しゃんと 抵抗。 シャントエコーにおける機能評価の指標、FV・RIとは?

シャント抵抗器の基礎知識

しゃんと 抵抗

シャント抵抗とは? こちらのページでは電池の評価試験など行う際に使用する測定機器であるシャント抵抗に関連する ・シャント抵抗(分流器)とは? ・具体的な試験時のシャント抵抗の配置例(電池の外部短絡試験) ・シャント間電圧をデータロガーで測定する際の注意点 というテーマで解説しています。 シャント抵抗(分流器)とは? シャント抵抗とは電池の各種評価試験など始めとした通電を行う試験において、通電電流値を測定する際に使用する抵抗のことを指します。 シャント抵抗は別名分流器とも呼びます。 電池の各種安全性試験、たとえば、、、圧壊試験など充放電装置内で行うと電池の破裂・発火や煙の噴出などにより装置を壊してしまう危険性がある試験では、充放電装置とは別の安全性試験専用の場所で試験を行うことが一般的です。 そして、充放電装置以外の場所で試験を行うため、通電電流値や電圧、温度を計測するためには、データロガーを用いて測定します。 特に、通電電流を計測するためには通電させる回路中にシャント抵抗を入れ、その シャント間の電圧を計測します。 シャント抵抗は言葉に抵抗という言葉を含んでいるように、抵抗値が正確であるため、が正確に成り立ちます。 ) このオームの法則を利用して、データロガーで計測したシャント間の電圧を電流値に変換し、通電電流値を計測するという仕組みになっています。 関連記事 具体的な試験時のシャント抵抗の配置例 それでは、具体的な試験時、どのようにシャント抵抗を配置させるか、下に解説します。 今回はを行うとしましょう(詳細は外部短絡試験のページに記載しています)。 すると、下図のようにシャント抵抗は電気回路中のどこかに入れておけば問題ありません(場所を問わない)。 スイッチを閉じれば閉回路になりますので、流れる電流値はどこも同じになります。 このように、シャントを配置しましたら、上述のようにデータロガーにてシャント間の電圧を測定、電流値に変換することで、測定完了です。 そして、かかる電圧はこの100mV程度、通電電流は200A程度であることが望ましいという意味でもあります。 そのため、データロガーの電圧測定の範囲を同等にしておかないと(100mVなど)、測定精度が悪くなってしまいますので気を付けましょう。 200Aと記載のシャントに対して1000Aなどと大きく範囲の外れた電流を流すとシャントがダメになってしまうため、通電させる電流値に対応したシャントを使用しましょう。 関連記事.

次の

シャント抵抗器の基礎知識

しゃんと 抵抗

はじめに フォトカプラについて、「最低動作入力電圧はいくらですか?」とか「最小入力電流はどのくらいですか?」という質問は珍しくありません。 たしかに、フォトカプラはパルス伝達やスイッチングに使うことが多く、それだけに限って考えると、そういう疑問も起こってきます。 しかし、発光ダイオード1個、フォトトランジスタ1個で構成される、いわゆる「汎用フォトカプラ」は、「アナログ素子」であり、原理的にはどのような小さな入力順電流(IF)でも発光ダイオードが光ればフォトトランジスタに光電流が流れ、それなりに導通します。 それをここでは次の順に考えてみます。 出力側 通常、フォトカプラをパルス伝達やスイッチングに使うときは、出力側の接続は次の図のいずれかになります。 図1 出力回路接続 両者は、出力信号の極性が異なりますが、伝達特性はほぼ同じです。 どちらを選ぶかは、主に電源投入時の初期状態として、出力を0Vにするか、Vccレベルにするかなどの設計条件で決められます。 一般的にこれらの出力回路では、フォトカプラの出力端子間電圧が所定以上、または負荷抵抗に発生する端子間電圧が所定値未満のときを出力側の「OFF」状態と定義します。 所定値は、フォトカプラが使われる回路の設計仕様として、ユーザが定める値です(以下同様)。 そのため、フォトカプラのフォトトランジスタが非導通のときでも負荷抵抗に流れてしまう電流(フォトカプラの「コレクタ遮断電流」を含みます。 )と、それによって負荷抵抗に発生する端子間電圧の許容範囲とから、負荷抵抗値の範囲(最大限)が決まります。 次に、フォトカプラが導通して、コレクタに電流が流れ込んだとき、それに対するコレクタ・エミッタ間電圧が所定値未満のときを出力側の「ON」状態と定義します。 その際、コレクタ電流は、定格範囲内で、さらに次の「コレクタ・エミッタ間電圧vs. コレクタ電流」のグラフでも、コレクタ電流に対するコレクタ・エミッタ間電圧が所定値未満になる特性曲線が存在する範囲内でなければなりません。 つまり、次のグラフ上で、「ON」時に流れるコレクタ電流の値とコレクタ・エミッタ間電圧の許容最大値とが交差する点は、最低限いずれかの曲線よりも右下でなければなりません。 図2 コレクタ・エミッタ間電圧vs. コレクタ電流 さらに、コレクタ電流値が大きければ大きいほど、そしてコレクタ・エミッタ間電圧の所定値が小さければ小さいほど大きな順電流 IF が必要ですから、できる限りコレクタ電流は小さく、そしてコレクタ・エミッタ間電圧は大きめでも大丈夫なように設計すると、無理なく動作させることができます。 入力側 入力側の「ON」状態とは、上記「図2 コレクタ・エミッタ間電圧vs. コレクタ電流」の中から出力条件によって選んだ特性曲線を得るのに必要な順電流 IF を入力した状態です。 このときの入力順電流を求める手順は「」の特に「5. 出力電流を流すために必要な入力電流 IF 」をご覧ください。 また、主要な品種については、「フォトカプラ入力順電流の設計」で容易に求めることができます。 求めた順電流が大きすぎる場合には、出力の「ON」状態の設計条件に戻って見直してください。 次に「OFF」状態ですが、そのとき入力順電流の許容最大限は、次の「電流伝達率vs. 順電流」の特性曲線から見積もることができます。 図3 電流伝達率vs. 順電流 この図で低電流領域を見ますと、CTRは非常に小さくなります。 この領域で、順電流値とCTRとからコレクタ電流を求め、それが出力側の負荷抵抗に起こす電圧降下が出力「OFF」状態の許容範囲内であれば、そのときの順電流値が「OFF」状態としての入力電流範囲内です。 1mA流れると考えられます。 このコレ クタ電流によって負荷抵抗に発生する電圧降下が出力「OFF」状態の許容範囲内であればこの順電流は「OFF」の入力電流ですし、そうでなければより小さ な電流に抑えなくてはなりません。 (この場合には、「フォトカプラ入力順電流の設計」のご使用はお勧めできません。 このツールには「ON」させるための余裕が見込まれていますので、実際には計算結果よりも大きな出力電流が流れます。 ) つまり、「OFF」状態の順電流の最大限は、出力の設計、特に負荷抵抗の値に依存するので、フォトカプラ単体では規格などに定義することができません。 普通、このように小さな電流はノイズや回路部品のリーク電流として発生しやすく、特に高温で増えて、フォトカプラの誤動作の原因となります。 ですから、その許容最大限は上記のように見積もることができますけれども、実際に流れる順電流は、できればできるだけそれよりも小さく抑えたいところです。 その切り札が、これから説明する「入力シャント抵抗」です。 その鍵は次の「順電流vs. 順電圧」の特性曲線にあります。 図4 順電流vs. 8V以下が「OFF」状態の入力電圧範囲です。 これは一般のディジタル信号のレベルに比べてけっして小さな値ではありませんから、TTLやCMOS論理素子などで駆動すれば容易に満足できます。 し かし、そうでない場合には、次の図のように、フォトカプラの入力側に並列に「シャント抵抗」を接続すれば、フォトカプラの入力側に多少の電流が流れても、 フォトカプラの入力電圧をこれよりも十分小さな、たとえば0. 5V以下などに抑えてしまうことはそれほど難しいことではなく、そうすれば高温でも誤動作の 心配が格段に少なくなります。 シャント抵抗の値は、次のように決めることができます。 たとえば、出力を「ON」状態にするのに必要な入力電流が仮に5mAであったとします。 そのとき、前段からは5. 5mA以上流せるように設計します。 この余分な0. 5mAを、「ON」時にシャント抵抗に流すことにします。 5mAがシャント抵抗に分流し、発光ダイオードにも必要な5mAが流れます。 この回路では、入力電流が0. 4mAを越えるまでは順電圧が0. 8Vを越えることはなく、実際にフォトカプラの発光ダイオードには「ほとんど電流が流れませ ん」から、「OFF」時の入力電流の許容最大限はシャント抵抗によってここでは一気に0. 4mAまで高めることができたと考えられます。 このような工夫によって、「OFF」時の入力電流の許容最大限を大きくすることができるため、上述のように、出力回路の設計ごとにフォトカプラへの「OFF」時入力電流の許容最大限を見積もることはできますが、実用上はそれほど重要な意味は持たないと考えられます。 しかも、このシャント抵抗は、発光ダイオードに逆電流が加えられたときはそれを吸収し、逆降伏を防ぐ効果があります。 5mAでも5Vですから、逆電圧の定格が5Vよりも大きければ、2. 5mAを越えるような大きなスパイクノイズなどが流れない限り安全に使うことができます。 また、発光ダイオードの端子間容量を速やかに放電させるので、特に高速なフォトカプラではターンオフ速度の改善にも有利です。 そのため、このシャント抵抗はスイッチング特性を改善する手軽な手段として、一般に広く使われています。 なお、以上の説明は、。

次の

シャントエコーにおける機能評価の指標、FV・RIとは?

しゃんと 抵抗

A ベストアンサー こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 98」でいいのでしょうか? いえ。 1kgf = 9.8N ですね。 力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg... だけれども、シヤント抵抗を使った方が簡単で確実ですよね。 nikkohm. htm Q 「DCの回路で電流検出用の0. たとえば12Vバッテリーを何台か並列にしたバッテリーバンクから過電流保護機能のある500W級ACインバーターに渡して家電に使うような場合、この電流をDC側で計測したいと思っています。 yamaki-ec. html または、そのような電力の場合はホールセンサーをつかったような測定方法が妥当なのでしょうか? 「DCの回路で電流検出用の0. たとえば12Vバッテリーを何台か並列にしたバッテリーバンクから過電流保護機能のある500W級ACインバーターに渡して家電に使うような場合、この電流をDC側で計測したいと思っています。 (AC側でクランプメーターで計る、というのではなくDC側で常にモニターしたいと思います) たとえばAC側で500W取り出した場合、効率を無視して考えるとD... A ベストアンサー もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。 有効電力がPowerから、P となった後 単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。 ・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z 相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが 既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。 1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。 A ベストアンサー ・全負荷運転で22Aの電流が流れる で、OKです。 ・定格電流が分からないモーターの電流値 5. 5kWは軸出力なので、電気入力 有効電力 に換算するために、効率で割る必要があります。 次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。 モータの力率や効率が不明の場合には、 JISC4203 一般用単相誘導電動機 JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機 JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機 で規定されている効率や力率を使うことになるかと。 ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。 ・よって、『2. 43E-19』とは? 2. 0000000000000000001だから、 0. 000000000000000000243という数値を意味します。 ・E-数値は 0. 1、0. 01、0. 001 という小さい数を表します。 ・数学では『2. wikipedia. wikipedia. ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...

次の