地縛少年花子くん67。 【漫画】地縛少年 花子くん13巻の続き66話以降を無料で読む方法

【漫画】地縛少年 花子くん13巻の続き66話以降を無料で読む方法

地縛少年花子くん67

その内容をまとめていきます! 【地縛少年花子くん】最新話67話ネタバレや感想!スミレの過去 依代 スミレが、 自分が六番の依代であることを告白するところから始まります。 寧々が依代を壊すことができることを知ったうえで、スミレは「 この札をはがしてもよい」と伝えます。 ですが、 1日だけ待ってほしいとのこと。 また、花子くんにも言わないでほしいとお願いします。 「明日はとても大切な日ですから」と 少し寂しそうな笑顔を浮かべるスミレを見て、寧々はそれ以上何も聞くことはできませんでした。 するとスミレは寧々に自身とおそろいの 鈴のブレスレットを渡します。 寧々がそのブレスレットを見ながら嬉しそうにお礼を言うと、話が終わったかのようにスミレは無理矢理お風呂に連れていきます。 結局、お風呂に入らされ、魚の姿をさらしてしまうのでした。 その後、布団の準備をするスミレ。 花子くんが嫌がるからと、別の部屋で眠ることになります。 寧々は花子くんに、スミレが依代であることを話したほうがいいかもと考えるも、ここ最近の過激な花子くんのことを思い出し、話すことをやめるのでした。 そして、花子くんが見張りをしている中、寧々は眠りにつきます。 身代わり 寧々が目を覚ますと、そこには能面をつけた人がのぞき込んでいました。 驚き、何が何なのか理解することができない寧々。 捕まえに来たのではと考えるも、能面を被った人たちは頭を下げながら「 この度は誠におめでとうございます」といきなりお祝いしてきました。 どうやら 寧々のことをスミレと勘違いしているようです。 寧々は自分はスミレじゃないことを伝えるも、「スミレ様は貴方様ではございませんか」と鏡をかざしてきました。 姿は寧々のままでしたが、能面たちは全く気づきません。 結局、能面たちは説明を聞いてもくれず、無理矢理どこかへ連れていかれてしまいます。 その頃、 花子くんは倉庫のような場所で倒れていました。 そのすぐ横にはナイフを持って立たずむスミレの姿が。 どうやら、そのナイフで花子くんの体をしびれさせたようです。 スミレは「 ごめんなさいね。 二人とも」と一人つぶやくのでした。 乗り物のようなものに乗せられ、運ばれる寧々。 「 このままじゃ六番さんと結婚しちゃう…」と危機感を覚えます。 六番と結婚式を挙げて誓うのキスをするところを想像すると、「ダメでしょ!」と叫び、乗り物から飛び出して走って逃げることに。 ですが、その先にいた能面の男にお腹を殴られてしまいます。 その場にうずくまってしまう寧々。 能面は「 あなたには死んでもらわないといけない」などと話すと、ある霊薬を持ってきました。 それを無理矢理飲まされると、寧々の視界がゆがんでいって、意識が混濁していきます。 能面は• 貴方は特別な血筋の娘• その命を引き換えに神は村に加護をくれる• その加護なしでは生きられない(呪われている)• 彼岸に渡るのは幸福な事 などと話します。 寧々は意識が混濁し、その言葉を理解することができず、うなずくことしかできません。 ふわふわした意識の中、寧々は結局能面たちに連れていかれてしまいます。 スミレの過去 その道中、寧々は小さな子供が泣いているところを発見します。 すると寧々は、その子供、 スミレの過去の記憶を垣間見ることに。 スミレは小さいころ、父も母も誰も話してくれず一人ぼっちでした、 そんなとき、 世話役として隣にいてくれたのが六番でした。 (スミレに優しく接するというよりは、仕事で淡々と接している感じ) スミレの家系からは、ある年になった子供を神に捧げていたようです。 少し成長したある日、スミレは冗談交じりに、「 お嫁に行くならあなたがもらってくれればいいのに」と六番に話します。 六番は表情を変えず「 もらってあげてもええよ」と答えると、スミレは顔を赤くしながら「ほんとうに…?」と訊きます。 その表情を見て六番は何かを感じたのか、「 いや嘘」と訂正。 スミレは「知りませんわ!」と少し怒ったようにその場を走り去っていくも、 本当は嬉しそうにしているのでした。 スミレが神に捧げられる日。 崖の上にある鳥居で、スミレは鳥居をくぐろうとします。 振り返るとそこには六番の姿があるものの、 いつも通り変わらない無表情でした。 そんな六番を見て、スミレは「 そこは嘘でも悲しむ素振りを見せるところだわ。 本当に正直な人」と思うのでした。 ブレスレット そんなスミレの過去を見た寧々。 いつの間にか スミレの記憶で見た崖の上にある鳥居に来ていました。 どうやらそこは、『彼方の岸へと続く門』とのこと。 能面たちの言われるがまま、寧々は歩みを進めます。 ですが、寧々が門をくぐろうとすると、 スミレからもらったブレスレットが反応し、腕に電気が走ります。 そこでようやく意識を取り戻す寧々。 寧々が門に拒まれたように見えた能面たちも、 寧々が偽物であることにようやく気が付きます。 儀式は中断されたものの、このままでは加護を受けられないからと、寧々を無理矢理門の向こうへ放り出そうとします。 そして、能面の一人が寧々の腕を掴み、寧々は大声で花子くんに助けを求めます。 すると、その能面はお面を外し、素顔をさらします。 「はーあーい」と答えてくれたその人は花子くんでした。 涙を流し驚く寧々を抱きしめる花子くん。 近くにいた能面に向かってお面を投げつけます。 そして「 結婚式は中止だよ。 どこのだれだかわからないやつに俺の助手を嫁がせるわけにはいかないからね」と言うところで終わります。 感想 スミレが依代であることはわかったものの、結婚式が終わるまで待つことに。 しかもその結婚式を寧々が代わりにすることになってしまいました。 無理矢理連れていかれて、生贄になりそうになりましたが、結局スミレからもらったブレスレットが助けてくれました。 また、少しだけスミレの過去も描かれました。 六番は感情の起伏がなく、表情も変わることがありませんでしたが、当時、スミレのことをどう思っていたのでしょうか。 ただの世話係として接しているように見えましたが、スミレの照れた表情を見て、少しだけ感情が動いているように思えました。 依代ですし、やはり特別な感情を抱いていたのでしょう。 スミレが寧々を身代わりにしたのが、何が目的だったのかも気になるところです。 二人は無事に元の世界に戻ることはできるのか。 次回も楽しみです! Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!.

次の

【地縛少年花子くん】最新話67話ネタバレや感想!スミレの過去

地縛少年花子くん67

地縛少年花子くん【最新第67話】スミレ 其の二 ネタバレ 地縛少年花子くん【最新第67話】スミレ 其の二 スミレは六番目の依代 自分は六番目の依代だと言うスミレは、札をはがすのは構わないが1日だけまってほしいと言う。 何故なら明日は自分の結婚式があるから。 そして、自分が依代であることは花子くんには内緒にしてほしいと、八尋にお願いした。 顔は笑っていてもどこかさみしそうな感じがするスミレ。 八尋は、スミレの願いを聞き入れた。 するとスミレは、お礼にと言って鈴でできた腕飾りを八尋にくれた。 夜になり布団に入る八尋と花子くん。 八尋は、やっぱりスミレのことを花子くんに話した方がいいかもと思いながらも、結局話すことはなかった。 結婚式 八尋は誰かに揺さぶられて目を覚ます。 そこにはお面をつけた女たちが並んでいた。 女たちは、なぜか八尋のことをスミレと言い式場まで連れ出す。 それを物陰から見ているスミレ。 そして、地面には花子くんが倒れていた。 強引に連れ出された八尋は、このままでは六番と結婚させられてしまうのではないかと想像し、本人を呼んでくると言ってその場から逃げ出す。 そこへお面をかぶった男が立ちはだかり、力ずくで八尋を捕まえる。 ここでお面をかぶった女がこの結婚式の真実を話す。 女が言う結婚式とは、この村に住む者たちのために生贄になるということだった。 そして、三々九度の盃に注ぐはずだった霊薬を無理やり飲ませる。 霊薬を飲まされた八尋は、自我を無くし村の者たちに連れて行かれた。 八尋の見た幻覚 小さい頃のスミレは、誰にも相手にしてもらえずに泣いていた。 そんな時に側にいてくれたのが六番だった。 それから少し大きくなったスミレは、自分の運命を知ることになった。 そんな時に側にいたのも六番だった。 そして、嫁入りしようとするスミレが旅立とうとする時、六番は何の感情もないような表情でスミレの方を見ている。 これは夢なのか? それとも思い出なのか? 村人に連れられて歩く八尋は、そんな幻覚を見ていた。 旅立ち 八尋は、崖の先にある鳥居の前に連れてこられた。 この鳥居をくぐると、神の元へと旅立つようだ。 自我を持たない八尋は、フラフラと歩きながら鳥居をくぐろうとする。 その時、スミレからもらった腕飾りが反応し、八尋の手首に電気が走る。 そして八尋は意識を取り戻した。 村人たちは、赤根の血筋の物が門に拒まれたことに驚き、ここでやっと八尋がスミレではないことに気が付いた。 だが村人たちは自分たちの身のことを優先し、何もしないよりはマシだからと八尋を生贄にしようとする。 それを必死に拒む八尋は、花子くんの名前を叫ぶ。 すると花子くんが現れ、結婚式の中止を宣言した。 スポンサーリンク 地縛少年花子くんの最新話を含む「月刊Gファンタジー」を今すぐ無料で読む 地縛少年花子くん【最新第67話】スミレ 其の二 のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXT という動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 31日間無料でサービスを利用できる! 登録時に 600円分のポイントがもらえる! 動画や雑誌の見放題サービスもあり! 無料期間内の解約でも違約金などは一切なし! 無料トライアルに登録するだけで600円分のポイントがもらえるので、すぐに 「月刊Gファンタジー最新号」or好きな単行本を1冊だけ無料で読むことができます。 無料で楽しむには注意することもあります。 600ポイント以上の作品を購入・視聴しない• 無料期間内に解約の手続きをする これさえ気をつければ、どんなに楽しんでも料金を請求されることはありませんので、U-NEXTを利用したことがない方はぜひこの機会にお試ししてみてください。 そして気になっていた結婚式についてですが、個人的には政略結婚の様な望まない結婚なのかと思ったら、まさか村のために生贄になるということだったとは。 また、スミレのことを「赤根の娘」と呼んでいたことから、スミレは葵のご先祖様ということがほぼ確定ですね。 それにしてもこの村人たちが自分たちのことしか考えていないところが本当に腹立たしいかったです。 自分たちのために命を差し出そうとする人の顔くらいしっかりと覚えておけと言いそうになりました。 さらに、人違いで連れてきた八尋のことを生贄にしようとするところも、ほんとにムカつきました。 最後に、花子くんが当たり前のように八尋のことを助けに現れたのですが、スミレにやられたんじゃなかったんでしたっけ? この辺がどういう経緯なのか次回を楽しみにしたいと思います。 まとめ ということで、 この記事では、2020年6月18日発売の『月刊Gファンタジー2020年7月号』に掲載された 地縛少年花子くん【最新第67話】スミレ 其の二のネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• スミレは六番目の依代だった。 スミレと間違われて連れて行かれる八尋。 結婚式とは神様の生贄になることだった。 花子くんが八尋を助けに来る。 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の

地縛少年花子くん67話ネタバレ感想!スミレの代わりに寧々が花嫁に

地縛少年花子くん67

スミレは6番の依代 だったのです! 寧々が頼まれたこと スミレは寧々が巫であることを知っており、自分を壊せる存在であるとわかっていました。 そのため交渉に出ます。 スミレは 「構いませんわよ。 寧々がそうしたいならこの札を剥がしてくださっても。 でも1日だけ待ってくださらない? 言いましたでしょう?明日は私の結婚式なの。 だからお願い私が依代だということ明日まではゴン(花子くん)にも内緒にしておいて欲しいの。 明日はとても大切な日ですから。 」 と言いました。 この時点でスミレは花子くんは容赦無いが、寧々は情で動きやすく騙されやすいとわかっていたようです。 かなりのやり手ですね。 そしてスミレは寧々にお守りとして自分もつけている鈴のブレスレットを渡しました。 翌朝寧々に起きたこと 翌朝寧々が目を覚ますとそこにはお面をつけた人たちがいました。 お面をつけている人たちはどうやら寧々をスミレだと勘違いしているようで、結婚式のための準備をさせられてしまいます。 「スミレでは無い。 人違いです。 」というも信じてくれる人はおらず、寧々は運ばれてしまったのです。 そしてそんな寧々を影から見ながらスミレは「ごめんなさいね。 二人とも。 」 と謝りました。 その側には戦ったが負けてしまったらしい花子くんが横たわっていました。 巫の役目 6番の境界は過去の6番の見てきた世界観で出来上がっていました。 そのため、その村の風習が語られていきます。 その村では巫を生贄にして村の平穏を保とうとしていたのです。 寧々は抵抗しましたが、霊薬を飲まされ意識が朦朧としてしまします。 そんな寧々はスミレの過去を垣間見ました。 寧々が見た幻想 意識が朦朧とする中お面の人たちに引き連れられて寧々は歩きます。 そこで寧々が見たものはスミレの過去の出来事でした。 一人ぼっちで泣いているスミレのそばには世話役である、現死神がいました。 その村では何人もの巫を生贄にして平穏を保とうとしてきました。 スミレもその一人になろうとしていたのです。 死神はえらく正直でスミレのために嘘をつけるような人ではありませんでした。 それでもスミレは死神を慕い、二人は仲良く日々を過ごしていました。 ついにスミレが生贄に捧げられる日、死神はいつものような顔でスミレを見つめています。 スミレは「もう。 そこは嘘でも悲しむそぶりを見せるところだわ。 本当に正直なひと…。 」 といって崖から落ちていきました。 寧々も同じ道をたどる まさに今寧々もその幻想と同じ道を辿っているところでした。 本来であれば死神はここで葵に生贄になってもらう予定だったのでしょう。 しかし、先に落ちてしまったのが寧々だったからなのか、スミレの策略なのか寧々が崖にたちます。 崖にある鳥居でスミレにもらった鈴のブレスレットが反応し、寧々はなんとはじかれます。 ここにきて寧々は意識を取り戻し、村の人々は「さてはお前偽物か!」と気づいたのです。 さらに「赤根の子が門に拒まれるなど今までなかったことだぞ。 儀式はどうする?失敗か?ええいその子で構わん放り込め!」 と口々に言い始めます。 ここでスミレは葵と同じく赤根家の子供であったとわかりました。 そして寧々が窮地に追いやられたところで「やだ…花子くん!!」と叫ぶと「はーあーいー」と言いながら寧々を助けにきました。 「遅くなってゴメンね」といいながら花子くんは優しく寧々を抱きしめ 「悪いけど結婚式は中止だよ どこの誰だあわかんないヤツのとこに俺の助手を嫁がせるわけにはいかないからね」 と言いました。 67話ネタバレの感想 それではネットの反応からご紹介していきます! ネットの反応 はっ…待って花子くん本誌…やば息できない…落ち着け落ち着け…— su su31754530 読み終えた感想 いやもう!やばすぎる!!ww スミレちゃんに関してこんなに早く情報が出るとは驚きでしたが、なんだか切ない過去ですね。 報われているといいのだけど。 そして少し葵との関係も読めてきた気がしますね。 ここにきて唐突な花寧々供給の嵐にちょっと心がざわついていますww しんどすぎる! 来月まで待ちきれません…。 【花子くん】67話ネタバレ!ついにあの子の正体が判明!:まとめ いかがでしたでしょうか? 早く葵とスミレの関係が知りたいところですね! なんだか複雑な関係の予感…。 次回が待ち遠しいですね。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の