こんな 夜更け に バナナ かよ モデル。 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』公式サイト

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のレビュー・感想・評価

こんな 夜更け に バナナ かよ モデル

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』あらすじ 北海道札幌市。 鹿野靖明(大泉洋)は幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、34歳になる今では体で動かせるのが首と手だけ。 24時間365日だれかの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って病院を飛び出し、市内のケア付き住宅で自ら集めた大勢のボラ(ボランティアの略称)に囲まれ、自立生活を送っている。 わがままで、ずうずうしくて、ほれっぽくて、よくしゃべって…!夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出したりする自由すぎる男・鹿野を介助するボラは、彼と付き合いの長いベテランから、新人の大学生まで人さまざま。 その一人、医大生の田中(三浦春馬)はいつも鹿野に振り回される日々。 ある日たまたま鹿野宅を訪れた田中の恋人・美咲(高畑充希)まで新人ボラに勘違いされてしまう。 おまけに鹿野は美咲に一目惚れしてしまい、田中は彼の代わりに愛の告白まで頼まれる始末…!最初は戸惑う美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。 ところが鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。 鹿野靖明 —大泉洋 最近映画館で『グリンチ』をDVDで『恋は雨上がりのように』を見たばかりで謎の大泉洋ずくしです。 難病という難しい役どころでしたが、役作りのためガリガリに痩せてらっしゃって、役者魂を感じた。 鹿野さんの憎まれ口を叩くけど憎めないところとか、大泉さんのイメージにぴったりですんなり物語に入り込めました。 安堂美咲 — 高畑充希 彼氏の付き添いで鹿野のボランティアにやってきた美咲ちゃん役。 鹿野に惚れられてしまいます。 高畑充希ちゃん好きなので楽しみに見にいきましたが安定に可愛かった。 最初に鹿野さんに出会った時から美咲ちゃんの感情が変化していく様子を自然に演じれていてさすが充希ちゃんだと思いました。 田中久 — 三浦春馬 医大生で美咲の彼氏の田中くん役。 久々に三浦春馬くんの作品見たけどやっぱりイケメンですね。 背も高いし顔も小さいし完璧。 終盤で悔し泣きするシーンがあるんだけど、演技うますぎました。 泉芳恵 — 韓英恵 看護師さん役。 淡々と業務をこなしててちょっとツボでした。 韓英恵さんは『誰も知らない』や『悪人』の人と言った方が分かるのかもしれないですけど、個人的に『疾走』のイメージが強い。 スポンサードサーチ 『こんな夜更けにバナナかよ』感想・考察 難病を題材にした実話と聞くと涙無しでは見られないだろう、と構えてしまいがちですが、悲しくなるような作品ではなく温かい気持ちになれるような素敵な映画でした。 筋ジストロフィーとは? 大泉洋演じる鹿野靖明の病気『筋ジストロフィー』についてですが 筋ジストロフィーとは、筋線維の破壊・変性(筋壊死)と再生を繰り返しながら、次第に筋萎縮と筋力低下が進行していく遺伝性筋疾患の総称である。 発症年齢や遺伝形式、臨床的経過等から様々な病型に分類される。 (ウィキペディア引用) という病気です。 全身の筋肉が弱っていく病気で映画の中の鹿野さんもボランティアの介護がないと生活がおくれません。 映画の序盤の鹿野さんの状態は車椅子生活で寝返りも1人でうてない状態でした。 難病を患っているのに明るく強く生きる 筋ジストロフィーという難病を患っているのに明るく、強く生きる鹿野靖明。 この姿には勇気をもらいました。 難病を取り扱った作品を見るといつも思ってしまいますが「自分も頑張ろう」という活力が湧く。 何の変哲も無い感想で申し訳ないですが、そんな気持ちになれる作品でした。 しかしこの映画が普通の難病を扱った作品と違うのが主人公が明るすぎること。 自らでボランティアを募集して自立生活を送っています。 しかも わがままで図々しくよく喋る!!!! あまりのワガママさに高畑充希演じる安堂美咲も 「鹿野さんは何様?障害者ってそんなに偉いの?」とキレるほどです。 そんなワガママな鹿野が主人公だからこそ、重い気持ちにならずに映画を見ることができたし笑顔になれるシーンもたくさんありました。 まとめ 笑って泣ける映画でした。 まさに笑いあり涙ありの映画です。 鹿野さんはワガママで自由ですが、信念があってまっすぐに生きる姿は尊敬できました。 だからこそはじめは鹿野さんに反発していた美咲ちゃんも次第に彼に懐いていったんだと思います。 難病でありながら明るくワガママに生きる鹿野によって、彼の周りの人間も、観客も笑ったり泣いたり振り回されっぱなしの2時間でした。 年末年始に映画館に行く方にはぜひオススメしたいです。

次の

渋谷のロックスターの映画鑑賞日記: こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

こんな 夜更け に バナナ かよ モデル

2018年に見なかったやつ、amazonプライムで。 大泉洋は筋ジストロフィの患者、大勢のボランティアにわがまま三昧の生活をしている。 そこでボランティアをやっている医者の卵の三浦春馬の彼女が高畑充希。 たまたまボランティアの現場を訪ねた高畑は流れで大泉の介護を手伝うことになったんだが、大泉のわがままにキレて怒鳴り散らしたのをきっかけになんだかんだあって大泉と打ち解けて、しのごのあって・・・・という話し。 冒頭からわがまま三昧の大泉にちょっとイラっとしたんだけど、そこには理由があってどうのこうの・・・・。 これは実話でモデルとなった鹿野さんは42歳で亡くなっているらしい。 タイトルは夜中の2時に大泉が「バナナが食べたい」と言い出して高畑が走り回ったエピソードに由来している。 高畑充希ね・・・他の映画で見た記憶がないから調べてみたんだけど、ホリプロ&ワーナーなんだね。 ふむ・・・ トレーラー• 207• 383• 327• 102•

次の

映画「こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

こんな 夜更け に バナナ かよ モデル

本当に涙あり、笑いあり。 鹿野さんの人柄が、想いが痛いほどに伝わる映画だった。 人の持つ本当のわがままというのは、人の心に響き、人を変えていく。 負けちゃいけない。 そう心に響く映画。 大泉さんの演技がすごかった。 単純に、ストレートに生きることは簡単じゃないけれど、そこに本当の愛情があれば伝わるし、人生は楽しくなる。 そして人生も楽しくできる。 とことんむかつくけど、とことん支えたくなる。 鹿野さんの親への愛情も、子を持つ親として胸に刺さった。 鹿野さんの豪快さも心遣いも、愛情も、ストレートだからこそ、人の心に生きる。 明日から、自分の何か一つ変えてみよう、そう思える映画。 もっともっと、自分の人生を全うしたいと思った。 ボランティアの方々の暖かさは鹿野さんの生きた証。 子供から大人まで、心に伝わる映画。 ボランティアの方々それぞれの気持ちに共感できた。 鹿野さんはその皆さんの気持ちにしっかり愛情をもって寄り添っていたことにとても尊敬した。 ポップなタイトルに興味をひかれながらあらすじを読みました。 難病を抱える男性の話と、タイトルのギャップに違和感を覚えながら拝見するとそこには普段見聞きする障害者の姿はなく、まさに一人の男性の生き様がありました。 できないことに対し開き直りではなく、見つめながらできることを模索しやりたい事を楽しみながら人生を謳歌する。 これはまさに普通の暮らしであり、そこに不謹慎かもしれないが筋ジストロフィーというかなりスパイスの効いた個性がついただけの事のように感じました。 そう感じさせるのは鹿野さんの人間力に他ならないのではないかと思います。 また、主人公を演じる大泉洋さんはもちろん、キャストの皆様の自然体は、すぐそこにある問題を提起するに充分で、映画を見終えた後に自分の身の回りや、社会を見つめ直す機会を与えてくれました。 もし鹿野さんがご存命でしたら、きっと障害を取り巻く社会に革命を起こしていると思います。 いや、もう革命は起きているかもしれません。 鹿野さんに乾杯!.

次の