シート 削除 ショートカット。 Adobe Acrobat のショートカットキー

エクセルのシート削除のショートカットについて

シート 削除 ショートカット

ショートカットキー 説明 Tab すべてのテーブルとビューで前に移動します 編集モードではない場合。 方向キー テーブルまたはビュー セレクターを移動します。 Tab ビューのコントロールで前に移動します 編集モードの場合。 方向キー 選択したコントロールを移動します。 F4 選択したコントロールのプロパティを開きます、または閉じます。 デザイン時のショートカット表 実行時 ブラウザー のショートカット キー これらのショートカット キーは、ブラウザーで Access アプリを使用する際に使用できます。 また、ブラウザー自体に用意されているショートカット キーを使用することもできます。 データシート ビューおよびフォーム ビューの場合のみ。 テキストやデータの検索および置換を行うのショートカット表 デザイン ビュー、レイアウト ビュー、またはデータシート ビューで作業する ショートカットキー 説明 F2 データシートで、編集モード カーソルが表示されるモード とナビゲーションモードを切り替えます。 フォームまたはレポートで操作している場合は、Escキーを押すとナビゲーションモードを終了します。 F4 プロパティ シートに切り替えます フォームとレポートのデザイン ビューおよびレイアウト ビュー。 F5 フォームのデザイン ビューからフォーム ビューに切り替えます。 F6 フィールド グリッド、フィールド プロパティ、ナビゲーション ウィンドウ、キーボード アクセス システムのアクセス キー、ズーム コントロール、およびセキュリティ バーを順に切り替えます テーブルのデザイン ビュー。 F7 フォームまたはレポート上の選択されているコントロールから[ビルダーの選択] ダイアログ ボックスを開きます デザイン ビューのみ。 F7 フォームまたはレポートのプロパティ シートで選択したプロパティからVisual Basic Editorを開きます。 フォームとレポートのデザイン ビューでコントロールを編集するのショートカット表 ウィンドウを操作する 既定では、Accessデータベースは、タブ付きドキュメントとして表示されます。 ウィンドウ表示ドキュメントを使用するには、[ファイル] タブをクリックします。 [オプション] をクリックします。 [Accessのオプション] ダイアログ ボックスで [カレント データベース] をクリックします。 次に、[ドキュメント ウィンドウ オプション] の [ウィンドウを重ねて表示する] をクリックします。 オプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。 ショートカットキー 説明 F11 ナビゲーション ウィンドウを切り替えます。 Enter すべてのウィンドウを最小化したときに、指定したウィンドウを元の大きさに戻します。 メニュー キー ショートカット メニューを表示します。 ウィンドウを操作するのショートカット表 ウィザードを使用して作業する ショートカットキー 説明 F2 選択したハイパーリンクの完全なハイパーリンク アドレスを表示します。 F7 スペル チェックを行います。 追加のビューが使用できる場合、連続してキーを押すと使用できる次のビューに移動します。 テーブル、クエリ、フォーム、またはレポート内で操作しているときに、ビューを戻る方向に切り替えます。 追加のビューが使用できる場合、連続してキーを押すと前のビューに移動します。 キーは、どのような状況においても、オブジェクトに対しては使用できません。 その他のショートカット表 ナビゲーション ウィンドウのショートカット キー ショートカットキー 説明 メニューキー ショートカット メニューを表示します。 Alt F10 アクセス キーを表示します。 HomeEnd メニューまたはサブメニューの最初のコマンドまたは最後のコマンドを選択します。 Alt 表示されているメニューとサブメニューを同時に閉じます。 Esc 表示されているメニューを閉じるか、表示されているサブメニューのみを閉じます。 Enter すべてのウィンドウを最小化したときに、指定したウィンドウを元の大きさに戻します。 Tab 次のオプションまたはオプション グループに移動します。 方向キー 選択したドロップダウン リスト ボックス内でオプション間を移動するか、オプション グループ内でオプション間を移動します。 Space 選択したボタンに割り当てられたアクションを実行するか、チェック ボックスをオンまたはオフにします。 Esc 選択したドロップダウン リスト ボックスを閉じます。 Enter ダイアログ ボックス内の既定のボタンに割り当てられたアクションを実行します。 Esc コマンドを取り消し、ダイアログ ボックスを閉じます。 ダイアログ ボックスを使用するのショートカット表 テキスト ボックスで編集を行う ショートカットキー 説明 Home エントリの先頭に移動します。 End エントリの末尾に移動します。 PageDownPageUp コントロールの選択ドロップダウン リスト内の選択を一度に 1 ページずつ移動します。 Tab コントロールの選択ドロップダウンリストからプロパティシートタブに移動します。 Tab プロパティが選択されているときに、タブ上で1つ下のプロパティに移動します。 Tab プロパティが選択されていないときに、タブ内の最初のプロパティに移動します。 Tab タブ上で 1 つ下のプロパティに移動します。 デザイン ビューでテーブルまたはクエリと共にプロパティ シートを使用するのショートカット表 デザイン ビューまたはレイアウト ビューでフォームまたはレポートと共に [フィールド リスト] ウィンドウを使用する ショートカットキー 説明 Tab 次のフィールドを選択します。 F2 データシートで、編集モード カーソルが表示されるモード とナビゲーション モードを切り替えます。 フォームまたはレポートを使用している場合、Esc キーを押すとナビゲーション モードを終了します。 データシート ビューで列を選択し、移動するのショートカット表 テキストやデータを編集する カーソルが表示されていない場合は、F2 キーを押します。 End 単一行フィールドではカーソルをフィールドの末尾に移動します。 複数行フィールドでは行の末尾に移動します。 Home 単一行フィールドではカーソルをフィールドの先頭に移動します。 複数行フィールドでは行の先頭に移動します。 BackSpace 選択したテキスト、またはカーソルの左側の 1 文字を削除します。 Del 選択したテキスト、またはカーソルの右側の 1 文字を削除します。 Space チェック ボックスまたはオプション ボタンの値を切り替えます。 データシート ビューまたはフォーム ビューでデータを入力するのショートカット表 カレント データによりフィールドを再表示する ショートカットキー 説明 F2 編集モードとナビゲーション モードを切り替えます。 F5 フォームのデザイン ビューからフォーム ビューに切り替えます。 Tab キーを押しても画面上の目的のセクションに移動しない場合にF6 キーを使用します。 F6 デザイン ウィンドウ、プロパティ、ナビゲーション ウィンドウ、アクセス キー、ズームコントロールを先に進む方向で切り替えます。 テーブル、フォーム、レポートのデザイン ビューの場合。 F7 フォームまたはレポートのプロパティ シートで選択したプロパティからVisual Basic Editor を開きます。 既に [フィールド リスト] ウィンドウが表示されている場合は、フォーカスが[フィールド リスト] ウィンドウに移動します。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールがレイアウト内の一番上になければ、そのコントロールの位置がすぐ上のコントロールの位置と入れ替わります。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールがレイアウト内の一番下になければ、そのコントロールの位置がすぐ下のコントロールの位置と入れ替わります。 ページのグリッドは無視されます。 ページのグリッドは無視されます。 ページのグリッドは無視されます。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールがレイアウト内の一番上になければ、そのコントロールの位置がすぐ上のコントロールの位置と入れ替わります。 ページのグリッドは無視されます。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合、選択したコントロールがレイアウト内の一番下になければ、そのコントロールの位置がすぐ下のコントロールの位置と入れ替わります。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合は、レイアウト全体の幅が広くなります。 集合形式レイアウト内のコントロールの場合は、レイアウト全体の幅が狭くなります。 デザイン ビュー内を移動するのショートカット表 データシート ビュー内を移動する 特定のレコードに移動する ショートカットキー 説明 F5 レコード番号ボックスに移動します。 次に、レコード番号を入力して、Enter キーを押します。 End ナビゲーション モードで、カレント レコードの最終フィールドに移動します。 Home ナビゲーション モードで、カレント レコードの先頭フィールドに移動します。 フィールド間およびレコード間を移動するのショートカット表 データの表示画面を移動する ショートカットキー 説明 Tab データシート内の前のレコードの最終フィールドから、サブデータシートに入ります。 Tab サブデータシートの最後のフィールドから、データシートの次のフィールドに移動します。 データシートとサブデータシートの間を移動するのショートカット表 フォーム ビュー内を移動する 特定のレコードに移動する ショートカットキー 説明 Tab 次のフィールドに移動します。 End ナビゲーション モードで、フォーム上の最後のコントロールに移動し、カレント レコードにとどまります。 Home ナビゲーション モードで、フォーム上の最初のコントロールに移動し、カレント レコードにとどまります。 フィールド間およびレコード間を移動するのショートカット表 複数ページのフォームのページ間を移動する メイン フォームとサブフォームの間を移動する ショートカットキー 説明 Tab メイン フォームの先行フィールドからサブフォームに移動します。 PageDown 1 画面分下にスクロールします。 PageUp 1 画面分上にスクロールします。 End ページの右端に移動します。 Home ページの左端に移動します。 印刷プレビューおよびレイアウト ビュー内を移動するのショートカット表 リボンのコマンド リボンのキーボード ショートカット 1. Alt キーを押します。 現在のビューで使用可能な各機能の上に、キー ヒントが表示されます。 実行している操作を取り消してキー ヒントを非表示にするには、Alt キーを押します。 使用する機能の上に表示されるキー ヒントに示されている文字のキーを押します。 押した文字キーによっては、追加のキー ヒントが表示される場合があります。 たとえば、[外部データ] タブがアクティブな状態で C キーを押すと、[作成] タブと、そのタブのグループに関するキー ヒントが表示されます。 使用するコマンドまたはコントロール用の文字キーになるまで文字キーを押し続けます。 場合によっては、コマンドが入ったグループの文字を最初に押す必要があります。 ヘルプ ウィンドウを使用する ヘルプ ウィンドウからは、Office ヘルプのすべてのコンテンツを参照できます。 [ヘルプ] ウィンドウには、トピックとその他のヘルプ コンテンツが表示されます。 ヘルプ ウィンドウ ショートカットキー 説明 F1 ヘルプ ウィンドウを開きます。 Tab ヘルプ ウィンドウ内の次のアイテムを選択します。 Enter 選択されている項目のアクションを実行します。 Enter ヘルプ ウィンドウの [ ヘルプの参照] セクションで、選択された項目をそれぞれ展開するか折りたたみます。 Tab トピックの先頭にある [すべて表示する] または [すべて表示しない] を含め、次の隠し文字またはハイパーリンクを選択します。 Enter 選択した [すべて表示する]、[すべて表示しない]、隠し文字、またはハイパーリンクに対応するアクションを実行します。 PageUp、PageDown 現在表示されているヘルプ トピック内を、それぞれ上と下に大きくスクロールします。 Esc 直前の操作を停止します [停止] ボタン。 F5 ウィンドウを更新します [更新] ボタン。 カーソルが現在のヘルプ トピックにない場合は、F6 キーを押してから Ctrl キーと P キーを同時に押します。 F6 ヘルプ ウィンドウ内の領域 ツール バーと [検索] ボックス等 を切り替えます。 ヘルプ ウィンドウのショートカット表.

次の

Excelのシート名変更のショートカットキー(Windows)|Office Hack

シート 削除 ショートカット

このショートカットキーを覚えると、マウスとキーボードを持ち替えて作業する必要がなくなり、キーボードひとつでシート間を移動できるようになり編集作業が捗ります。 エクセルでシートの名前を変更したい時に使えるショートカット こちらはAltキーを使用したショートカットです。 シート名を変更する際、マウスを使う方法であれば、シート名のタブをダブルクリックしたり、右クリックして「名前の変更」という作業が必要になります。 しかし、これから紹介するコマンドを使用すれば、キーボードだけで作業ができます。 マウスで選択して、キーボードでシート名を入力、また別のシートを選択して・・・という煩雑な手の動きが軽減できます。 こちらのコマンドは一回ではなかなか、覚えられないかもしれませんが、何度か実践していく内に覚えられると思います。 この時、4つのキーを同時に押すのではなく、ひとつずつ順番に押すようにするのがポイントです。 このように、 Altキーを押すとリボン部分にアルファベットが表示されます。 次に選択したい項目が各アルファベットに割り当てられていますので、行いたい作業に応じてキーを押していく手順となります。 ここでは Hキー(ホーム)を押します。 すると、このように「ホーム」タブの中から、さらに掘り下げて選択できるようにアルファベットが変化するのが分かります。 以上のような手順でキーを順に押していくと、下図のようにシート名が選択された状態になるので、そこでシート名を入力して Enterで確定すればOKです。 ワークシートを追加・削除するショートカットキー ワークシートの名前を変更している内に、シートを追加したり削除したいケースもあると思います。 そんな時には「シート追加」や「シート削除」にもショートカットキーが存在しますので、併せて覚えておくといいでしょう。 シートを追加するショートカットキー.

次の

【Excel】シートを削除するショートカット

シート 削除 ショートカット

Q a b c d....... 1行目 : ヘーダー 1 2 3 4........ 2行目以降: データ 5 6 7 8......... 一行目は項目が入力してあり、2行目以降はデータが入っています。 このようなシートがあったときに、一行目の項目の文字を縦表示にして(通常はマウスで行を選択して書式設定から変更しています)、さらにそれぞれの列の横幅をデータの幅に合わせて調整(通常はシート全体を選択した状態で境目をダブルクリックして調整しています)し、さらに一行目にオートフィルターを入れるという動作をショートカットキーのみでやりたいと考えています。 残りの、縦表示への変更、列の幅調整のショートカットキーを教えてください。 [Shift]と方向キーで A1:E1 を選択します。 [Alt]を押しながら [O]、[E] の順に押します。 方向キーで"配置"タブを開きます。 [Alt]を押しながら [O]、[C]、[A] の順に押し、セル幅を最適化し、 [Alt]を押しながら [O]、[R]、[A] の順に押し、行高を最適化します。 A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー デスクトップのアイコン選択の方法は、 ウィンドウズキー+Dキーで、デスクトップへフォーカスを 移し、矢印キーとシフトキーで複数選択できます。 但し、マウスで選択するように、並んでいないものを複数 選択することは出来ません。 (私が知らないだけかもしれません) スタート横のアイコンとは、クイックランチのことでしょうか。 これらは、ランチャーで、すべてショートカットです。 従って、コレをキーボードで選択は出来ないと思います。 デスクトップを表示したいときは、 「ウィンドウズキー+Dキー」 フォーカスウィンドウを変えたいときは、 「Altキー+Tabキー」 IEを起動したいときはデスクトップ上のアイコンにフォーカス を合わせEnterキーを押すか、スタートメニューを出してプ ログラムから選択するかで起動します。 A ベストアンサー CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。 その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。

次の