あわよくば 願わくば。 例文あり・アポ取得率を高めるメールの書き方【ビジネスメール】

「願わくば花の下にて春死なん」「その如月の望月の頃」… 早稲田文系女子と僧侶の出会いが趣深すぎる

あわよくば 願わくば

タイマン最強!一騎打ちでの戦功多数! 山中鹿之助を語る時に外せないのが数多くの武功。 その中でも一騎打ちで多くの武将に打ち勝っている事で有名です。 今回はその中でも最も有名な品川大膳との一騎打ちを「雲陽軍実記」を参考にご紹介します。 毛利元就が尼子義久の居城 月山富田城を攻めた時の毛利軍の中に品川大膳という武将がいました。 大膳は尼子家で名の知れた山中鹿之助を討ち、武名を上げる事を目標として自らの名前を鹿に勝つという意味をこめて「狼之介 おおかみのすけ 」と名乗るほどの熱の入れよう。 何とか目立って自分の武功をアピールしようという考えが伝わってきますね。 そんな大膳が富田城下で山中鹿之助を見つけ一騎打ちを申し込みます。 これに鹿之助も了承し、富田川の中州にあった川中島で相対します。 最初、大膳は弓矢を構えて鹿之助を狙っていたようですが、さすがに見守っていた尼子勢から「飛び道具とは卑怯だ!! 」と大クレーム。 尼子十勇士の一人である秋上伊織介が雁股の矢で大膳の弓の弦を切ったと言われています。 これが本当なら弓矢で弓の弦を切った伊織介が一番凄いような気がしますが・・・ 笑。 弓が使えなくなった大膳は太刀を抜いての勝負。 そこから組み合いになり、2人の武将の死闘が繰り広げられます。 そして大膳が鹿之助の上になり、止めを刺そうとしたところで、鹿之助が下から短刀で大膳を刺し、最後には首を取ったと言われています。 この戦いは2時間に及び、「鹿が狼に勝った。 」という声に尼子勢の勝どきが上がったとされています。 山中鹿之助の人柄 山中鹿之助の最後の戦いとなる上月城の戦い。 これは織田信長の援助を受けた山中鹿之助が尼子勝久と共に上月城に籠もり、毛利軍と戦った戦です。 この時、毛利軍に包囲された上月城には羽柴秀吉の援軍が向かう予定でした。 しかし、突如三木城の別所長治が裏切ったため、秀吉は退路を断たれる危険性が生じ、上月城の援軍を中止し、三木城の攻略に向かうことになります。 これは織田信長の命令であったとされ、結果的に山中鹿之助達は羽柴秀吉から見捨てられることになります。 援軍のあてがなくなった上月城は降伏開城。 その時に山中鹿之助が共に戦った家臣に宛てて書いた手紙が残っています。 「長い放浪の末の今回の上月城の戦いでは凄まじい戦いぶりでした。 この事は一生忘れません。 これからは何処の家中でも自由に仕えて下さい。 」 と家臣を思いやった手紙を残しています。 幕末から明治にかけて活躍した勝海舟や板垣退助も 山中鹿之助をとても評価しているのですが、後世の人物に尊敬される所以は、武勇だけではなく、こういった気遣いの部分にもあるのかもしれません。 ちなみに、人気のゆるきゃら、ふなっしーの尊敬する人物も山中鹿之助だそうです 笑。 上月城で捕らえられ最期を迎えた山中鹿之助ですが、その時にかぶっていたとされる冑が現存しているのですが、その冑の中には戦勝を願う護符 お守り が貼られていました。 名言「我に七難八苦を~」の意味 三日月に向かって「願わくば、我に七難八苦を与え給え」と祈る鹿之助。 戦前の国語の教科書に載っていた話で、山中鹿之助と言えばこの名言が良く取り上げられます。 これは「苦労や困難をどんどん私に与えてください。 」という意味。 何ともドSな名言です 笑。 ただ、この『七難八苦を与え給え』と言う言葉は創作の可能性が高く、実際は「今日より三十日以内に、武功を上げさせてほしい」と三日月に願掛けをしたようです。 それから後、三日月に祈ったように見事一騎打ちで相手武将を討ち取る武功を上げ、その名を上げています。 実は尼子氏を攻め滅ぼした毛利元就も太陽や月に向かって祈るという習慣を持った武将でした。 打倒尼子と打倒毛利。 同時期に月に向かって祈られた2つの想いでしたが、最終的に山中鹿之助の祈りは届くことなく、尼子家は滅亡してしまいます。

次の

願わくば ・あわよくば 意味の違いを教えてください!

あわよくば 願わくば

僧侶といえば、知人の早稲文の子に、京都の一人旅で寺の庭を見てたら寝てしまって、起きたら傍らにお茶とイケメンの若いお坊さんがいて 「死んだように眠っていましたよ」 「…願わくば花の下にて春死なん」 「その如月の望月の頃」 ってやりとりからお坊さんとの交際に発展した人を知っています。 これはお釈迦様の命日と同じで、西行のお釈迦様へのあこがれを詠ったものだ。 とっさにこの歌が口をつくあたり、さすが文学部といったところだ。 ポイントは私が寝ていたのが【満開の桜の木の下】ということ。 「桜が綺麗でつい…」と言い訳をすると、彼は独り言のように上の句を呟いたのです。 私が下の句を続けると彼は優しく微笑み、その瞬間私は恋に落ちました。 — cherry blossssom0425 しかし、このエピソードの登場人物と思われる女子大生本人が登場し、少々訂正が入った。 実際はお茶は出ておらず、彼女が寝ていたのは、満開の桜の木の下だったそう。 そこで、「桜がきれいでつい…」と言い訳をすると、僧侶は独り言のように上の句を呟いたよう。 彼女が下の句を続けると僧侶は優しく微笑み、その瞬間、彼女は恋に落ちたそう。 いずれにせよ素敵な出会いであることは間違いないだろう。

次の

【願わくは 花の下にて】最期まで美しく生きた西行(佐藤義清)の和歌

あわよくば 願わくば

[一] 1、考え。 2、評価。 [二] 動詞「おもう」のク語法。 1、思うこと。 2、(副詞的に用いて)思うことには。 思うには。 「思惑」は読み間違いが多い語の一つですね。 私もよく「しわく」と読みそうになります。 「惑」は当て字で、「思惑」という熟語ではないんです。 「惑」に惑わされて誤読が広がったに違いありません。 ところで「ク語法」って何? 苦手な文法に触れなければなりません。 「ク語法」(くごほう) 活用語の語尾に「く」が付いて、名詞化される語法。 「〜(する)こと/ところ/もの」 本来の成り立ちは、 動詞の連体形に「あく」が接続したもの。 「すべからく」も意味を間違えている人が多い語です。 意味は、当然。 ぜひとも。 「老いらく」 「老ゆ」(おゆ)のク語法「老ゆらく」(おゆらく)の音変化。 「体たらく」 「たらく」は、断定の助動詞「たり」のク語法。 ク語法は平安時代以降には化石化して実体がわかりにくくなったため、 誤用が多数発生しています。 例えば、 「惜しむらくは」 「おしむ」+ 接尾語「らく」+ 係助詞「は」 正しくは「惜しまくは」。 同様に「望むらくは」は「望まくは」。 「願わくば」も間違いで、 正しくは「願わくは」です。 私も「願わくば」と使っていました。 世間では どの程度 間違いが進行しているのでしょう。

次の