子供 膝 が 痛い 白血病。 子供の膝が痛いという症状で5歳の場合原因で考えられることは?

膝が痛いのは白血病?子供が曲げると急に感じる違和感は病気のサイン!

子供 膝 が 痛い 白血病

白血病でできるあざの特徴とは?いつもの打ち身のあざとはちがうの? 白血病の症状のひとつに、出血傾向と言われる、血に関する症状があります。 その中に、「あざ」がありますが、どのように現れるのでしょうか。 最初はきっと「あれ?ぶつけたっけな?」ぐらいにしか感じないかもしれません。 その時触ってみても痛くありません。 打ち身ではないからです。 白血病のあざは、大変長く治らないので、青あざの状態が続きます。 発症部位は太ももの内側や、ひざの裏側などの、体重のかかりやすいところから出来始めます。 最初のあざが治る前に、次のあざが出来て、それはどんどん増えて行きます。 特に足に多く出ます。 それだけ多数のあざがあるのに、ひとつも身に覚えがないので、さすがにおかしいと思うでしょう。 そして、そのころには、鼻血や歯茎からの出血も起こって来ます。 鼻血は出だしたら止まらず、救急車を呼ぶほど出ることがあります。 そして、そのほとんどの人がそのまま入院になります。 参考: このような、出血傾向の症状とともに、関節の痛みや高熱が出始め、喉の痛みを訴える方もいます。 白血病ってそもそもどんな病気なの? 白血病は4つの種類に分かれる血液のガンです。 スポンサーリンク• 急性白血病• 慢性白血病• 骨髄性白血病• リンパ性白血病 それぞれ、症状や病気の進行の仕方が違います。 白血病は、いつもは血液を作っている骨髄の中に、ガン化した細胞が異常繁殖してしまい、血液を作る場所がなくなることで、赤血球、白血球、血小板などの正常な血球が減少してしまう病気です。 以前は不治の病と言われた白血病ですが、今は化学療法や造血幹細胞移植の進歩によって、完治することも可能なガンとなりました。 5年生存率 急性白血病 50~60% 5年生存率 小児 80% 子供の方が、治る確率が高いのです。 白血病の症状には、ほかにどんなものがあるの? 初期症状の中には、女性の月経にかなりの出血過多が見られます。 ナプキンから溢れるほど出血し、大きな血の塊が出ることもあります。 感染症状として、風邪のような症状が出ます。 高熱が出たり、喉の痛み、咳や下痢などがあります。 他にも貧血症状として、顔面蒼白、倦怠感、疲労感などがあります。 そのほかには、急激な体重の減少、肝臓や脾臓が腫れるため、腹部の膨満感があります。 これらは、全部現れるわけではありません。 白血病の種類によって、出やすいものがあります。 また、白血病で怖いのは、合併症です。 免疫力の低下から、風邪ひとつでも肺炎を起こす可能性があり、またそれが悪化し最後は敗血症を起こして白血病の治療より先に死にいたる場合もあるのです。 白血病の治療はどんな治療法があるの? 白血病の治療法は3段階に分けて行います。 寛解導入法 とても強い抗がん剤で、骨髄の中のガン化した細胞を5%未満にまで減らします。 患者さんは強い副作用に苦しみます。 脱毛、貧血、発熱、嘔吐などです。 地固め療法 体内のすべてのガン化した細胞を死滅させるため、数か月にわたって、抗がん剤で治療します。 寛解維持療法 ガン化した細胞がいなくなった状態をいじするために、1~2年にわたって弱い抗がん剤で治療します。 この治療は、通院治療となります。 参考: まとめ 足に、心当たりのないあざが複数できたら、念のため病院にいきましょう。 白血病でなくても血小板に関する病気の可能性もあります。 万が一、白血病だとしても、早期発見は完治のカギとなります。 あざは、軽視してしまいがちですが、怖い病気が隠れている場合もあるということを忘れてはいけません。 カテゴリー•

次の

膝の違和感は白血病が原因かも?素人判断禁物な病気の可能性とは

子供 膝 が 痛い 白血病

《 目次 》• 騒ぎ出す病魔と不穏な15日間 2004年8月17日(火) 結膜炎・発熱 38. 目が真っ赤だったが、他に変わったところは見られなかった。 夜には熱が出て38. 5日前に家族で市民プールへと出かけたから、そこで何かに感染したのだろうと思った。 2004年8月18日(水) 発熱 37. 2004年8月19日(木) 朝には熱は下がって元気になった。 2004年8月20日(金) 普段と変わらず元気。 名古屋空港まで外出。 2004年8月21日(土) 結膜炎 目が赤かったが、元気だったので児童館へ遊びに連れて行く。 元気に遊ぶ。 2004年8月22日(日) 発熱 38. 2004年8月23日(月) 発熱 39. 「プール熱だったら喉が赤いはずだけど、この子は赤くないんだよね」どちらの先生にも同じことを言われた。 病名、原因ともに不明。 なぜ熱が続くのかもわからない。 風邪をこじらせた程度にしか考えていなかったため、病名を特定する必要性を感じなかった。 このまま目が見えなくなるのではないかと心配したが、目薬が効いたようでしばらくすると目を開けた。 夜になると再び熱を出す。 2004年8月25日(水) 朝、熱は下がって元気になったので、名和昆虫博物館へ出かけた。 公園に連れて行くと、いつものように走り回って遊んでいる。 すっかり良くなったとしか考えられなかった。 2004年8月26日(木) 普段と変わらず元気。 夜、銭湯に連れて行く。 2004年8月27日(金) 発熱 夜に発熱。 高熱が出るのはこれで3度目になる。 何かがおかしい。 さすがにこう何度も発熱を繰り返すのはおかしいと思い、県病院の 救急外来を受診。 熱以外の症状は何もなかったため、原因も病名もわからないまま帰宅することに。 抗生剤をもらい、熱が下がらなければ月曜日に小児科を受診するように言われた。 2004年8月29日(日) 顔色不良・倦怠感 抗生剤が効いたのか熱は下がったので病院へ行かなかった。 しかし、異常なほど 黄色い顔色と、食欲はあってたくさん食べているのに一日中ゴロゴロと 寝転がってばかりいる姿が気になる。 2004年8月31日 20時40分撮影。 熱は下がったが顔色が悪く出血斑が増えていく。 何度検索しても「白血病」がヒットする インターネットで拾い集める不安の種 8月29日、異常なほど黄色い顔色と、食欲はあるのに一日中寝転がっている様子が気になり、インターネットネットで検索してみると白血病で亡くなったお子さんのホームページにたどり着きました。 思いあたる症状はあるものの、「うちの子に限ってそんな病気になることはない。 抗生剤の副作用で顔色が悪くなることがあると別のホームページに書いてあったし、きっと次男もそうに違いない。 発熱を繰り返して体が疲れているだけだ。 熱は下がったことだし、きっと回復に向かっている」自分に言い聞かせて、胸騒ぎを鎮めるのに必死。 8月31日、かかりつけ医から受け取った紹介状の中身が気になり、封筒を透かしてみるが文字を読み取ることはできず、うまく封を開けようと試みましたが無理でした。 息子たちが寝静まってから再びネットで検索すると、やはり白血病で亡くなったお子さんのホームページにたどり着き、肝臓と脾臓の腫れをキーワードに加え検索すると白血病の疑いがさらに強まる結果が出てきます。 何度検索しても「白血病」がヒットするのです。 「絶対に違う」と自分に言い聞かせ、泣きながらパソコンの電源を切りました。 検査前に白血病だとわかった医師 「大きい病院へ行けばすぐに結果が出る。 明日の朝一で行っておいで。 ただ、体をどこかにぶつけないように気をつけるんだよ」 心配する私に向かって先生はいつもの笑顔でやさしく話してくれましたが、それとは反対に看護師さんたちは複雑そうな表情でした。 後日、次男が白血病と診断されたと報告するためかかりつけ医電話をすると、先生は診察した時点でわかっていたけれど重い病気だと告げられるような確かなデータがなかったため病名は伏せていたと話されました。 先生はずいぶん昔に小児がんの治療に携わった経験がある方で、 「今は治るようになってきた病気だから大丈夫」と。 暗闇に差し込んだ光のようで、その言葉を聴いて涙が止まりませんでした。

次の

【医師解説】突然の膝の痛み!子供の成長痛、便利な見分け方教えます

子供 膝 が 痛い 白血病

白血病患者です。 (再生不良貧血)です。 お子様が何歳なのか分かりませんが、そして白血病にはたくさんの種類があります。 貧血や風邪っぽいなどで、寝込むほどの症状が出ないで急に 倒れてしまい死にいたる方もいます。 どうして白血病と疑うのか分からないのですが まずは、血液検査をきちんと白血病を前提にしてもらえばいいだけです。 本当に心配でしたら私の経験上では専門医でないと難しいと思います。 私は再発組なのですが、ある日、痛みもかゆみもなく、熱もなく 身体が動かなくなって「あれ~??動けない」という日がありました。 熱が出て動けないのとそっくりな症状ですが、熱の苦しさは全くないのです。 異常なだるさ、とでもいうのでしょうか。 3日くらい家で寝ていて「ん、、いよいよ変だ、、」と思い 病院へ。 ところが血液検査をして白血球が異常値でも(普通最低値で3500くらいかな) 「何かの感染症でしょう。 (風邪なども含みます)まあ、今日こうやって病院にこれたので 大丈夫ですよ」てなもんです。 との時は1500でした。 (異常値なので、普通はさわぐのかもしれませんが 原因が分かるまでは、どんな病気でもこんな扱いです。 ) 2週間くらいして起き上がれるようになりましたが、その後元気な時に 再発が分かりました。 なので、私は自分をも含め、たくさんの白血病(不良性貧血含)の人を知っていますが 一概には言えません。 急性の白血病で骨髄性といわれるもので、急に発見、 そして急死の仲間も居ますが めまいが多かったです。 急に血の気が引く様に感じ、座り込んで、「あ~立ちくらみだ」なんて言っていた子が 白血病ですぐになくなったこともあります。 また白血病の種類も本当に色々です。 症状も色々です。 私の様に意識だけはしっかりしているのに何故か動けない。 急な立ちくらみみたない症状、そしてすぐに元に戻るなど。 一概には何とも現役の立場から言えません。 病気を抱えていても、ごくごく普通に寝込むこともなく 暮らしていますよ。 不治の病、とだけはどうか思わないで下さい。 何十年も病気と共存して皆、頑張って生きている人は生きています。

次の