酢豚 レシピ。 「噂の東京マガジン」酢豚のレシピ!宮本荘三シェフが伝授!

酢豚に合うおかず・献立27選!簡単付け合わせメニュー・副菜・スープは?

酢豚 レシピ

魚は酢豚には合わせにくいですが、あんかけや一度素揚げにしてから工夫すると中華風になります。 炒めものを作るにしても、味付けはオイスターソースやウェイパーや鳥ガラなどを使うレシピが良いでしょう。 1つ目で中華に統一する事がポイントだと言いましたが、中華料理は基本的に脂っこい料理が多いです。 何も考えない献立にすると、油でくどくなります。 野菜多めの付け合わせや、さっぱりした副菜のレシピを合わせましょう。 ヘルシーとは言えない料理ではありますが、豆腐なので意外とカロリーは低めです。 簡単に作れる素もありますが、1から作れるレシピも紹介します。 辛いのが苦手なら豆板醤を少なめにしてください。 麻婆豆腐の作り方• 1下準備・豆腐 1丁 を30分程おいて水切りする。 ねぎ 1本 はみじん切りにしておく。 鶏ガラスープの素 小さじ1. 5 はお湯1. 5カップに溶いておく。 2フライパンに油 大さじ2 を熱してひき肉 100g を炒める。 3ひき肉に火が通り油が出てきたら、豆板醤 大さじ1 と甜麺醤 小さじ2 を加えて炒める。 4スープと豆腐を入れて煮立ったら弱火で3分程煮る。 5酒 大さじ1 ・醤油 大さじ2 ・胡椒を入れて味を調える。 6ねぎを加えて強火にする。 7水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1. 5 を加えて手早く混ぜる。 エビチリは子供に人気がある料理なので、子供がいるご家庭に特におすすめです。 家で作れば辛さも調節する事が出来ますので、1から作れるレシピを紹介します。 辛いのが苦手なら豆板醤を少なめにしてください。 エビチリの作り方• 1下準備・えび 8尾 を殻つきのまま背ワタを取る。 にんにく 1かけ ・ねぎ 1本 ・しょうが 1かけ をみじん切りにする。 鶏ガラスープの素 小さじ1 はお湯1カップに溶いておく。 2えびを素揚げする。 赤くなったらすぐに取り出す。 3にんにく・しょうが・豆板醤 大さじ1 ・ケチャップ 大さじ2 を強火で焦がさないように混ぜる。 4香が立ったらスープを加えて混ぜる。 5みりん 大さじ2 ・酒 大さじ1 ・塩胡椒少々を加えて味を調える。 6煮立ったらえびを加えて中火で1分程煮る。 7ねぎと水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1. 5 を入れて手早く混ぜる。 中華料理の定番で、大人から子供まで大人気のメニューです。 ポン酢や酢を多めに食べるとさっぱりした味で食べられます。 調味料は好みの味に調節して行きましょう。 餃子の皮が余った場合は、下の記事を参考にしてアレンジしてみてください。 餃子の作り方• 1下準備・キャベツ 200g とにら 1束 をみじん切りにする。 にんにくとしょうが お好みで はチューブがなければすりおろしておく。 2切った野菜と鶏ガラスープの素 小さじ1 ・醤油 小さじ1 ・胡麻油 小さじ1 ・塩胡椒少々をボウルに入れて手で捏ねる。 3皮に具を包む。 4フライパンに油を熱して火を止めてから餃子を並べる。 5再び火を付けて餃子に焦げ目がつくまで焼く。 6強火にして水100ccを加えて蓋をする。 7水が無くなってきたら蓋を開けて残りの水分を飛ばす。 鶏もも肉のレシピで紹介していますが、鶏むね肉で作ればもも肉よりヘルシーに食べられます。 ねぎたっぷりで酸味の効いたたれで酢豚の脂っこさを緩和出来ます。 たれの材料が多いのでたれだけ別に材料を記載します。 ユーリンチーのたれの材料• ねぎ 玉ねぎでも可 半分~1本• にんにく・しょうがのすりおろし お好みで• 醤油 大さじ1. 酢 大さじ1. 砂糖 大さじ1• 水 大さじ1• 胡麻油 小さじ2• 酒 小さじ1• はちみつ 小さじ1 ユーリンチーの作り方• 1下準備・鶏もも肉 1枚 の黄色っぽい脂と筋を取る。 鶏もも肉をフォークでさして、酒 大さじ1 と塩胡椒で下味を付けておく。 ねぎはみじん切りにして、たれの材料を全て混ぜておく。 2鶏もも肉に片栗粉をまぶして、余分な粉をはたく。 4揚げる場合は皮を下にして多めの油で揚げ焼きにする。 5皮がこんがりしたら、裏返して弱めの中火で10分程揚げ焼きにする。 6バットで油を切り3分程放置する。 その間に中まで火を通す。 豆腐よりも茄子の方が食べごたえがあるので、ひき肉の量を減らしてもボリュームはあります。 くどいと思う場合はひき肉を減らしてみても良いでしょう。 麻婆茄子の作り方• 1下準備・にんにく 1かけ ・しょうが 1かけ ・ねぎ 10cm をみじん切りにする。 茄子 3~6本 はヘタを取り8等分に切り素揚げする。 鶏ガラスープをお湯1カップで溶いて醤油 大さじ2 と塩胡椒少々を混ぜて合わせ調味料を作る。 2フライパンに油をひいてにんにく・しょうが・ねぎを炒める。 3香が立ったら強火でひき肉 150g を炒める。 4ひき肉に火が通ったら豆板醤 小さじ1 を鍋肌に加えて炒める。 5香が立ったら茄子を加えて炒め、混ざったら合わせ調味料を加える。 6煮立ったら水溶き片栗粉 片栗粉大さじ1 を加えて手早く混ぜる。 家で作れば中の具は自由に調節出来ます。 ひき肉よりも野菜や春雨を多めに入れればヘルシーになります。 ノンフライヤーや多めの油で揚げ焼きにすると、油が少なくなるのでくどくなりません。 春巻きの作り方• 1下準備・干ししいたけ 2~3個 と春雨 40g は水につけて戻しておく。 人参 40g ・たけのこ水煮 80g ・干ししいたけは長さ5cm程の千切りにする。 しょうが 適量 はみじん切りにする。 2フライパンに油をひいてしょうがを炒める。 3香が立ったらひき肉 150g を炒めて、人参・たけのこ・干ししいたけの順に炒める。 4春雨と干ししいたけの戻し汁 40cc ・鶏ガラスープの素 小さじ1 ・酒 大さじ1 ・みりん 大さじ1 ・オイスターソース 小さじ1 ・胡麻油 大さじ1 を全て入れて水分を飛ばす。 5水溶き片栗粉 片栗粉小さじ2 でとろみをつけたら冷ましておく。 6皮に具を包む。 最後の端は水溶き小麦粉を糊にしてくっつける。 7きつね色になるまで揚げたら完成! 定番の酢豚に合うおかず・献立の付け合わせ・副菜のレシピ7つ目は、かにたまです。 カニカマを使用しても十分美味しく作る事が出来ます。 酢豚で肉と野菜が食べられるので、かにたまと合わせた献立にすると卵も食べられてバランスが良くなります。 かにたまの作り方• 1下準備・干ししいたけ 2~3個 は1カップの水に30分以上つけて戻す。 戻し汁は130cc取っておく。 たけのこ水煮 50g ・干ししいたけ・ねぎ 1本 は長さ5cm程の千切りにする。 2フライパンに油をひいてしいたけとたけのこを炒める。 3全体に油が回ったらかにとねぎを加えて炒め冷ましておく。 4ボウルに卵 6個 を溶いて、酒 小さじ2 ・砂糖 小さじ1 ・塩少々と炒めた具とかに 90g を混ぜ合わせる。 5フライパンにサラダ油 大さじ5 を強火で熱して卵を一気に加える。 6卵を軽く混ぜながら半熟状になったら丸く整える。 7卵をひっくり返して10秒程焼いたらお皿に盛る。 8フライパンに干ししいたけの戻し汁と、砂糖 小さじ2 ・醤油 小さじ1 ・片栗粉 小さじ1 ・鶏ガラスープの素と塩少々を加えて混ぜ合わせ、強火で煮立てる。 中華料理で統一していくとどうしても脂っこくなってしまうので、あっさりした料理も作りましょう。 バンバンジーはとても簡単に作れますしあっさりしているので、酢豚と相性が良いです。 お好みでトマトをスライスしても美味しいです。 バンバンジーの作り方• 1下準備・醤油 大さじ3 ・砂糖 大さじ1強 ・酢 大さじ1 ・胡麻油 大さじ1 ・ごま 好きなだけ をしっかり混ぜ合わせてソースを作る。 きゅうり 適量 は千切りにする。 2鶏肉 好きな部位を好きなだけ を茹でるかレンジでチンする。 レンジの場合は酒を振りかけラップをふんわりかけて2分~3分加熱する。 3鶏肉が冷めたら小さく裂く。 包丁で切ると美味しくないので注意。 4お皿にきゅうりをドーナツ状に盛り付ける。 茄子を蒸すだけなのでとても簡単に作る事が出来ます。 蒸すのさえ面倒くさい場合は、電子レンジで加熱するだけでも出来るので時短にもなります。 蒸し茄子の作り方• 1下準備・茄子 適量 はヘタを落として縦半分に切り、切り離さないように立てに切り目を入れる。 水に5分程付けてあくを抜く。 ねぎ 15cm はみじん切りにしておく。 2茄子を強火で10~12分程蒸す。 3冷たくして食べたい時は、粗熱を取り冷蔵庫で1時間冷やす。 4ねぎと醤油 大さじ3 ・酢 大さじ2 ・砂糖 小さじ1 ・胡麻油 大さじ1 を混ぜてソースを作る。 5茄子にソースをかける。 和食のイメージもあるニラ玉ですが、調味料を少し変えるだけで中華料理に早変わりします。 酢豚とは違う色合いで色鮮やかな食卓になります。 勿論味の相性もバッチリです。 中華風ニラ玉の作り方• 1下準備・きくらげ 適量 を水で戻し石づきを取る。 ニラと人参 適量 の大きさを揃えて長さ5cm程に切っておく。 鶏ガラスープの素少々をお湯大さじ3で溶いてから酒 小さじ1. 5 ・オイスターソース 小さじ1 ・塩胡椒少々と混ぜて合わせ調味料を作る。 2卵 2個 を溶いて酒 小さじ1. 5 と塩胡椒少々を混ぜる。 3フライパンに油をひいて強火で卵を手早く炒める。 4ふんわりした状態になったら皿によけておく。 5再びフライパンに油をひいて強火でニラ・人参・きくらげを炒める。 6ニラがしんなりしたら卵を戻して合わせ調味料を加える。 中華料理ではなく韓国料理ですが、酢豚と相性が良い献立です。 簡単に出来てあっさりしているので、酢豚の箸休めになる付け合わせです。 ナムルの作り方• 1下準備・ほうれん草と人参 適量 の大きさを揃えて長さ5cm程に切っておく。 醤油 小さじ1. 5 ・胡麻油 大さじ1. 5 ・鶏ガラスープの素と塩少々・白ごま 大さじ1 をボウルに混ぜておく。 2鍋にお湯を沸かし、にんじん・もやし・ほうれん草の順に2分程茹でる。 3水気を切って冷ましたら調味料の入ったボウルに入れて混ぜる。 おかずとして食べても良いですし、ご飯や焼きそばにかけても美味いメニューです。 材料を炒めて味を付けるだけなのでとても簡単に作る事が出来ます。 五目あんかけの作り方• 1下準備・鶏ガラスープの素 小さじ2 をお湯300ccで溶いてから、醤油 大さじ2 ・酒 大さじ1 ・砂糖 大さじ1 ・胡麻油 大さじ1 ・オイスターソース 小さじ1 ・塩胡椒少々と混ぜる。 きくらげ 適量 は水で戻しておく。 白菜 3~4枚 ・チンゲン菜 1株 ・人参 彩り用に適量 は食べやすい大きさに切っておく。 2フライパンに油をひいて薄切り肉 150g を炒める。 3火が通りにくい物から順番に炒めていく。 4火が通ったら合わせ調味料を加えて煮立たせる。 5水溶き片栗粉 片栗粉大さじ2 を加えて手早く混ぜる。 作るのが難しそうなイメージですが、材料を炒めて蒸すだけなので簡単に作る事が出来ます。 ちまきを付けるだけで、豪華な献立になりますよ。 もち米1合分の材料を紹介するので、もち米の量によって計算してください。 もち米1合分のちまきの材料• もち米 1合• 肉 鶏肉や焼き豚など 50g• 干ししいたけ 2~3個• たけのこ 水煮 30g• その他お好みの野菜など 適量• 干ししいたけの戻し汁 1カップ• 醤油 小さじ1• 砂糖 少々 3合に小さじ1• 酒 小さじ2• 塩 少々• 胡麻油 小さじ2• 竹の皮 笹の葉でも可 適量 ちまきの作り方• 1下準備・もち米を洗って水を切っておく。 干ししいたけを水で戻しておく。 竹の皮は濡れ布巾で拭いておく。 具は1cm角に切っておく。 2鍋に胡麻油を熱してもち米も含め具を全て炒める。 3もち米につやが出てきたら干ししいたけの戻し汁と調味料を加えて炒める。 4炒めたもち米を竹の皮で三角になるように包む。 紐を使っても良し。 かにたまを作るのは少し面倒くさいと思う方におすすめです。 卵焼きにカニカマを入れれば、かにたまの様な味になります。 あんをかけるだけで簡単に中華料理に早変わりします。 あんかけ卵の作り方• 1下準備・卵焼きを作る。 鶏ガラスープの素少々を出し汁 130cc で溶かしておく。 2フライパンに出し汁・砂糖 小さじ2 ・醤油 小さじ1 ・塩少々を煮立たせて水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1 を加えて混ぜる。 3とろみが付いたら卵焼きにかけて完成!• 4フライパンで丸く焼くとなんちゃってかにたまになる。 牛肉を炒めるだけではなんだか物足りないと思った時は、餅を入れてみましょう。 餅を入れるだけでボリュームも増しますし、餅の食感が良いアクセントになります。 餅と牛肉炒めの作り方• 1下準備・餅 適量 を食べやすい大きさに切っておく。 2耐熱皿に餅と水を入れてふんわりラップをして電子レンジで1分温める。 3フライパンに胡麻油をひいて牛肉 餅と同量 を炒める。 4色が変わったら餅を加えて炒める。 5餅に焼き色が付いたら焼肉のたれ 適量 で味を付ける。 普通の麻婆豆腐よりもあっさりしているのが特徴です。 辛くないので辛いのが苦手な方でも食べる事が出来ます。 普通の麻婆豆腐と酢豚だとくどいと思う場合は、白麻婆豆腐に挑戦してみましょう。 白麻婆豆腐の作り方• 1下準備・ねぎ 1本 はみじん切りにしておく。 鶏ガラスープの素 大さじ1 はお湯200ccで溶いておく。 2フライパンに油をひきねぎ・にんにくとしょうが少々を入れて炒める。 3ひき肉 150g を加えて色が変わるまで炒める。 4色が変わったらスープ・酒 大さじ1 ・塩胡椒少々・胡麻油 小さじ1. 5 を加えて煮立たせる。 5煮立ったら豆腐 1丁 を加えて少し煮る。 6水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1. 海老が丸ごと入っているので、見た目も食感も面白い餃子です。 普通の具は入れずに海老だけで作ればヘルシーな餃子になるので、脂っこくありません。 他にも変わった餃子の変わり種レシピがあるので、下の記事を参考にしてみてください。 海老餃子の作り方• 1下準備・海老 適量 は尻尾だけ残し殻をとり背ワタもとっておく。 お腹に切り込みを入れると真っすぐになる。 普通の具も入れる場合は具を作っておく。 2大葉を使う場合は海老を大葉で巻く。 3餃子の皮に海老の尻尾が出るように包む。 4油を多めに揚げ焼きにすると尻尾までカリカリになる。 5普通の具も入れる場合は皮に焼き色が付いたら水を入れて蓋をする。 鶏ガラスープの素と塩胡椒のみの味付けなので、シンプルで優しい味わいです。 メインはこってり、スープはシンプルでバランスを取りましょう。 卵スープの作り方• 1鍋に水500ccと鶏ガラスープの素 大さじ1 ・塩胡椒少々を入れて煮立たせる。 2煮立ったら食べやすい大きさに切ったささみ 1本 を加えて火が通るまで煮る。 3ささみに火が通ったら水溶き片栗粉 片栗粉小さじ2 でとろみを付ける。 4煮立っている鍋をかき回しながら溶き卵 1個 を加える。 5卵を入れ終わってからも数回かき回しすぐ火を止める。 スープですが食べごたえがある料理です。 好きな野菜を何でも入れていいので、酢豚で補えない栄養も補う事が出来るスープです。 春雨スープの作り方• 1鍋に水500ccと食べやすい大きさに切った野菜 好きな物を適量 を加えて煮る。 2野菜が柔らかくなったら10cm程に切った春雨 40g を加えて2~3分煮る。 3鶏ガラスープの素 大さじ1 ・塩胡椒少々を入れて味を調える。 4鍋をかき回しながら溶き卵 1個 を加える。 5卵を入れ終わってからも数回かき回しすぐ火を止める。 春雨スープ同様食べごたえがあるスープです。 お肉も入っているので、食べざかりのお子さんがいる家庭におすすめのメニューです。 ワンタンスープの作り方• 1下準備・ワンタンは包まなくても可。 包む場合はみじん切りにしたねぎ 15cm とひき肉 80g を合わせたものを包んでおく。 2水500cc・酒 大さじ2 ・鶏ガラスープの素 大さじ1 を煮立たせる。 3ワンタンを包まない場合はねぎとひき肉をほぐしながら加え醤油 大さじ1 も加える。 4ワンタンを包まない場合はワンタンの皮 8枚 を1枚ずつ入れる。 包んだ場合は包んだワンタンを加える。 5火が通ったら胡麻油を加える。 煮物やグラタンなど、どう考えても合わないメニューですよね。 前日の残りのおかずがある場合は、そのまま出さずにアレンジすると良いでしょう。 あんかけにしたりオイスターソースで味を調えると、中華風になり酢豚に合わせやすくなります。 魚料理といえば焼き魚やアクアパッツァなどで、中華料理ではあまりありません。 海老やいかを使用する事はありますが、魚はあまり使用しないのです。 酢豚と魚を合わせたい時は、素揚げにしたりあんかけにしたり工夫する必要があります。 酢豚のおすすめ献立・付け合わせを知って食事を楽しもう! 酢豚には中華料理が合います。 しかし中華料理は脂っこい料理が多いので、あっさりした料理も取り入れてバランスを取る必要があります。 献立を考える時は、栄養のバランスや色合いも考えなくてはいけません。 この記事で酢豚のおすすめ献立・付け合わせを知って、美味しい食事を楽しんでください。

次の

揚げない!簡単酢豚 作り方・レシピ

酢豚 レシピ

酢豚について 酢豚とは、中国料理の古老肉 クーラオロウ のことで、下味をつけた角切りの豚肉を使い、衣をつけて油で揚げ、甘酢あんを絡ませたもの。 古老肉は広東料理で、現在では具に野菜や果物を含めた彩りよくフルーティーな味のものが多いです。 また上海方面では、糖醋肉(タンツウロウ)と呼ばれ、具は豚肉のみ、もしくは他の具は少なめで酢と砂糖と醤油を使う比較的シンプルなものを指す場合が多いそうです。 日本に伝わってきた中国料理の中でも酢豚は人気の高い料理ですが、漢字表記が「古老肉」の為、古くなって腐った肉を食べさせられるみたいで印象が悪く、発音も「クーラオロウ」と言いにくかった為、日本では「酢豚」という分かりやすい名前になったと言われています。 酢豚の調理法について 酢豚の基本の作り方は、豚肉を2㎝角に切り、醤油と酒、しょうが汁で下味をつけ揉み込みます。 この時肉を室温に戻すこともポイント。 たけのこ、たまねぎ、にんじん、ピーマンは豚肉の大きさに合わせて切ります。 甘酢ダレの酢、醤油、ケチャップ、砂糖、塩、鶏ガラスープの素、水溶き片栗粉を合わせておきます。 豚肉は片栗粉をまぶし、揚げていき、野菜は油通しをしておきます。 にんじんは電子レンジで加熱しておきます。 フライパンに、大さじ1の油とにんにくを入れて香りをだしたら、甘酢ダレ入れて熱し、豚肉と野菜を絡めて出来上がりです。 ポイントは、火の通りが均一になるように具材の大きさを揃えること、甘酢ダレを熱した後に具を入れることです。 味が絡みやすく美味しく仕上がりますよ。 豚ロースで作る具だくさん酢豚です。 作り方は、肉とピーマン、にんじん、さつまいも、なすを一口大に切ります。 にんじんとさつまいもはレンジで3分加熱します。 フライパンにごま油をしき、肉を炒め、野菜も加えて炒めます。 ケチャップ、酢、醤油などの合わせダレを入れ、水気が飛ぶまで炒めたら出来上がり。 炒めすぎて柔らかくならないよう、食感を残す程度に仕上げるのがポイント。 中華の定番、人気の酢豚のレシピ。 作り方は、肉とピーマン、玉ねぎ、にんじん、椎茸を一口大に切り、肉は塩コショウをし、片栗粉をまぶします。 サラダ油をしいたフライパンで肉を炒め、焼き色が付いたら蒸し焼きに。 別のフライパンで椎茸、にんじん、玉ねぎを炒め、肉とピーマンも加えて更に炒めます。 ケチャップ、醤油、酢などの合わせダレを加え、炒め合わせたら出来上がり。 肉は蒸し焼き後に強火で表面を香ばしく仕上げるのがポイント。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

酢豚に合うおかず・献立27選!簡単付け合わせメニュー・副菜・スープは?

酢豚 レシピ

魚は酢豚には合わせにくいですが、あんかけや一度素揚げにしてから工夫すると中華風になります。 炒めものを作るにしても、味付けはオイスターソースやウェイパーや鳥ガラなどを使うレシピが良いでしょう。 1つ目で中華に統一する事がポイントだと言いましたが、中華料理は基本的に脂っこい料理が多いです。 何も考えない献立にすると、油でくどくなります。 野菜多めの付け合わせや、さっぱりした副菜のレシピを合わせましょう。 ヘルシーとは言えない料理ではありますが、豆腐なので意外とカロリーは低めです。 簡単に作れる素もありますが、1から作れるレシピも紹介します。 辛いのが苦手なら豆板醤を少なめにしてください。 麻婆豆腐の作り方• 1下準備・豆腐 1丁 を30分程おいて水切りする。 ねぎ 1本 はみじん切りにしておく。 鶏ガラスープの素 小さじ1. 5 はお湯1. 5カップに溶いておく。 2フライパンに油 大さじ2 を熱してひき肉 100g を炒める。 3ひき肉に火が通り油が出てきたら、豆板醤 大さじ1 と甜麺醤 小さじ2 を加えて炒める。 4スープと豆腐を入れて煮立ったら弱火で3分程煮る。 5酒 大さじ1 ・醤油 大さじ2 ・胡椒を入れて味を調える。 6ねぎを加えて強火にする。 7水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1. 5 を加えて手早く混ぜる。 エビチリは子供に人気がある料理なので、子供がいるご家庭に特におすすめです。 家で作れば辛さも調節する事が出来ますので、1から作れるレシピを紹介します。 辛いのが苦手なら豆板醤を少なめにしてください。 エビチリの作り方• 1下準備・えび 8尾 を殻つきのまま背ワタを取る。 にんにく 1かけ ・ねぎ 1本 ・しょうが 1かけ をみじん切りにする。 鶏ガラスープの素 小さじ1 はお湯1カップに溶いておく。 2えびを素揚げする。 赤くなったらすぐに取り出す。 3にんにく・しょうが・豆板醤 大さじ1 ・ケチャップ 大さじ2 を強火で焦がさないように混ぜる。 4香が立ったらスープを加えて混ぜる。 5みりん 大さじ2 ・酒 大さじ1 ・塩胡椒少々を加えて味を調える。 6煮立ったらえびを加えて中火で1分程煮る。 7ねぎと水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1. 5 を入れて手早く混ぜる。 中華料理の定番で、大人から子供まで大人気のメニューです。 ポン酢や酢を多めに食べるとさっぱりした味で食べられます。 調味料は好みの味に調節して行きましょう。 餃子の皮が余った場合は、下の記事を参考にしてアレンジしてみてください。 餃子の作り方• 1下準備・キャベツ 200g とにら 1束 をみじん切りにする。 にんにくとしょうが お好みで はチューブがなければすりおろしておく。 2切った野菜と鶏ガラスープの素 小さじ1 ・醤油 小さじ1 ・胡麻油 小さじ1 ・塩胡椒少々をボウルに入れて手で捏ねる。 3皮に具を包む。 4フライパンに油を熱して火を止めてから餃子を並べる。 5再び火を付けて餃子に焦げ目がつくまで焼く。 6強火にして水100ccを加えて蓋をする。 7水が無くなってきたら蓋を開けて残りの水分を飛ばす。 鶏もも肉のレシピで紹介していますが、鶏むね肉で作ればもも肉よりヘルシーに食べられます。 ねぎたっぷりで酸味の効いたたれで酢豚の脂っこさを緩和出来ます。 たれの材料が多いのでたれだけ別に材料を記載します。 ユーリンチーのたれの材料• ねぎ 玉ねぎでも可 半分~1本• にんにく・しょうがのすりおろし お好みで• 醤油 大さじ1. 酢 大さじ1. 砂糖 大さじ1• 水 大さじ1• 胡麻油 小さじ2• 酒 小さじ1• はちみつ 小さじ1 ユーリンチーの作り方• 1下準備・鶏もも肉 1枚 の黄色っぽい脂と筋を取る。 鶏もも肉をフォークでさして、酒 大さじ1 と塩胡椒で下味を付けておく。 ねぎはみじん切りにして、たれの材料を全て混ぜておく。 2鶏もも肉に片栗粉をまぶして、余分な粉をはたく。 4揚げる場合は皮を下にして多めの油で揚げ焼きにする。 5皮がこんがりしたら、裏返して弱めの中火で10分程揚げ焼きにする。 6バットで油を切り3分程放置する。 その間に中まで火を通す。 豆腐よりも茄子の方が食べごたえがあるので、ひき肉の量を減らしてもボリュームはあります。 くどいと思う場合はひき肉を減らしてみても良いでしょう。 麻婆茄子の作り方• 1下準備・にんにく 1かけ ・しょうが 1かけ ・ねぎ 10cm をみじん切りにする。 茄子 3~6本 はヘタを取り8等分に切り素揚げする。 鶏ガラスープをお湯1カップで溶いて醤油 大さじ2 と塩胡椒少々を混ぜて合わせ調味料を作る。 2フライパンに油をひいてにんにく・しょうが・ねぎを炒める。 3香が立ったら強火でひき肉 150g を炒める。 4ひき肉に火が通ったら豆板醤 小さじ1 を鍋肌に加えて炒める。 5香が立ったら茄子を加えて炒め、混ざったら合わせ調味料を加える。 6煮立ったら水溶き片栗粉 片栗粉大さじ1 を加えて手早く混ぜる。 家で作れば中の具は自由に調節出来ます。 ひき肉よりも野菜や春雨を多めに入れればヘルシーになります。 ノンフライヤーや多めの油で揚げ焼きにすると、油が少なくなるのでくどくなりません。 春巻きの作り方• 1下準備・干ししいたけ 2~3個 と春雨 40g は水につけて戻しておく。 人参 40g ・たけのこ水煮 80g ・干ししいたけは長さ5cm程の千切りにする。 しょうが 適量 はみじん切りにする。 2フライパンに油をひいてしょうがを炒める。 3香が立ったらひき肉 150g を炒めて、人参・たけのこ・干ししいたけの順に炒める。 4春雨と干ししいたけの戻し汁 40cc ・鶏ガラスープの素 小さじ1 ・酒 大さじ1 ・みりん 大さじ1 ・オイスターソース 小さじ1 ・胡麻油 大さじ1 を全て入れて水分を飛ばす。 5水溶き片栗粉 片栗粉小さじ2 でとろみをつけたら冷ましておく。 6皮に具を包む。 最後の端は水溶き小麦粉を糊にしてくっつける。 7きつね色になるまで揚げたら完成! 定番の酢豚に合うおかず・献立の付け合わせ・副菜のレシピ7つ目は、かにたまです。 カニカマを使用しても十分美味しく作る事が出来ます。 酢豚で肉と野菜が食べられるので、かにたまと合わせた献立にすると卵も食べられてバランスが良くなります。 かにたまの作り方• 1下準備・干ししいたけ 2~3個 は1カップの水に30分以上つけて戻す。 戻し汁は130cc取っておく。 たけのこ水煮 50g ・干ししいたけ・ねぎ 1本 は長さ5cm程の千切りにする。 2フライパンに油をひいてしいたけとたけのこを炒める。 3全体に油が回ったらかにとねぎを加えて炒め冷ましておく。 4ボウルに卵 6個 を溶いて、酒 小さじ2 ・砂糖 小さじ1 ・塩少々と炒めた具とかに 90g を混ぜ合わせる。 5フライパンにサラダ油 大さじ5 を強火で熱して卵を一気に加える。 6卵を軽く混ぜながら半熟状になったら丸く整える。 7卵をひっくり返して10秒程焼いたらお皿に盛る。 8フライパンに干ししいたけの戻し汁と、砂糖 小さじ2 ・醤油 小さじ1 ・片栗粉 小さじ1 ・鶏ガラスープの素と塩少々を加えて混ぜ合わせ、強火で煮立てる。 中華料理で統一していくとどうしても脂っこくなってしまうので、あっさりした料理も作りましょう。 バンバンジーはとても簡単に作れますしあっさりしているので、酢豚と相性が良いです。 お好みでトマトをスライスしても美味しいです。 バンバンジーの作り方• 1下準備・醤油 大さじ3 ・砂糖 大さじ1強 ・酢 大さじ1 ・胡麻油 大さじ1 ・ごま 好きなだけ をしっかり混ぜ合わせてソースを作る。 きゅうり 適量 は千切りにする。 2鶏肉 好きな部位を好きなだけ を茹でるかレンジでチンする。 レンジの場合は酒を振りかけラップをふんわりかけて2分~3分加熱する。 3鶏肉が冷めたら小さく裂く。 包丁で切ると美味しくないので注意。 4お皿にきゅうりをドーナツ状に盛り付ける。 茄子を蒸すだけなのでとても簡単に作る事が出来ます。 蒸すのさえ面倒くさい場合は、電子レンジで加熱するだけでも出来るので時短にもなります。 蒸し茄子の作り方• 1下準備・茄子 適量 はヘタを落として縦半分に切り、切り離さないように立てに切り目を入れる。 水に5分程付けてあくを抜く。 ねぎ 15cm はみじん切りにしておく。 2茄子を強火で10~12分程蒸す。 3冷たくして食べたい時は、粗熱を取り冷蔵庫で1時間冷やす。 4ねぎと醤油 大さじ3 ・酢 大さじ2 ・砂糖 小さじ1 ・胡麻油 大さじ1 を混ぜてソースを作る。 5茄子にソースをかける。 和食のイメージもあるニラ玉ですが、調味料を少し変えるだけで中華料理に早変わりします。 酢豚とは違う色合いで色鮮やかな食卓になります。 勿論味の相性もバッチリです。 中華風ニラ玉の作り方• 1下準備・きくらげ 適量 を水で戻し石づきを取る。 ニラと人参 適量 の大きさを揃えて長さ5cm程に切っておく。 鶏ガラスープの素少々をお湯大さじ3で溶いてから酒 小さじ1. 5 ・オイスターソース 小さじ1 ・塩胡椒少々と混ぜて合わせ調味料を作る。 2卵 2個 を溶いて酒 小さじ1. 5 と塩胡椒少々を混ぜる。 3フライパンに油をひいて強火で卵を手早く炒める。 4ふんわりした状態になったら皿によけておく。 5再びフライパンに油をひいて強火でニラ・人参・きくらげを炒める。 6ニラがしんなりしたら卵を戻して合わせ調味料を加える。 中華料理ではなく韓国料理ですが、酢豚と相性が良い献立です。 簡単に出来てあっさりしているので、酢豚の箸休めになる付け合わせです。 ナムルの作り方• 1下準備・ほうれん草と人参 適量 の大きさを揃えて長さ5cm程に切っておく。 醤油 小さじ1. 5 ・胡麻油 大さじ1. 5 ・鶏ガラスープの素と塩少々・白ごま 大さじ1 をボウルに混ぜておく。 2鍋にお湯を沸かし、にんじん・もやし・ほうれん草の順に2分程茹でる。 3水気を切って冷ましたら調味料の入ったボウルに入れて混ぜる。 おかずとして食べても良いですし、ご飯や焼きそばにかけても美味いメニューです。 材料を炒めて味を付けるだけなのでとても簡単に作る事が出来ます。 五目あんかけの作り方• 1下準備・鶏ガラスープの素 小さじ2 をお湯300ccで溶いてから、醤油 大さじ2 ・酒 大さじ1 ・砂糖 大さじ1 ・胡麻油 大さじ1 ・オイスターソース 小さじ1 ・塩胡椒少々と混ぜる。 きくらげ 適量 は水で戻しておく。 白菜 3~4枚 ・チンゲン菜 1株 ・人参 彩り用に適量 は食べやすい大きさに切っておく。 2フライパンに油をひいて薄切り肉 150g を炒める。 3火が通りにくい物から順番に炒めていく。 4火が通ったら合わせ調味料を加えて煮立たせる。 5水溶き片栗粉 片栗粉大さじ2 を加えて手早く混ぜる。 作るのが難しそうなイメージですが、材料を炒めて蒸すだけなので簡単に作る事が出来ます。 ちまきを付けるだけで、豪華な献立になりますよ。 もち米1合分の材料を紹介するので、もち米の量によって計算してください。 もち米1合分のちまきの材料• もち米 1合• 肉 鶏肉や焼き豚など 50g• 干ししいたけ 2~3個• たけのこ 水煮 30g• その他お好みの野菜など 適量• 干ししいたけの戻し汁 1カップ• 醤油 小さじ1• 砂糖 少々 3合に小さじ1• 酒 小さじ2• 塩 少々• 胡麻油 小さじ2• 竹の皮 笹の葉でも可 適量 ちまきの作り方• 1下準備・もち米を洗って水を切っておく。 干ししいたけを水で戻しておく。 竹の皮は濡れ布巾で拭いておく。 具は1cm角に切っておく。 2鍋に胡麻油を熱してもち米も含め具を全て炒める。 3もち米につやが出てきたら干ししいたけの戻し汁と調味料を加えて炒める。 4炒めたもち米を竹の皮で三角になるように包む。 紐を使っても良し。 かにたまを作るのは少し面倒くさいと思う方におすすめです。 卵焼きにカニカマを入れれば、かにたまの様な味になります。 あんをかけるだけで簡単に中華料理に早変わりします。 あんかけ卵の作り方• 1下準備・卵焼きを作る。 鶏ガラスープの素少々を出し汁 130cc で溶かしておく。 2フライパンに出し汁・砂糖 小さじ2 ・醤油 小さじ1 ・塩少々を煮立たせて水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1 を加えて混ぜる。 3とろみが付いたら卵焼きにかけて完成!• 4フライパンで丸く焼くとなんちゃってかにたまになる。 牛肉を炒めるだけではなんだか物足りないと思った時は、餅を入れてみましょう。 餅を入れるだけでボリュームも増しますし、餅の食感が良いアクセントになります。 餅と牛肉炒めの作り方• 1下準備・餅 適量 を食べやすい大きさに切っておく。 2耐熱皿に餅と水を入れてふんわりラップをして電子レンジで1分温める。 3フライパンに胡麻油をひいて牛肉 餅と同量 を炒める。 4色が変わったら餅を加えて炒める。 5餅に焼き色が付いたら焼肉のたれ 適量 で味を付ける。 普通の麻婆豆腐よりもあっさりしているのが特徴です。 辛くないので辛いのが苦手な方でも食べる事が出来ます。 普通の麻婆豆腐と酢豚だとくどいと思う場合は、白麻婆豆腐に挑戦してみましょう。 白麻婆豆腐の作り方• 1下準備・ねぎ 1本 はみじん切りにしておく。 鶏ガラスープの素 大さじ1 はお湯200ccで溶いておく。 2フライパンに油をひきねぎ・にんにくとしょうが少々を入れて炒める。 3ひき肉 150g を加えて色が変わるまで炒める。 4色が変わったらスープ・酒 大さじ1 ・塩胡椒少々・胡麻油 小さじ1. 5 を加えて煮立たせる。 5煮立ったら豆腐 1丁 を加えて少し煮る。 6水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1. 海老が丸ごと入っているので、見た目も食感も面白い餃子です。 普通の具は入れずに海老だけで作ればヘルシーな餃子になるので、脂っこくありません。 他にも変わった餃子の変わり種レシピがあるので、下の記事を参考にしてみてください。 海老餃子の作り方• 1下準備・海老 適量 は尻尾だけ残し殻をとり背ワタもとっておく。 お腹に切り込みを入れると真っすぐになる。 普通の具も入れる場合は具を作っておく。 2大葉を使う場合は海老を大葉で巻く。 3餃子の皮に海老の尻尾が出るように包む。 4油を多めに揚げ焼きにすると尻尾までカリカリになる。 5普通の具も入れる場合は皮に焼き色が付いたら水を入れて蓋をする。 鶏ガラスープの素と塩胡椒のみの味付けなので、シンプルで優しい味わいです。 メインはこってり、スープはシンプルでバランスを取りましょう。 卵スープの作り方• 1鍋に水500ccと鶏ガラスープの素 大さじ1 ・塩胡椒少々を入れて煮立たせる。 2煮立ったら食べやすい大きさに切ったささみ 1本 を加えて火が通るまで煮る。 3ささみに火が通ったら水溶き片栗粉 片栗粉小さじ2 でとろみを付ける。 4煮立っている鍋をかき回しながら溶き卵 1個 を加える。 5卵を入れ終わってからも数回かき回しすぐ火を止める。 スープですが食べごたえがある料理です。 好きな野菜を何でも入れていいので、酢豚で補えない栄養も補う事が出来るスープです。 春雨スープの作り方• 1鍋に水500ccと食べやすい大きさに切った野菜 好きな物を適量 を加えて煮る。 2野菜が柔らかくなったら10cm程に切った春雨 40g を加えて2~3分煮る。 3鶏ガラスープの素 大さじ1 ・塩胡椒少々を入れて味を調える。 4鍋をかき回しながら溶き卵 1個 を加える。 5卵を入れ終わってからも数回かき回しすぐ火を止める。 春雨スープ同様食べごたえがあるスープです。 お肉も入っているので、食べざかりのお子さんがいる家庭におすすめのメニューです。 ワンタンスープの作り方• 1下準備・ワンタンは包まなくても可。 包む場合はみじん切りにしたねぎ 15cm とひき肉 80g を合わせたものを包んでおく。 2水500cc・酒 大さじ2 ・鶏ガラスープの素 大さじ1 を煮立たせる。 3ワンタンを包まない場合はねぎとひき肉をほぐしながら加え醤油 大さじ1 も加える。 4ワンタンを包まない場合はワンタンの皮 8枚 を1枚ずつ入れる。 包んだ場合は包んだワンタンを加える。 5火が通ったら胡麻油を加える。 煮物やグラタンなど、どう考えても合わないメニューですよね。 前日の残りのおかずがある場合は、そのまま出さずにアレンジすると良いでしょう。 あんかけにしたりオイスターソースで味を調えると、中華風になり酢豚に合わせやすくなります。 魚料理といえば焼き魚やアクアパッツァなどで、中華料理ではあまりありません。 海老やいかを使用する事はありますが、魚はあまり使用しないのです。 酢豚と魚を合わせたい時は、素揚げにしたりあんかけにしたり工夫する必要があります。 酢豚のおすすめ献立・付け合わせを知って食事を楽しもう! 酢豚には中華料理が合います。 しかし中華料理は脂っこい料理が多いので、あっさりした料理も取り入れてバランスを取る必要があります。 献立を考える時は、栄養のバランスや色合いも考えなくてはいけません。 この記事で酢豚のおすすめ献立・付け合わせを知って、美味しい食事を楽しんでください。

次の