イメージ アーカイブ。 画像検索

フジカラーイメージアーカイブディスク : 富士フイルム [日本]

イメージ アーカイブ

治療の一環から「開発のための研究」という実感へ 臨床試験・治験は「モルモット」「実験台」になるという印象を持っている人たちがいる一方で、参加前は「自分のための新しい治療」という印象を持っていたという人たちもいました。 臨床試験・治験は本来「研究」であって、自分の病気を治すための「治療」とは異なるのですが、医療機関でおこなわれることもあり、「新しい治療のひとつ」「治療の一環」というとらえる人もいます(「参加した理由」「臨床試験・治験特有の仕組み」参照)。 しかしながら、臨床試験・治験に参加してそこで働く医療従事者とのかかわりやそのプロセスから、治験は新薬を作るために必要不可欠なステップであると具体的に理解することに至った人や、以前に参加した治験の薬の有効性が確立されなかったことを知って、それが「自分のための治療ではなく、薬を開発するためのもの」だったのだという認識になった人などがいました。 高額アルバイトという悪印象 臨床試験・治験は本来、お金のために参加すべきものではなく、新しい治療法や検査法の開発に貢献するためのボランティアですが、近年テレビの番組やインターネットのアルバイト情報サイトなどで、健常者を対象とする治験の第1相試験が手軽に高額の収入を得られる手段として取り上げられることがあり、それによってイメージが悪化していると話している人もいました。 次の人は、自分は第3相試験に参加したようですが、第1相試験が高額のアルバイトであるかのようにテレビで特集されたのを観て、第1相試験に対して良い印象を持てなくなった上に、世間的には「治験=高額アルバイト」という印象なのではないかと感じているようでした。 「健康と病いの語りデータベース」は、国際組織DIPEx Internationalの加盟団体である、認定NPO法人 健康と病いの語りディペックス・ジャパン(通称:ディペックス・ジャパン)によって運営されています。 「健康と病いの語りデータベース」は、英国オックスフォード大学のDIPEx研究グループ(Health Experience Research Group)が開発したデータ収集・分析・公開の手法を用いて作られた、日本で唯一のDIPEx公式サイトです。 ディペックス・ジャパンは認定NPO法人です。 皆さまからのご寄付は税控除の対象となります。 『患者主体の医療の実現』を目指しているディペックス・ジャパンへのご支援・ご参加をよろしくお願いいたします。

次の

「アーカイブ」の意味や使い方とは?Gmailやインスタの機能も解説

イメージ アーカイブ

英語で「記録保管所」の味。 普通は複数形で使われる。 NHKが総合テレビのに放送している「NHKアーカイブス」は、NHKの過去の番組から選んで放送している。 その保管所にあたる建物の「NHKアーカイブス」はテレビ放送の開始から50年の2003年2月1日、埼玉県川口市に開館した。 「アジア最大の映像保管施設」を標榜し、館内の「番組公開ライブラリー」では、権利処理を終えたNHKの代表的な番組6000本を無料で検索、視聴できる。 でも社内のアーカイブセンを新設するなどの動きが目立つ。 デジタル時代を迎えて、への配信などの2次利用の道が開けているからだが、過去の名番組でもビデオが残っているものは少ない。 隈元信一 朝日新聞記者 / 2008年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 複数のファイルを一つにまとめること。 あるいはまとめたファイル。 書庫ともいう。 その他、インターネットで古いソフトウェアや発言、メッセージなどをまとめて保存している場所をさす場合もある。 本来は古記録、、記録保管所を意味する言葉。 一般的にコンピュータなどにおいてファイルをまとめる時、圧縮することが多い。 それによって容量を小さくできるため、データの保存やネットワークなどで転送する際により便利になる。 圧縮しながらまとめるため、圧縮アーカイブとよぶこともある。 アーカイブを行うためのソフトをアーカイバーarchiverといい、LZH、Zip、CAB、TAR、sitなど、さまざまなファイル形式がある。 ファイルを受け取った側は、専用のソフトを使ってアーカイブ前の状態に戻すことで、元のファイルを利用できる。 この作業を展開あるいは解凍とよぶ。 [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

イメージ・アーカイブ

イメージ アーカイブ

概要 今さら訊けないさくらのクラウド超入門、前回は でサーバとディスクを増やす方法を学びました。 今回は、基本設定を行ったディスクを「アーカイブ」として残す方法と、アーカイブからディスクを作成し、そのディスクを使ったサーバを起動するまで試します。 ( ) 解説 アーカイブとは、仮想マシン用ディスクの「テンプレート」 さくらのクラウドのサーバには、OSのファイルシステムを記録するストレージ領域としての「ディスク」が取り付け可能です。 このディスク作成時の元になるテンプレートを「アーカイブ」と呼びます。 アーカイブとは、OS のファイルシステムや、初期設定などを済ませた仮想マシン用ディスク・イメージのテンプレートとも言えるでしょう。 さくらのクラウドに馴染みがない方には「アーカイブ」という概念が分かりづらいかもしれません。 汎用的な仮想化技術での用語に置き換えると「仮想マシン・イメージ」の「テンプレート」がさくらのクラウドの「アーカイブ」です。 そもそも、さくらのクラウドにおける「仮想マシン」(VM; Virtual Machine)とは、物理的な概念の「サーバ」を、そのまま仮想的にクラウド環境上で置き換える概念です(そのため、インスタンスとは少し異なります)。 物理的なサーバであれば、マシンの筐体上に CPU やメモリ、そして「ディスク」が搭載されています。 さくらのクラウドでは、物理的な概念の「ディスク」を、そのまま仮想マシン上でも利用可能なのです。 つまり、さくらのクラウドの「ディスク」は仮想マシンの概念上における「ディスク・イメージ」のことであり、データを保存する「ストレージ領域」でもあります。 それだけでなく、物理的なディスクと同様に、コピーしたり、ディスクだけマシンから外し、別のマシンに取り付けたり、あるいは破棄したりできる特長があります。 そして、この「ディスク」を、仮想マシン概念におけるテンプレート(のディスク・イメージ)として汎用的に扱える概念が「アーカイブ」です。 アーカイブは単なるディスクと異なり、あらかじめ OS がインストール済みかつサーバとして最低限利用可能な状態にセットアップ済みのものです。 さらに、アーカイブはサーバを起動する前に、直接ディスク内の情報を変更可能です。 例えば、仮想マシン内の OS が認識するホスト名や IP アドレス、root 等の管理者のパスワードもアーカイブを元にした変更が可能です。 仮想サーバの作成時、「CentOS」や「Debian」や「Ubuntu」など、OS を選択できます。 その OS 選択は、各 OS をサーバ用途として使うため、最低限必要な設定を済ませたものであり、さくらのクラウドでは「パブリックアーカイブ」と呼んでいます。 つまり、パブリックアーカイブとは、誰でも利用可能で、公開済みの仮想マシン・テンプレートです。 パブリックアーカイブはサービス側で提供していますので、内容の修正を行えません。 しかし、自分でアーカイブを作成することはできます。 なお、ディスクのコピー(クローン)とアーカイブは、どちらもコピー元のディスクをベースとして複製します。 そのため、一見すると機能としては似ていますが、用途が違います。 コピーは純粋にディスクの複製を作成します。 対してアーカイブは、再利用を前提としたテンプレートのために複製するため、アーカイブを元にしたディスク修正機能(ホスト名の設定、管理者アカウントのパスワード設定、スタートアップスクリプトの自動実行、など)が利用できます。 ちなみにアーカイブは1つのゾーンでしか利用できません。 他のゾーンでアーカイブを使いたい場合は、アーカイブの共有機能を使って、コピーする必要があります。 他のゾーンへアーカイブをコピーするには、詳しくは。 ディスクからアーカイブを作成する手順 それでは、実際にアーカイブを作成してみましょう。 アーカイブの作成(ディスクのコピー)は、サーバが起動したままの状態でも可能です。 しかし、ファイルシステム上に書き込みが完了していない情報は保存されません。 特段の理由がない限り、アーカイブを作成されたい場合は、サーバの電源を停止した状態での作業を推奨します。 さて、アーカイブの作成手順は、まず対象のディスクを選択します。 サーバ一覧画面から、対象サーバをダブルクリックして詳細を表示し、 「ディスク」のタブをクリックします。 そして、そこに表示されるディスク名をクリックします。 次は、対象のディスクに関する詳細情報が画面に出ています。 右上メニューの「コピー」をクリックします 「コピー先」の「アーカイブ」をクリックし、「次へ」をクリックします。 (ここでディスクを選択すると、アーカイブ用ではなく、単純に同じディスクのコピーを作成します) 次の画面では、「名前」に自分が分かりやすいものを入力します。 「説明」は特に入力しなくても構いませんが、用途などを書いておくと、あとからディスク一覧画面でも表示されるので便利です。 ほかにもタグやアイコンも指定できます。 入力後は「作成」をクリックします。 クリック後はアーカイブ作成作業が進行します。 ステータスが「成功」になったら「閉じる」をクリックします。 ここには自分が作成したアーカイブが一覧で表示できます。 この画面でアーカイブの名前を変えたり、削除したり、様々な操作ができます。 アーカイブを使ってサーバを作成するには アーカイブを作る手順は通常のサーバ追加とほぼ変わりません。 違うのはパブリックアーカイブに替わり、自分で作成したアーカイブを元にディスクを作るところです。 手順としては、まずサーバ一覧画面から「追加」をクリックします。 そして、もし「シンプルモード」が有効な状態(青いチェックボックスに印が入っている)場合は、クリックしてシンプルモードを解除し、通常のサーバ追加画面に切り替えます。 切り替えた後も、再びチェックボックスをクリックすると、シンプルモードに戻れます。 それから、CPUやメモリを選択した後、画面を下にスクロールし、ディスクでは「ディスクソース」(作成するディスクのコピー元)の項目を探し、「マイアーカイブ」をクリックします。 そして、「ディスク修正」を行うにチェックをいれ、ホスト名(OS上で認識するホスト名)や管理者パスワードを再設定します。 もしここでディスク修正を行わなければ、サーバ起動時に IP アドレスの自動書き換えができず、インターネットから接続できなくなります。 その場合は、サーバのコンソール機能を使い、ブラウザ経由でログインし、サーバ内で IP アドレスの情報を書き換えます。 さらにスクロールし、「サーバの情報」では myserver2 など分かりやすいサーバ名をつけます。 「説明」に記述した内容は、あとからサーバ一覧上でも表示されます。 サーバの用途やメモなど、必要に応じて記入します。 あとは、画面を下までクリックし、「作成」をクリックします。 以降の手順は通常のサーバ作成と同じです。 サーバの作成が完了すると、サーバ一覧画面にも表示されます。 サーバの起動が完了していたら、ログインもできます。 一連のチュートリアルをお試しであれば、はじめから Docker と WordPress がセットアップされた環境が利用できます。 SSH での接続や、ブラウザからの表示を確認しましょう。 振り返り 今回は「アーカイブ」を扱いました。 アーカイブとは、仮想マシンのディスク・イメージのテンプレートにあたります。 「アーカイブ」を作成するにはディスクをコピーする必要があります。 サーバの初期設定を済ませたディスクのアーカイブを作っておけば、サーバ作成時にアーカイブをもとにしたディスクを作成できるため、毎回の手間を省けます。 参考情報•

次の