保育園 自粛。 登園したら「ひどい親」? 自粛か生活か、板挟みの怒り:朝日新聞デジタル

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための保育園等への登園自粛のお願いについて(保護者の皆様へ)

保育園 自粛

更新日:2020年4月8日 緊急事態宣言の発令に伴う保育園の登園自粛のお願い 在園児の保護者の皆様へ 国は、令和2年4月7日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令し、国民に対し可能な限りの外出の自粛を求めています。 また、東京都は緊急事態宣言を受け、都内全域を対象に外出の自粛を要請するとともに、4月11日から施設の制限を要請するとしています。 保育園はご家庭の状況により家にひとりでいることが難しい未就学児のお子さんをお預かりする施設として、感染の予防に留意したうえで開所いたしますが、昨日、緊急事態宣言が発令され、保育園といたしましても、さらなる感染の拡大防止に取り組んでいく必要があります。 緊急事態宣言の発令、都内における感染拡大の状況など、新型コロナウイルス感染症の脅威からお子様をはじめ、ご家族の生命や健康、安全安心な生活を守るため、是非とも、保育園への登園の自粛に更なるご理解とご協力をお願いします。 登園自粛期間 令和2年4月9日(木)から令和2年5月6日(水・祝)まで(緊急事態宣言期間) 登園自粛の対象 保護者の方が医療関係者や警察、消防、公共交通機関に勤務する場合など、家庭での保育が難しい場合を除き登園を自粛してください。 保護者が上記の勤務を行っている場合など、家庭での保育が難しい場合は必ず園に申し出てください。 区における対応(令和2年6月末までの対応) 1 育児休業からの復職を最大3か月まで延長できることとしています。 詳しくはをご覧ください。 (2)月を単位として休園する場合、保育料又は給食費は徴収しません。 詳しくはをご覧ください。 (3)登園自粛を届け出ていただいた場合、保育料又は給食費について日割りで返還させていただきます。 詳しくはをご覧ください。 登園自粛についての保護者あて要請文 保護者勤務先要請文(令和2年4月8日付) 登園の自粛について、勤務先へ区からの文書の提出が必要な場合、ご利用ください。

次の

大和市/新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に伴う保育所等における登園自粛のお願いについて(6月25日更新)

保育園 自粛

これを受けて「在宅勤務の場合は家庭で」としている区もあるが、働く親からは「家で子供を見ながら仕事なんてできない」との悲鳴も。 また、「自粛」としながらも、休園並みの強い表現で登園しないよう求める区や園もあり、必ずしも言葉通りの実態にはなってはいないようだ。 ほぼ全区で「休園」か「自粛を」 23区が発表したサイトや直接の問い合わせによる調査では、千代田区や中央区など8つの区で原則的に区内の認可保育園に関して「休園」とする表現を使用していた。 一方、品川区や世田谷区など14区では「自粛」を要請する表現にとどめている。 ただし、温度感は様々だ。 同じ自粛でも「やむを得ない場合を除き自粛を」とする板橋区のような表記もあれば、「可能な場合にはご協力を」(新宿区)、「無理をしてまで登園自粛していただく趣旨ではありません」(中野区)のような自治体もある。 言葉の使い方や求める強度には違いがあるものの、これら22区では原則として保護者に対して子供の家庭での保育を求めている。 自粛か休園かに関わらず、医療関係者など職業を限定して特別に預かったり、どうしても仕事を継続する必要がある親になどに対しては個別に相談を求めたりしている区も多い。 「原則休園」の渋谷区や豊島区では「世帯全員が警察官、消防官及び医療従事者のご家庭に限り」などと職業を例示して、特別保育を実施するとした。 4月9日朝現在、江東区だけは検討中だとしており、決定は週内に予定しているという。 在宅勤務の場合は、登園できる? 親が在宅勤務となっている場合にも、登園自粛するよう求められるのか。 この点では区の判断は分かれている。 「登園自粛」としている品川区は「在宅勤務など保護者が家にいる場合は原則利用できません」と表記。 港区は「保護者等がテレワーク勤務や休業できる場合など」について自粛するよう求めている。 一方、同じく「登園自粛」の大田区では「保護者が在宅で、かつ、ご自宅にて保育が可能な場合」に登園を控えるようにと表記されている。 また、世田谷区は「仕事を休んで家にいることが可能な保護者」に対して自粛を要請している。 品川区に住む30代の会社員女性はオフィスが閉鎖となり在宅勤務となっている。 「安全のためには仕方がないけれど、家で子供がいたら絶対に無理。 仕方がないので子供が昼寝中か、夜に寝かせてからの仕事になりそう」と話している。 結局、園ごとの考え方で違いも とはいえ、自粛とした区の場合、どこまで強く要請されるのか、その度合いは仮に同じ区内でも園によって違うという例もあるようだ。 世田谷区の30代会社員女性は、きょうだいを別々の園に通わせている。 長男の私立認可保育園では、保育士の命を守るため、との理由で登園はしないようにと強く要請され、「自粛とはいえ結局預かる気は無いなと感じた」という。 一方、次男の区立保育園では、区からのお知らせの紙を受け取っただけで何も言われなかったという。 「休暇」取得できるかに差も? また、企業によっては、従業員に対して保育園の休園に伴って特別休暇を取得できる制度としている場合もある。 自粛を要請している区では、従業員が提出を求められるであろうことを想定し、区長名でのお願い文を配布しているところも。 しかし、「自粛」の港区に在住する30代の会社員男性は、「会社に相談してみますが、休園ではないので休暇が認められるかは不安です」と話している。 「自粛」か「休園」か、実態が同じでも企業の方針次第では従業員が休暇取得をできるかどうかの点で差が生じる場合もありそうだ。

次の

保育園自粛について。どう思いますか?緊急事態宣言が出て、保育園が登園自粛...

保育園 自粛

そんな中、がいち早く6月末までの自粛延長の要請をに発表。 この決定を受け、親たちからは様々な声が上がっています。 は「区内保育施設 在園児童の保護者の皆様へ」として、を通じて保護者にトやを配布。 そこには「の要請に基づき、保護者の皆様には(水)までの間、ご家庭でのが可能な場合には、登園の自粛をお願いしております。 の早期収束の見通しが立たない状況を踏まえ、6月末までの間、登園自粛のお願いを継続します」と記されていました。 この自粛延長が発表された翌日のには、の認証保育所にて30代の保育補助員の女性の感染が確認されたことが報道。 保育補助員はに発熱があり、その後は自宅で待機。 に検査を受け、20日に陽性が確認されたとのこと。 区は職員4人と園児7人を者として自宅待機を要請し、保育所はまで休園、施設の消毒が行われるということです。 またには、中央病院(港区)が、付属乳児院に入所する乳幼児8人がに感染したと発表。 に職員1人の感染が判明して乳幼児らの検査を実施していたとのことで、今のところ8人には発熱などの目立った症状はないとのことでした。 参考記事: このように、でもや乳幼児の感染が拡大している昨今、いち早く6月末までの自粛延長要請を表明したには「英断」といった賞賛の声が寄せられている一方、「なぜ原則休園にしないのか」という疑問の声も寄せられています。 「というのも上司がだと『頼めば預けられるんでしょ?』ってことで、自宅勤務を認めてくれないんですよ。 そのせいで泣く泣くを預けているんですが、そうしているとで家で子育てしながら仕事しているたちに『預けるのズルくない?』と非難されてしまい、辛かったです。 でも休園だったら会社も認めざるを得ないし、親同士の不平等感も無くなるじゃないですか」(・30代女性) また、「5月末」ではなく「6月末」と一気に2か月延長になったことにを受けている人たちも…。 「5歳児と3歳児の男子2人を家で見ながら仕事してますが、で会社の人たちと会議しててもいなしで話しかけてくるので、かなり気思いをしました。 たちも遊びに行けないが溜まってるせいでも増えたし、仕事があるのに朝昼晩の食事を作らなくてはいけないことにもウンザリ。 まだを休んで1か月も経ってない状態でこれだけ疲弊しているのに、これがあと2か月以上続くのかと思うと泣けてきました。 しょうがないとは思うけど、5月末で一回様子を見てから6月末を決定してほしかったなあ…」(・40代女性) 関連記事: このの延長を受け、今後、追従する区も増える可能性が濃厚ということで、上では「、が6末まで休園。 命を守るためには仕方ないが、育児と両立は絶対無理だ…」「ほんと、共働んな、どーすんの??ダメと分りつつも、実家に帰りたいよー 泣 」「家にいる事で子供が安全ならば喜んで登園自粛するんだけど、の母は勤務日数をさらに減らす事により、クビを切られる可能性が濃厚」「このは長い戦いになりそうだ…」といった悲鳴にも似た声が。 感染の危険にさらされながらも働く親たちのために運営を続けているやさんたちには本当に頭がさがる一方で、乳幼児の感染という事例が出ている状況を鑑みるに、いよいよ全国一斉休園しないといけない時期に来ているのかもしれません。

次の