松本 清張 証言。 黒い画集 (新潮文庫)

黒い画集 (新潮文庫)

松本 清張 証言

収録作品 [ ]• (初出:『』1956年8月号)• (初出:『小説新潮』1956年4月号)• なぜ「星図」が開いていたか(初出:『』1956年8月)• 反射(初出:『小説新潮』1956年10月号)• (初出:『別冊小説新潮』1956年10月号)• (『小説新潮』1955年12月号) 評価 [ ] 本短編集により1957年3月、第10回を受賞した。 会長・は、清張の作品のいずれを選ぶか種々意見は分かれいろいろ議論された結果、『顔』その他として、圧倒的な支持により全会一致で受賞が決定した旨を述べた、という。 書誌情報 [ ]• 顔(1956年10月、ロマン・ブックス)• 日本推理作家協会賞受賞作全集 9 顔(1995年5月12日、、) 小説「顔」 [ ] 顔 作者 国 言語 ジャンル 発表形態 雑誌掲載 初出 『』 1956年8月号 収録 『顔』 1956年10月、 「 顔」(かお)は、松本清張の。 『』1956年8月号に掲載、1956年10月短編集『顔』に収録された。 またはそれを原作とする、。 あらすじ [ ] この節には内容がありません。 して下さる協力者を求めています。 2020年4月 書誌情報(小説「顔」) [ ]• 顔(1956年10月、ロマン・ブックス)• 顔・白い闇 : 他三篇(1959年、)• 張込み 傑作短編集〔五〕(1965年12月17日、、)• 松本清張全集 第36巻 地方紙を買う女 短編2(1973年2月15日、、)• 日本推理作家協会賞受賞作全集 9 顔(1995年5月12日、、)• 松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る - オリジナルセレクション(2009年5月、、)• 松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る - 原武史オリジナルセレクション(2013年2月16日、、) 映画 [ ] 顔 監督 大曽根辰夫 脚本 井手雅人 製作 岸本吟一 出演者 音楽 撮影 配給 公開 上映時間 104分 製作国 言語 この節のが望まれています。 1957年1月22日に系にて公開された。 松本清張原作の初映画化作品。 現在は化されている。 主役は新進のファッションモデル・水原秋子となっている。 ストーリー [ ] 東海道線上を走る夜行列車から、男が転落し死亡する事件が発生した。 闇で堕胎手術を請け負っていた無免許医の飯島だった。 病院の死体置場に花束が届けられるが、奇怪なことにその送り主は女であるというだけで正体は不明であった。 事故と判断されていたが、当初から不審を抱いていた刑事の長谷川は殺人ではないかという意を強くする。 花束を送ったのは水原秋子であった。 秋子は水商売で働いていたが、あるきっかけからファッション・モデルになるチャンスを得、成功をつかもうと必死になっていた。 秋子にはプロ野球選手・江波彰という恋人もいた。 しかし、秋子の過去を知る男・飯島哲次が秋子の未来にとっての障害であった。 同じ夜行列車内で秋子と飯島は言い争いになり、飯島は列車から転落した。 秋子と飯島の言い争いを偶然目撃した石岡は秋子が落としたコンパクトを現場から持ち去った。 石岡は目撃談をネタに警察やマスコミから小金を得るとともに、秋子にも接近していく。 キャスト [ ]• (水原秋子)• (石岡三郎)• (長谷川刑事)• (江波彰)• (三村容子)• (小島刑事)• (石渡部長刑事)• (久子)• (加倉井)• (飯島哲次)• (牧野)• (前田記者)• (医者)• (花屋の主人)• (待合の女将)• (ショウのマネージャー)• (スカウト)• (鑑識課員)• (刑事) 他 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:・• 撮影:• 音楽:• 美術:• 録音:• 照明: エピソード [ ]• 『顔』の映画化権は『』と同時に買われている。 このうち『張込み』の映画化は大船調を志向するが難色を示したために遅れたが、本映画は、東宝から松竹への移籍を控えた岡田茉莉子を主演とするため、主人公を女性に変更、このため『張込み』より早く城戸のゴーサインが得られ、ひと足早い公開となった。 公開前の岡田の誕生日(1月11日)には、大雪の降る中、原作者が岡田のもとを訪れ、伊万里焼のつぼを贈った。 岡田はその後も清張原作の映像作品に出演したが、原作者から「何が一番気に入っている?」と聞かれ、「みんな好きだけどやはり最初の作品の『顔』でしょうか」と答えている。 テレビドラマ [ ] この節のが望まれています。 1958年版 [ ] 、系列の「名作劇場」枠にて放映。 キャスト• スタッフ• 脚本:• 監督:• 制作: 1959年版 [ ] 、系列の「木曜観劇会」枠(20:00-21:45)にて放映。 キャスト• 井野良吉:• 石岡貞三郎:• スタッフ• 脚本:• 音楽:• 制作: 1960年版 [ ] と(20:30-21:00)、KRテレビ(現:)系列の「」枠、「松本清張シリーズ・黒い断層」の一作として2回にわたり放映。 キャスト• 井野良吉:• 石岡貞三郎:• スタッフ• 脚本:• プロデューサー:• 演出:• 制作: 1962年版 [ ] と(22:15-22:45)、の「松本清張シリーズ・黒の組曲」の1作として2回にわたり放映。 キャスト• スタッフ• 制作: 1963年版 [ ] 、NET(現・)系列の「シオノギ」枠(22:00-23:00)にて放映。 1957年公開映画のテレビ版リメイク。 主演は映画同様大木実。 キャスト• 井野良吉:• 石岡貞三郎:• 山田ミヤ子:• スタッフ• 脚本:• 演出: 1966年版 [ ] 、制作・の「」枠(21:00-21:30)にて放映。 キャスト• スタッフ• 脚本:• 監督:• 制作: 1978年版・1 [ ] 松本清張おんなシリーズ 心の影 ジャンル 原作 松本清張『顔』 脚本 監督 坂崎彰 出演者 製作 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 21:55 放送枠 日曜劇場 「 松本清張おんなシリーズ・心の影」。 、系列の「」枠(21:00-21:55)にて放映。 視聴率19. 2%(調べ、関東地区)。 新劇の女優・良枝を主人公としている。 キャスト• 井野良枝:• 山田竜夫:• 速水崇:• 石岡貞三郎:• 川口伸子:• 田村刑事:• 石岡安子:• 管理人:• 警官:• 声優:• アナウンサー:• ショーの出演者:• そば屋の店員:• 声優:• スタッフ:• 刑事: スタッフ• 脚本:• プロデューサー:• 監督:• 製作: 1978年版・2 [ ] 松本清張の「顔」 死の断崖 ジャンル 原作 松本清張『顔』 脚本 監督 水川淳三 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 22:24 放送枠 土曜ワイド劇場 「 松本清張の「顔」・死の断崖」。 、系列の「」枠(21:00-22:24)にて放映。 視聴率14. 5%(調べ、関東地区)。 キャスト• 井野良子:• 塚本俊:• 石岡貞三郎:• 小宮一郎:• 映画監督:• スタッフ• 脚本:• プロデューサー:• 監督:• 助監督:• 音楽:• 撮影技術:• 照明:• 美術:• 制作: 1982年版 [ ] 松本清張の「顔」 ジャンル 原作 松本清張『顔』 脚本 安本莞二 監督 合月勇 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 21:00 - 21:55 放送枠 金曜ミステリー劇場 回数 4 「 松本清張の「顔」」。 からまで、系列の「」枠(21:00-21:55)にて全4回の連続ドラマとして放映。 平均視聴率18. 1%(調べ、関東地区)。 ライブハウスの人気歌手・夏川ケイを主人公に設定している。 キャスト• 夏川ケイ:• 夏川ユキ:• 山下京介:• 三村:• 島内タツ子:• 石岡定三郎:• 古海一郎:• 永井弘:• 野末: スタッフ• 脚本:• 監督:• 音楽:• 制作:、• 1999年版 [ ] 松本清張特別企画 顔 ジャンル 原作 松本清張『顔』 脚本 演出 出演者 製作 プロデューサー (大映テレビ) 大西明子(TBS) 松本陽一 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 22:54 「 松本清張特別企画・顔」。 21:00-22:54、系列にて放映。 視聴率15. 4%(調べ、関東地区)。 女優を目指す井野良子を主人公に設定している。 キャスト• 井野良子: (女優志望のアルバイター)• 石岡貞子: (則夫の同級生の知人)• 寺島則夫: (自動車修理工場勤務。 良子とは半同棲)• 吉脇真: (劇団員。 資産家の息子)• 沢木雄二: (監督)• 高沢: (プロデューサー)• 山岸: (ディレクター)• 松木宏:• スナックのママ:• スナックの客:• 劇団員:、、• 宮地:• 刑事:、• 授賞式の司会:• 部長夫人:• 訓練所の指導者:• 研究生:、• 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 スタッフ• 脚本:• プロデューサー:(大映テレビ)、大西明子(TBS)、松本陽一• 演出:• 音楽:• 撮影協力:、、、、、、 ほか• 制作:大映テレビ、エヌエス企画、 2009年版 [ ] 松本清張ドラマスペシャル 顔 ジャンル 原作 松本清張 脚本 演出 伊勢田雅也 出演者 音楽 国・地域 言語 製作 制作統括 加賀田透 製作 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 放送時間 火曜 21:00 - 22:13 放送分 73分 回数 1 松本清張生誕100年を機に「松本清張ドラマスペシャル」としてテレビドラマ化され、にての21時から22時13分に放映。 化されている。 キャスト• 井野良吉:• 山田ミヤ子・葉山瞳:• 石岡貞三郎:• 田村刑事:• 杉本:• 石井昌吾:• 林田:• 中江刑事:• 石岡美智子:• 女給:• 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 スタッフ• 原作:松本清張「顔」(劇中劇:『』〈作:、訳:〉)• 脚本:• 演出:• 音楽:• 撮影技術:• 技術:• 編集:• 照明:• 音声:• 映像技術:• 美術:• 制作統括:• 制作・著作: 2013年版 [ ] 松本清張スペシャル 顔 ジャンル 原作 松本清張 『顔』 脚本 演出 出演者 製作 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 23:14 放送分 134分 特記事項: フジテレビ開局55周年特別番組 「 松本清張スペシャル 顔」はの21:00 - 23:14、開局55周年特別番組として放送。 時代設定はとその9年後としている。 主演は松雪泰子。 キャスト• 小暮 涼子(女優に憧れる大衆酒場勤務の女性) -• 瀬川 真奈美(飯村の幼馴染) -• 飯村 恭三(涼子が勤める酒場に現れた紳士風の男) -• 岸本 靖男(映画プロデューサー) -• 豊田 幸作(真奈美の夫) -• 石井 国光(映画監督) -• 瀬川 和子(真奈美の養母) -• 矢澤 憲太郎(劇團白楊座マネージャー) -• 森坂 彰夫(八幡警察署刑事) -• 新堂 哲彦(俳優) -• 田村 正道(八幡警察署刑事) -• 五十嵐 晶子(女優) -• その他 - 、、、、、、、 スタッフ• 脚本 -• 音楽 -• 演出 -• 演出補 - 渡邉昭寛• VFX - 小林一博、古川雄大• フードコーディネーター - 市原智津子• 方言指導 - 仲野元子• 撮影協力 - 京都市フィルムオフィス、、、川崎事業所• 企画協力 - 菊地実• 協力 - 、エス・エヌ企画、日本文学振興会松本清張賞事務局• プロデュース -• プロデュース補 - 見戸夏美• 制作著作 - フジテレビ 脚注 [ ] []• 「『点と線』以前の初期単行本」(『松本清張研究 vol. 2』(1997年、砂書房)に収録)中に引用された記録「探偵小説界展望」を参照した。 なお、クラブ賞選考決定会は、2月24日邸で行われた。 ・大木実・西村雄一郎「映画『張込み』(野村芳太郎監督)撮影現場からの証言」(『松本清張研究』第2号(1997年、砂書房 収録)参照。 『松本清張の世界』(1992年、文藝春秋臨時増刊、2003年、)に掲載された岡田のアンケート回答を参照。 ドラマトピックスブログ. NHKブログ 2009年9月25日. 2014年10月16日閲覧。 2009年12月10日. 2020年4月24日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2009年12月11日. 2020年4月24日閲覧。 navicon 2013年10月3日. 2013年10月4日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• [ ] - 2009年版テレビドラマの公式サイト。 - 2013年版テレビドラマの公式サイト。 系列 前番組 番組名 次番組.

次の

顔 (松本清張)

松本 清張 証言

NHK・BSプレミアムで9日(後9:00〜10:29)、ドラマ『黒い画集〜証言〜』が放送される。 60年以上前に書かれた松本清張の短編小説「証言」は何度も映像化され、今回で7度目となる。 しかも、今回は、舞台を現代に置き換え、主人公(男)の不倫相手を女性から男性に変更。 この大胆なアレンジについて、原作関係者は「清張もこの脚色を面白がると思う」と太鼓判を押したという。 男はそれを家族に隠し通すため、ある事件について「偽証」せざるを得なくなる。 普通の人がほんのちょっと道を踏み外したことから、とめどなく転落していく様子が、それはそれはホントに恐ろしいお話なのです」と評価する。 令和版『証言』では、原作のエッセンスはそのままに、現代日本ならではの磨きをかけ、バイセクシャルや偽装結婚という現代的な要素を取り入れながら、耐える妻の思いもよらない逆襲をビビッドに描く。 主人公・石野貞一郎役で主演するのは、。 妻・幸子を、貞一郎の不倫相手、梅沢智久をが演じる。 谷原も松本清張作品の魅力について「罪を犯したことがないような善良な市民が、ふとしたきっかけで別の一面をあらわにしていく。 そんな心の奥底を描く人間描写が魅力でしょうか。 これは誰にでも起こりうる物語だという観点で見ていただけると、より一層楽しめると思います」と、語っていた。 「設定を変更したことで舞台を現代にした必然性がグッと増し、ラストまで見応えのあるものになった」と、朝原監督の脚本を絶賛する。 谷原は「同性愛の設定が加わったことで、原作よりさらに複雑で挑戦的な内容になったと思う」と、大胆なアレンジに怯むことはなかった。 役作りのために年末年始も節制し、7キロちかく減量して撮影に臨んだらしい。 相手役の浅香も「僕が谷原さんの不倫相手役という設定変更には驚きましたが、グッと作品の求心力が強まった気がします。 僕自身、役者としてもチャレンジングな作品となりました」と、コメント。 谷原と浅香のラブシーンの撮影は、金沢ロケの初日、冬の夜、野外だったそう。 「撮影場所が燃え盛る陶芸窯のそばだったのが救いでした。 ラブシーンは、谷原さんがとても上手にリードしてくださって、円滑に進みました…今思い返すと少し照れくさいですね」(浅香)。 「浅香さんと以前に共演したときはここまで近しい関係の役柄ではなかったので、楽しみにしていました。 実際に役で相対してみて、改めてとても色気がある役者さんだと感じました」(谷原)。 そんな2人の様子を撮影現場で目の当たりにした西田は「とても美しくて純粋で、嫉妬してしまうほどでした」。 金沢ロケでは、「オフの日においしいラーメン屋さんを調べて一人で並んで食べたのですが、次の日の撮影の時にその話しをしたら、谷原さんも浅香さんも、おいしいものがお好きなので、仕事終わりにおふたりで『行くぞ!』とラーメン屋さんに向かっていました(笑)」と仲良しエピソードも明かしている。 今作の妻・幸子は、愛する夫の偽証、そして真実の告白と裏切りを許すことができるのか。 西田は「幸子の天真爛漫さの奥に潜むしたたかさ、それがとても怖くて物語に引き込まれます。 幸子の心理にご注目下さい。 それと、ラストが原作とは違っているので、そこも楽しみに見ていただけたら。 原作とは異なるラストに違っているので、そこも楽しみに見ていただけたら」と促していた。 人間はその弱さゆえに、失敗を犯し、嘘を吐き、裏切り、犯罪に手を染めてしまう。 犯罪にこそ踏み込まないまでも、たいていの人が多かれ少なかれ同じ経験をしていて、それゆえ小説の登場人物たちは、たちまち読者の身近な隣人となります。 今回のドラマの主人公たちもそれぞれに弱さを抱えた普通の人間たちです。 どこにでもいる普通の人間は、誰もが抱える弱さを支え合うための愛情を必要としていて、けれど、その愛情の形は一つではなく、単純ではありません。 愛情は自身からも相手からも発せられますが、それを突き詰めると、一体、自身のための愛情なのか、相手のための愛情なのか分からなくなる。 そんな、どこにでもいる私たちの生活にも潜んでいるはずの弱さと愛情が、主人公たちに引き起こす悪夢を九十分の束の間、お楽しみいただければと思います。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

谷原章介と浅香航大が不倫関係に、松本清張の「証言」を大胆アレンジ加えドラマ化(映画ナタリー)

松本 清張 証言

あらすじ やりての商社マン石野は部下の千恵子と不倫関係にあった。 千恵子の家からの帰り道、 顔見知りの保険外交員杉山とすれ違いざま思わず挨拶を返してしまう。 石野は杉山が余計なことを言いふらさないか気がかり。 ある日、杉山が殺人事件の容疑者として逮捕される。 石野は警察から杉山のアリバイの証言を求められる。 しかし、小市民の悲しさ、保身のために偽証してしまう。 感想 「因果応報」という言葉がピッタリの話。 主演は「クイズハンター」柳生博。 嫁さんは初代峰不二子である。 ヒロインは市毛良枝。 「理想の花嫁ナンバーワン」と呼ばれていたお方である。 音楽が「」っぽいと思ったら同じ菅野光亮さん。 早くに亡くなられたのが残念。 映画は「」 テレビドラマは1962年、1965年、 本作、1992年、2004年と計5回。 ひとつの原作から生まれた映像化作品を 全部観れるようなDVDの企画ってないもんかね。 まあ製作会社が違ったりいろいろややこしいだろうけど。 836• 724• 303• 704• 223• 479• 20 月別ブログ•

次の