ヤンツォンジャン。 【FF7リメイク】ツォンの声優と情報まとめ【FF7R】|ゲームエイト

ヒルナンデス 洋葱醤(ヤンツォンジャン): ひろさん日記

ヤンツォンジャン

中国の陝西省(せんせいしょう)の省都の西安(シーアン)は唐の都の長安だったところです。 城壁で囲まれ、今でもその城壁がかなり残っています。 ヨーロッパや中国では、都市が城壁の中にあったところも多いようです。 この世界遺産の多い西安は歴史の遺物もたいへん多く、一大観光都市です。 この西安の名物料理の一つがこのヤンロウパオモーです。 羊の骨でだしを取ったスープに羊肉、春雨、木耳、それにちぎった小麦粉で作ったパンのようなものを入れて煮込んでいます。 塩味で羊肉の油が多く、濃い味ですが、ちぎったナンのようなパンにそれがよくしみこんでいます。 日本のラーメンのような器に盛って食べますが、小葱をかけ、唐辛子みそ、シロップ漬けニンニクをお好みで加えます。 最近では日本の東京の池袋に、このヤンロウパオモーを食べさせてくれるお店もあるようです。 西安は大雁塔(三蔵法師がインドから持ち帰ったお経を保管)、碑林、街から少し離れますが、兵馬俑博物館(大きな体育館のような建物の中の下に兵馬俑がたくさんあり、観光客は二階の観覧ルートから見下ろす)、秦始皇帝陵、華清池等、観光するところは結構あります。 観光地で、こそどろもいるので、ご注意ください。 ここでまた言葉のお話です。 西安弁(陝西弁)は普通話(標準語)に近い言葉ですが、なまっています。 そのなまりは、さらに四川省のある西側へ行けば行くほど強くなっていく感じがします。

次の

ツォルクSDがオーバメヤン問題を語る

ヤンツォンジャン

SCフライブルクとの試合に先立ち、ボルシア・ドルトムントのスポーツディレクター、ミヒャエル・ツォルクがピエール=エメリク・オーバメヤンの問題について言及し、「あらゆる話し合いにおいて、ある条件の下でなら移籍に合意する準備があると伝えた」ことを明かした。 「我々は状況を落ち着かせ、彼の家族とも話し合った」 「オーバはこの10日間、とてもよく練習している」。 キックオフ前、ツォルクは有料TVチャンネル、Skyのインタビューに対してそう語った。 「我々は物事を真剣にとらえなければならない。 この1月、彼は2つの規律違反を犯した。 まずボルフスブルク戦前のチームミーティングを無断で欠席した。 そして先週は、ヘルタ戦に向けた練習を真剣にやらなかった。 そのため、我々は彼に懲罰を与えた。 彼は完全には集中できていなかったからね。 我々は状況を落ち着かせ、彼の家族とも話し合った」 オーバメヤンとチームとの関係について チームとは何も問題ない。 この数日、練習セッションはほぼすべて見ているが、彼は必死に取り組んでいるよ。 ファンに不快感を示されるかもしれないことも覚悟している。 プロとしてきちんと対処できるはずだ。 ルール違反について チームはそれを受け入れないし、受け入れるべきではない。 我々には全員に適用される明確なルールが必要だ。 だが正直に言えば、メディアの影響も一部ある。 オーバはこの10日間、とてもよく練習し、今日の試合にも出たいと言ってきた。 チームもそれに100%合意している。 すべては今後の彼の行動にかかっているね。 チームとは和解しているし、選手間にも大きな問題はない。 チーム内での会話も多く、彼がピッチに戻ってきたことを皆が喜んでいるよ。 アーセナルへの移籍の可能性について オーバが望む移籍のことはわかっているが、我々の立場は明確だ。 彼は加入5年目。 ある条件の下でなら移籍に合意する準備があると伝えた。 あくまでも、その条件が満たされればだがね。 アーセナルからは何度がオファーがあったが、すべて断った。 なのでどういう結果になるかわからない。 我々の条件が満たされるかもしれないし、彼は残るかもしれない。 そのことは彼の家族とも話し合い、受け入れてもらっている。 文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ 【関連記事】 ・ ・ ・.

次の

ヒルナンデス 洋葱醤(ヤンツォンジャン): ひろさん日記

ヤンツォンジャン

中国の陝西省(せんせいしょう)の省都の西安(シーアン)は唐の都の長安だったところです。 城壁で囲まれ、今でもその城壁がかなり残っています。 ヨーロッパや中国では、都市が城壁の中にあったところも多いようです。 この世界遺産の多い西安は歴史の遺物もたいへん多く、一大観光都市です。 この西安の名物料理の一つがこのヤンロウパオモーです。 羊の骨でだしを取ったスープに羊肉、春雨、木耳、それにちぎった小麦粉で作ったパンのようなものを入れて煮込んでいます。 塩味で羊肉の油が多く、濃い味ですが、ちぎったナンのようなパンにそれがよくしみこんでいます。 日本のラーメンのような器に盛って食べますが、小葱をかけ、唐辛子みそ、シロップ漬けニンニクをお好みで加えます。 最近では日本の東京の池袋に、このヤンロウパオモーを食べさせてくれるお店もあるようです。 西安は大雁塔(三蔵法師がインドから持ち帰ったお経を保管)、碑林、街から少し離れますが、兵馬俑博物館(大きな体育館のような建物の中の下に兵馬俑がたくさんあり、観光客は二階の観覧ルートから見下ろす)、秦始皇帝陵、華清池等、観光するところは結構あります。 観光地で、こそどろもいるので、ご注意ください。 ここでまた言葉のお話です。 西安弁(陝西弁)は普通話(標準語)に近い言葉ですが、なまっています。 そのなまりは、さらに四川省のある西側へ行けば行くほど強くなっていく感じがします。

次の