ぎ ゆ し の 夫婦。 夫婦円満の秘訣と心得ベスト10!うまくいく夫婦とは? [夫婦関係] All About

佐々木希“夫婦関係”の質問が飛び出して…「泣きそうじゃん」

ぎ ゆ し の 夫婦

インスタライブでラブラブな姿をファンに見せた窪田正孝&水川あさみ夫妻 (C)ORICON NewS inc. コロナ禍の「おうち時間」を活用し、SNSでリアルタイムに自己発信をする人が増加。 映画やドラマ、バラエティ等のテレビ収録が止まっている間、芸能人も同じようにSNSを積極的に楽しむ姿が目につく。 そんな中、インスタグラムを利用した生配信「インスタライブ」では、俳優夫婦がサプライズ共演を果たす、新しい流れができている。 これまで、それぞれのパブリックイメージのため極力共演が避けられていた俳優夫婦。 一方で、俳優同士が結婚した場合は少し様子が異なる。 ドラマや映画で役を演じることが多く、それぞれのパブリックイメージを維持しようと2ショットで公に出ることは滅多にない。 そのためか、結婚を発表する際も双方の事務所が細心の注意を払い、報告会見が開かれることはほぼゼロ。 6月1日に結婚を発表した&清野菜名夫婦も例に漏れず、2ショット会見は開かず双方ともに書面のみの報告であった。 最近は、カレンダーシェアアプリ『TimeTree(タイムツリー)』の仲里依紗&中尾明慶夫婦など、CMでの共演がちらほらと確認できるようになってきた。 しかし、それでも両者が俳優の場合は、テレビで同じ画面上に映ることはもちろん、公の場でお互いの話を自然にするまでいたっていないのが現状だろう。 普段交流のある芸能人とのコラボ配信を実施し、自然な流れで配偶者を登場させる演出が多い。 水川あさみは、ハリセンボン・近藤春菜とのコラボ配信で、昨年末に結婚した夫・窪田正孝と共演。 水川の隣に窪田の気配を感じた春菜が「(窪田が)いらっしゃいますよね?もしかして付き合ってるの?」とトボケて水川に振ると、すかさず窪田が「結婚してんだろ」とツッコミを入れ、視聴者を喜ばせた。 最後には2人そろって体を寄せ合い挨拶をするレアショットに、ファンは興奮の渦に巻き込まれた。 桐谷美玲は、公私ともに親交が深い河北麻友子との配信で夫・三浦翔平と共演。 河北が出演し、三浦が主演するドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の話題が出る中、桐谷の背後からドラマの台本を手にして顔をのぞかせる三浦の姿がちらり。 新婚夫婦のサプライズ共演が目立つ中、今年結婚10年目を迎えた永山瑛太・木村カエラも貴重な2ショットを見せる機会が。 カエラのインスタライブでは、「リルラリルハ」を歌唱後、おそらく瑛太と2人の子どもであろう拍手が聞こえ、改めて夫婦であり、家族がいることをファンが認識した瞬間であった。 生配信機能はTwitterやYouTubeにもあるが、なぜインスタライブが選ばれているのか。 今の時代、一歩間違えば悪意のある切り取りで拡散され、イメージダウンはおろか、誹謗中傷のターゲットになりかねない。 加えて、生配信のため事務所がチェックできるわけではない。 そのため、役者自身は発言内容に細心の注意を払いながら配信する必要がある。 SNS慣れしている俳優ばかりではないため、どこでどのような解釈をされるのか、いまいちつかめていないのが現状のはずだ。 その点を踏まえると、プロフィールの上部に固定表示され、RTボタンひとつで拡散されてしまうTwitterライブや、トップに「オススメ」表示され不特定多数に見られる可能性のあるYouTubeライブは、不本意に拡散されるリスクが高い。 一方で、インスタライブは、フォロワーにのみ配信開始の通知が飛ぶため、フォロワーからツリー式にシェアされない限り拡散性は低く、スマホでしか閲覧できない点からも、リスクが減るのだ。 配信時間が最大1時間までというのもポイント。 ようやく盛りあがってきた、というところで終了させることで、「もう少し見たかったな」という余韻を与えることができ、生配信特有のだらだら感を避け、パブリックイメージを完全に崩さない範囲で新たな幅も広げられる。 このような制限があることは、所属事務所にしてみても、容認しやすい理由だろう。 ドラマや映画、バラエティの撮影が延期になる中、時間を有効活用できるツールとしてポテンシャルを発揮したインスタライブ。 テレビ収録が少しずつ再開され、この盛りあがりもおのずと落ち着いていくだろう。 しかし、この動きは多くの芸能人たち、特に既婚俳優たちが、普段触れる機会の少なかったSNSと、しっかりと向き合う大きなきっかけとなったことは間違いない。 インスタライブが、俳優夫婦にとって今後も積極的に活用されるツールになる可能性を秘めている。 (文/向井美帆).

次の

夫婦生活拒否された40代男性、妻に出した手紙(全文) : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ぎ ゆ し の 夫婦

女優の仲里依紗(30)、俳優の野間口徹(46)が20日、NHK「土曜スタジオパーク」(土曜後1・50)に出演し、同局で放送中の連続テレビ小説「エール」の共演者から、素顔を明かされる一幕があった。 2人は、窪田正孝(31)演じる主人公の古山裕一が通う喫茶「バンブー」を経営する、梶取夫婦役。 古山夫婦を演じる窪田と二階堂ふみ(25)について、仲は「気遣いが素晴らしくて。 (自分は)物語の途中からの参加でドキドキしていたんですけど、ちゃんと迎え入れて凄くほぐしてくださった。 安心して役を演じることができています」と、絶大なる信頼を置いていることを明かした。 共演経験のある女優・小野ゆり子(30)からのメッセージで「(仲は)24時間動きっぱなしで。 家事と育児で24時間ってあっという間に過ぎていくのに、仕事も猛烈に忙しい。 プラス自分のケアやメンテナンスをどんなに時間が無くてもするので、凄いなと思います。 実は料理上手なんですよ」と、プライベートを絶賛。 これに対して仲は「いや、そんな上手じゃないですよ」と否定したうえで、「ただギャップがあるんですかね。 こういう(見かけが)派手で料理とか出来なさそうだから、腕前は本当に普通レベルなんですけど、上手に見えちゃうんでしょうね」と自己分析した。 また、野間口はかつて共演したムロツヨシ(44)から「褒められると逆に嫌なふうにしかとらえられない性格。 褒めると違う意味でとらえる男」と暴露された。 苦笑いしながら認めつつも、野間口は「最近は振り絞って『ありがとうございます』と言えるようになったんですけど、(本心は)何でこの人こんなこと言うんだろう?と。 自己評価が低いんですけど、相手に『反省があるんです』と説明したくなるんですよ。 だから褒めてくる人はうそだ」と持論を展開した。 素直じゃない野間口に、番組MCを務めるお笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(37)が「素直に受け止めよう」と指摘すると、「はいごめんなさい。 すいません」と、やはり反省しきりだった。

次の

夫婦別寝を考える 寝室ラブホ化の勧め [夫婦関係] All About

ぎ ゆ し の 夫婦

女優の仲里依紗(30)、俳優の野間口徹(46)が20日、NHK「土曜スタジオパーク」(土曜後1・50)に出演し、同局で放送中の連続テレビ小説「エール」の共演者から、素顔を明かされる一幕があった。 2人は、窪田正孝(31)演じる主人公の古山裕一が通う喫茶「バンブー」を経営する、梶取夫婦役。 古山夫婦を演じる窪田と二階堂ふみ(25)について、仲は「気遣いが素晴らしくて。 (自分は)物語の途中からの参加でドキドキしていたんですけど、ちゃんと迎え入れて凄くほぐしてくださった。 安心して役を演じることができています」と、絶大なる信頼を置いていることを明かした。 共演経験のある女優・小野ゆり子(30)からのメッセージで「(仲は)24時間動きっぱなしで。 家事と育児で24時間ってあっという間に過ぎていくのに、仕事も猛烈に忙しい。 プラス自分のケアやメンテナンスをどんなに時間が無くてもするので、凄いなと思います。 実は料理上手なんですよ」と、プライベートを絶賛。 これに対して仲は「いや、そんな上手じゃないですよ」と否定したうえで、「ただギャップがあるんですかね。 こういう(見かけが)派手で料理とか出来なさそうだから、腕前は本当に普通レベルなんですけど、上手に見えちゃうんでしょうね」と自己分析した。 また、野間口はかつて共演したムロツヨシ(44)から「褒められると逆に嫌なふうにしかとらえられない性格。 褒めると違う意味でとらえる男」と暴露された。 苦笑いしながら認めつつも、野間口は「最近は振り絞って『ありがとうございます』と言えるようになったんですけど、(本心は)何でこの人こんなこと言うんだろう?と。 自己評価が低いんですけど、相手に『反省があるんです』と説明したくなるんですよ。 だから褒めてくる人はうそだ」と持論を展開した。 素直じゃない野間口に、番組MCを務めるお笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(37)が「素直に受け止めよう」と指摘すると、「はいごめんなさい。 すいません」と、やはり反省しきりだった。

次の