育児 休業 給付 金 申請 期限。 Q&A~育児休業給付~

育児休業給付金の受給資格確認手続き

育児 休業 給付 金 申請 期限

雇用保険の育児休業給付を2ヶ月ごとに申請していますが、今回、うっかり手続きをするのを忘れ、申請期限を過ぎてしまいました。 もう、支給はされないのでしょうか? これまで、育児休業給付は申請期限までに手続きをしなかった場合、受給できませんでした。 しかし、今年4月より省令が改正され、育児休業給付を含む一部の雇用保険の給付について、2年の時効までの間であれば申請期限を過ぎても支給されるようになりました。 少し分かりづらいのですが、図で表すと下のようになります。 1歳になるまで育児休業を取る場合、2ヶ月ごとにこの申請を5〜6回繰り返すことになります。 しかし、提出期限を1日でも過ぎてしまうと、育児休業給付は支給されないというルールになっていたため、うっかりミスにより育児休業給付がもらえなくなる人もいました。 このルールが今年4月1日から改正され、申請期限を過ぎても、2年の時効が成立するまでに申請すれば支給されることになりました。 育児休業給付を含めて、この新ルールの対象になっているのは次の通りです。 ただし、申請期限がハローワークの休業日(土曜、日曜、国民の休日)のときは、その翌日になります。 郵送により申請するときは消印の日が申請日となり、電子申請ではシステムに記録された日を見ます。 それは、給付金の支給が遅れたり、他の給付金が返還を求められたりすることがあるためです。 また、ご質問の育児休業給付であれば、保育園に入所できず1歳6ヶ月まで休業を延長するときなどに市区町村の証明を添付して受給手続きをします。 時間が経ってからではこのような証明の入手が難しくなったり、トラブルの原因にもなるため、これからも申請期限はきちんと守り、2年の時効期間は万一申請期限に間に合わなかったときの保障期間と考えるべきでしょう。

次の

ハローワークインターネットサービス

育児 休業 給付 金 申請 期限

育児休業給付金がもらえる期間を延長する方法はある? 育児休業給付金がもらえるのは原則、子供が1歳未満の場合。 しかし条件を満たして申請を行えば、期間を延長することができます。 まずは「特別な事情」がある場合。 保育園の空きがなく入所できない時や、配偶者の病気・離婚などの理由で育児が困難となった時などです。 この場合、最長2歳になる前日まで育休や育児手当の受給を延長することができます。 また、特別な事情がない場合でも「パパ・ママ育休プラス制度」を利用すれば、夫婦2人が育休を取得する1歳2か月になる前日まで育児休業給付金を受け取ることが可能です。 この制度について詳しくご紹介します。 育児休業給付金の受給期間を延長できる「パパ・ママ育休プラス制度」! その条件は? 「パパ・ママ育休プラス制度」を利用するための条件は以下の通り。 【参考】 育児休業給付金の受給期間を延長した時、もらえる金額は変わる? 「パパ・ママ育休プラス制度」を適用した場合も、通常と同額の育児休業給付金を受けることができます。 【参考】 育児休業給付金の延長は申請が必要? 手続きの方法は? 育休手当の受給期間を延長したい場合は、申請が必須です。 通常の申請用紙に加え、「住民票の写し」や「配偶者の育児休業取扱通知書の写し」などが必要になります。 【参考】 育児休業給付金をもらえる期限は、いつまで延長できる? 前述したように「パパ・ママ育休プラス制度」は、子供が1歳2か月になる前日まで育児休業給付金を受け取ることが可能です。 育児休業給付金は男性でも受け取ることが可能! 条件さえ満たせば、男性も女性も、契約社員やパート勤務の方でも、育児休業給付金を受けることができます。 前述した「パパ・ママ育休プラス制度」を活用すれば、子供が1歳2か月になるまで手当を受け取ることも可能。 制度を有効活用して、夫婦で協力して子育てを行いましょう。

次の

育休手当の支給日は?申請期限はいつまで?覚えておきたい「育児休業給付金」の基礎知識|@DIME アットダイム

育児 休業 給付 金 申請 期限

Contents• 育児休業給付金の初回申請の期間 育児休業給付金の初回の支給時期を知るためには、申請の流れを知っておくことが重要です。 育児休業給付金は実際に育児休業があった事実を証明する書類を会社からハローワークに提出することで支給されます。 つまり育児休業給付金は後払い方式になっているということです。 なので育児休業給付金を申請できるのも、実際に育休で休んだという事実ができた後になります。 申請できる期間は定められていて、基本的にはこの期間内に申請する必要があります。 初回の支給申請は、 休業開始日の初日から起算して4か月を経過する日の属する月末までに行うことになっています。 最短で支給される場合• 出産日から約4ヶ月半頃• 育休開始から約2ヶ月半頃 育児休業給付金の申請をしてもハローワークでの審査があるためすぐに支給されるわけではありません。 ハローワークでの審査に通過すれば育児休業給付金支給決定通知書というものが会社を通してもらえます。 そして、育児休業給付金支給決定通知書に書かれている支給決定日からおおよそ1週間ほどで支給されるというのが通常の流れになります。 このように審査や振込にある程度時間がかかるため、育児休業給付金を申請してから実際に振込があるまでは2〜3週間ほどかかることになります。 以上を踏まえると、 女性の場合は出産日から約4ヶ月半ほど、男性の場合は育休開始から2ヶ月半ほどで初回の育児休業給付金が支給されると考えておけばいいでしょう。 育児休業給付金の初回の振込が遅い場合 最短で支給される時期は、あくまでも会社が最速で手続きをしてハローワークの審査や振込がスムーズにできた場合の目安になります。 会社によっては手続きをできるようになっても期限ギリギリまで申請してくれないようなところもあります。 この点は会社の担当者に確認しておきましょう。 もしも会社がすでに書類を提出して手続きをとってある場合は、ハローワークに問い合わせることで確認できます。 問い合わせ先は自宅から最寄りのハローワークではなく、会社の所在地を管轄しているハローワークになるという点に注意しましょう。 初回の振込まで無給生活になります これまで解説してきた通り育児休業給付金が支給されるまでは、数ヶ月ほどの時間がかかります。 その間は無給で生活をしなければなりません。 育休前にある程度の貯金を作っておいて、しばらくは貯金を切り崩して生活することになるでしょう。 そして、会社が育児休業給付金の申請をなかなかしてくれない場合などは、この無給生活の期間が長くなるのでさらに蓄えが必要になります。 いざという時のためにも出産前から計画的に、日々の生活費を節約するなどして生活コストを下げておくことでもお金の心配を減らすことができるでしょう。 簡単にできる固定費の節約方法についてはコチラ お金を心配しながら育児をすると、どうしても日頃のイライラが赤ちゃんに伝わりやすくなってしまいます。 事前に制度を知って、計画を立てて、慌てることなくゆったりと育児に励むための環境を作れるようにすれば幸せな育休生活を送ることができます。 ぜひ制度について詳しくなって、計画的に育休を過ごせるようにしましょう。

次の