綻。 『』 Laura 1944 監督:、主演:、 虚栄に満ちた文化人たち同士の歪んだ愛憎関係。 『』 1944 監督:、主演:、 悪女に誘惑された、凡庸な常識人の破滅。 『』 Gilda 1946 監督:、主演:、 犯罪組織の内紛、悪女との愛憎。 『』 The Postman Always Rings Twice 1946 監督:、主演:、 欲望に憑かれたアウトロー・カップルの破滅。 『』 1946 監督:、主演:、 悪女の裏切りによるボクサーの転落・破滅。 『』 The Big Sleep 1946 監督:、主演:、 原作はの。 虚実入り乱れる錯綜した状況の中での真相追求(その混乱は最終的に収拾されない)。 『』 1947 監督:、主演:、 悪女の裏切りによる私立探偵の破滅。 『』 1948 監督兼主演:、主演: 謎めいた女に翻弄され、殺人の冤罪に問われる主人公。 最終的なカタストロフの到来。 『』 White Heat 1949 監督:、主演:、 精神に異常を来した凶悪ギャングの暴走的破滅と、その妻である悪女の裏切り。 『』 The Third Man 1949 監督:、主演:、 『』 1949 監督:、主演:、 若く純粋な若者達がアウトローに堕し、破滅。 『』 1950 監督:、主演: 『』 The Killing 1956 監督:、主演:スターリング・ヘイドン いずれも大筋は、集団による周到な犯罪計画と、僅かな齟齬の連鎖が招くその破綻。 前者はこの種の「ケイパードラマ」と言われるジャンルの祖型であり、後者はそのの中でも時制の錯綜を巧みに用いて突出した傑作である。 『』 The Night of the Hunter 1955 監督:、主演: 異常性格者の伝道師が引き起こす偏執的凶悪行為。 『』 1955 監督:、主演: 錯綜した状況下での、暴力の応酬による真相追求と、それらのあらゆる暴力をも超越する「圧倒的な力」がもたらす破滅。 『』 Vertigo 1958 監督:、主演:、 謎めいた女に翻弄される主人公。 追いつめられて行く両者の心理と、最終的な破滅の到来。 「広義」のフィルム・ノワール [ ] フィルム・ノワール最盛期は同時にハリウッドの全盛時代であり、が崩壊した1950年代以降のハリウッドがB級プログラム・ピクチャーを量産しうるだけの勢いを失ったことは、フィルム・ノワール製作の拠り所をも失うことを意味した。 以後も往年のフィルム・ノワールの影響を強く受けた犯罪映画・異常心理映画は多く作られているが、時代に応じて1960年代以降の映像はカラーフィルムが標準となっている。 またかつてのフィルム・ノワールでは、台詞や態度に婉曲な性的隠喩を込めたり、暴力シーン直接描写の省略による凶行の暗示などで、厳しい倫理コードを回避しながら観客に対する間接的な事象の示唆を図っていたが、1960年代以降の倫理コードの緩和によって、直截的な・暴虐描写や、であった卑語の多用が行われるようになり、その趣は大いに変化した。 1946年製作の『三つ数えろ』と、その1978年のリメイク版である『大いなる眠り』を(完成度の優劣は度外視して)表面的に比較するだけでも、時代の変化は容易に理解し得る。 1960年代以降の映画では、『』のように別ジャンル作品でありながらフィルム・ノワールタイプのモチーフを備えた作品が現れ、また『』 1974年。 舞台設定は1937年 、『』 1997年。 舞台設定は1950年代 のように、第二次大戦前後のフィルム・ノワール全盛時代を舞台としてフィルム・ノワール型のストーリーを展開しながら、現代的な解釈を加えたA級相当の映画として製作される事例も見られる。 更に、フィルム・ノワールと半ば不可分である「モノクローム」のイメージから、カラー製作、製作が当たり前になった現代においても、あえてモノクロフイルムで製作される事例があり、カラーの場合でも、色彩効果を暗めに調整したり、闇や夜間のシーンを多用することで暗い画面を演出する事が多い。 『』 Lolita 1962 監督:、主演:) ロリータは、おそらく最年少のファム・ファタールと言える存在であろう。 『』 Blade Runner 1982 監督:、主演:) 未来世界を舞台とした斬新なSF映画としてカルトな評価を得ている作品であるが、単なるSFではなく、フィルム・ノワールの要素も併せ持つことが、しばしば評論家の間で指摘されている。 『』 The Good German 2006 監督:、主演:、) 終戦直後のベルリンを舞台にした、上記と同様の手法で作られた現代版フィルム・ノワール。 モノクロフィルムで製作。 日本のフィルム・ノワール [ ] 日本映画でフィルム・ノワール的な作品を手がけた映画監督としては、、、、 、、、、、、らが挙げられる。 『』(1964) 監督:石井輝男、主演: 仕事で訪れたで謀略にはめられた殺し屋の攻防を描く。 『』(1967) 監督:、主演: 殺し屋組織に属する主人公を描いたカルト的作品。 『』(1967) 監督:、主演: 周到な計画と正確無比なテクニックで依頼を成功させる殺し屋を描いた作品。 『』(2016) 監督:、主演: 関連項目 [ ]• 註 [ ]• ただし、暗いモチーフを用いたフランス映画について末期に Film noir とフランスで呼んだ事例はあるが、単発的なものであり、戦後に至って、アメリカ映画の傾向について定義する用語として定着した。 いわゆると呼ばれるものの実施は1934年からである。 『深夜の告白』『ローラ殺人事件』など、このジャンルで名作とされる作品でも、警察の遺体が適切に為されていれば成立し得ないようなストーリーが展開されている。 それらは当時の水準でも異常事態であることが十分に判定可能な事象であり、ご都合主義的な杜撰さは免れない。 しかしそれは反面で、これらの作品がミステリーとしての完全性よりも、登場人物の心理や行動から来るサスペンス性に重点を置いて作られていたことを示しているとも言える。

次の

「黒い森のさくらんぼケーキ」フォレノワールの意味と定義|甘色の研究

ノワール意味

ノワールとは? フランス語で「 Noir」。 「ヌワール」、「ノアール」とも言う。 ブラック。 ノワール Noir とは、 フランス語で「黒」という意味です。 英語では、「black」や「dark」になりますね。 ちなみに 対義語の「白」は、フランス語で「blanc ブラン 」と言います。 ノワールは、 映画や小説などで犯罪者や闇社会・裏社会を題材にした暗い作風にも用いられます。 特に、映画の場合は「 フィルム・ノワール」、小説の場合は「 暗黒小説」と呼びます。 日本語でも、正しいか正しくないかを決めるときに「 白黒つける」と言ったり、「あいつが犯人だ」を「あいつが 黒だ」と言ったりしますよね。 外国においても、 黒にはそんな闇のイメージがあるのです。 フランス語では、ブラックチョコレートは「 ショコラノワール」とも呼ばれます。 また、 カカオマス70~90%未満の砂糖が少ないチョコレートのことを指す場合もあります。 「 ノワール」という名前の通り、 黒に近い濃い色でほとんど甘みがなく、苦味が際立つのが特徴のチョコレートです。 ちなみに、ビターチョコレート、ダークチョコレート、スイートチョコレート、プレーンチョコレートも同じ意味です。

次の

ノワールの意味とは

ノワール意味

自分の手には拳銃。 自分は女性刑事を殺害したのか、それとも誰かにハメられたのか。 記憶を取り戻すことができない刑事Y。 そのため、自分と自分の周りに居た人たちが事件の容疑者になってしまう。 同僚たちからは女性刑事を殺害したのではないかと疑われている中、亡くなった女性刑事の息子・碓氷克喜(田野井健)とバディとなり事件について調査していくことに。 すると未解決事件「十億円強奪事件」との関りが見えてくる…。 2019年10月13日(日)からスタートする「ニッポンノワール」は、2019年1月-3月期に同枠で放送されていたドラマ 「3年A組」の半年後を描いた作品となっています。 「3年A組」に登場した3人が、 同名同役で「ニッポンノワール」に出演するのです!! 細田善彦さん演じる宮城遼一。 宮城遼一は「魁皇高校立てもり事件」の捜査に加わっていた 若手刑事で、事件の功績が認められ今作では捜査1課へと配置されたルーキーという役で出演することとなります。 篠井英介さん演じる本城諭。 本城諭は「魁皇高校立てもり事件」では特殊部隊の指揮を執る キャリア幹部でした。 今作でもキャリア幹部は変わらず、また「3年A組」では見せなかった父親としての顔を見せるとのこと。 栄信さん演じる喜志正臣。 喜志正臣は半グレ集団・ベルムズのリーダーでした。 今作では ベルムズを抜けた後が描かれるとのこと。 なんでも事件の捜査解決に渋々協力するそうですが…。 「3年A組」を見ていた人はもちろん、見ていない人でも楽しめるドラマになっているはず!! ですがもちろん「3年A組」を見ていた方がドラマは楽しめると思います。 現在「hulu」にて全話公開中なので見ておくといいかも! ニッポンノワールのタイトルの意味や由来は? 賀来賢人さん主演の新ドラマ「ニッポンノワール」。 ここではドラマのタイトルの意味や由来についてみていきたいと思います。 「ニッポン」はもちろん日本のこと。 「ノワール」は「黒」そして「闇」という意味があります。 「ニッポンノワール」を直訳すると、 「日本の闇」となります。 「3年A組」を見ていた人は分かると思いますが、こちらのドラマも言うなれば「日本の闇」を描いた作品であったと言えるでしょう。 SNSの怖さを世に知らしめるドラマとなりました。 その「3年A組」の半年後を描いた作品ということなので、「3年A組」とはまた違った「日本の闇」を描く作品ということで、「ニッポンノワール」というタイトルのドラマになったのではないでしょうか。 韓国ノワールとの関係は? 韓国には 「アジョシ」 「殺人の追憶」 「チェイサー」 「親切なクムジャさん」 という 4つの韓国ノワール作品があります。 韓国の闇を描いた 少々えぐく残酷なドラマです。 「ニッポンノワール」は 原作のないオリジナルドラマであるため、 韓国ノワールとは直接関係はないと言えるでしょう。 しかし脚本を書くにあたって、参考にしたところはあったのではないでしょうか。 韓国を参考にするなら、えぐぐそして残酷なシーンもあるのかも…。 どのようなドラマになるのか、「ニッポンノワール」の放送を楽しみにしていましょう!!.

次の