アンモニア 電離 式。 アンモニアはなぜアルカリ性を示すのか?

塩化アンモニウムとアンモニウムを混合したときのpHの求め方 【OKWAVE】

アンモニア 電離 式

1.電離とはどんな現象か? イオンの電離に関する問題を解けるようになるためには、まず電離という現象について理解することが大切です。 塩化ナトリウムや酢酸などのように 陽イオンと陰イオンの組み合わせによって成っている物質は水に溶かすことによって陽イオンと陰イオンに分かれます。 この現象を 電離と言います。 ただ、必ずしも溶かした物質全てが電離を起こすわけではありません。 塩化ナトリウムの場合にはほとんど全てがナトリウムイオンと塩化物イオンに電離していますが、酢酸の場合には一部は酢酸分子のまま水に溶解します。 塩酸のような強酸についてもほとんど全ての分子が水素イオンと塩化物イオンに電離します。 この現象は電離平衡の偏りによって起こるもので、一般的に塩酸のような強酸はほぼ完全に電離を起こしますが、酢酸のような弱酸は一部しか電離しません。 塩化ナトリウムのような電解質も通常は全て電離して水に溶解します。 2.質量作用の法則から電離を定式化してみよう 物質が水溶液中で電離する現象は数式によって定式化することができます。 電離平衡が起こったときに、どのような成分がどの程度の割合で存在しているかを求めるには 質量作用の法則を用います。 これは化学平衡が成立しているときに、 反応物質の各濃度の積と、生成物質の各濃度の積の比が一定温度の条件下では定数になるというものです。 このときのKを 平衡定数と言い、温度が決まれば一定の値を示します。 そして、このときにどれだけの割合が電離しているかを電離度と言います。 初期のABの濃度をCとすると次のような式で表すことが可能です。 3.酢酸の電離について考えてみよう それでは電離平衡にある 酢酸水溶液中の水素イオンの濃度を求めてみましょう。 そのため、平衡定数をKとすると質量作用の法則により次のような等式が成り立ちます。 そのため、これを左辺に移して計算し、K[H 2O]をあらためて酸の解離定数Kaと定義すると次のような等式になります。 これを代入するとKaは次のように解くことが可能です。 Cは酢酸の初期濃度なので与えられている数値です。 酸の解離定数についても実験的に計測されて定数値として提示されるため、その値を代入して計算すれば良いということになります。 04よりも大きい場合で、上述の仮定をして計算した結果がもし0. 06などの大きな値になったときには二次方程式を解かなければなりません。 4.弱塩基の電離についても同じ 酢酸のような弱酸の電離によって水素イオンの濃度がどうなるかを計算することができましたが、弱塩基についても同様にして計算することが可能です。 例えば、 アンモニアの電離について考えてみると質量作用の法則から次のような等式が成り立ちます。 ただし、気をつけなければならないのが酢酸の場合には水素イオンの濃度を求めましたが、 全く同じように計算すると塩基の場合には[OH-]を求めることになるという点です。 水の解離定数Kwを用いると次のような等式が成り立ちます。 Kw、C、Kbは条件が整えば全て定数なので水素イオンの濃度が計算できるのです。

次の

中学理科【高校入試】イオン式と電離式一覧まとめと問題

アンモニア 電離 式

電解質と電離平衡 電解質には水に溶けてほぼすべてが電離するものと、少ししか電離しないものがあります。 塩化水素などの強酸や水酸化ナトリウムなどの強塩基のようにほぼ完全に電離する物質を「 強電解質」といいます。 酢酸などの弱酸やアンモニアなどの弱塩基のように溶けた一部しか電離しない物質を「 弱電解質」といいます。 弱電解質を水に溶かすと一部が電離しイオンになりますが、生じたイオンと電離していない分子とは平衡状態となっています。 このように電離して平衡状態になっている状態を「 電離平衡」といいます。 94、水酸化ナトリウム:0. 91、 酢酸:0. 016、アンモニア:0. 013、 程度です。 ここまでは化学平衡と同じなので慣れてきたと思います。 ここから少しややこしい式になりますが、平衡時の濃度を文字を使って表せるようになればそれほど難しくはありません。 電離度を理解して、平衡時の濃度を「しっかり書き出す」ことをすれば関係式は出せるようになります。 ついでに弱塩基の電離平衡も見ておきます。 質量作用(化学平衡)の法則で大切なのは、 弱酸、弱塩基に限らず平衡時における各物質の濃度を書き出すこと。 だといえますよね。 平衡にはいろいろなものがあります。 イオン濃度などの計算問題はその後です。

次の

中学理科【高校入試】イオン式と電離式一覧まとめと問題

アンモニア 電離 式

見出し• 電離式 電離式を記号として覚えようとしても難しいと思います。 2つの要点を抑えて覚えていけると良いと思います。 電子のやり取り 塩化水素の水溶液(塩酸)は の様に水素イオンと塩化物イオンに電離します。 塩素の方は電子が外側に7個で、1つもらえると8個になって安定します。 水素の方も電子が外側に1個で、1つもらえると2個になって安定します。 塩素が1つあげてしまうと6個になってバランスが悪いですね。 水素が1つあげると0個ですが、一番外側に余りが無い状態で、これはバランスが良いんですね。 そのため上記電離式のように水素の電子を塩素に移動したような状態になると理解すると良いと思います。 塩化銅は の様に銅イオンと塩化物イオンに電離します。 まず左辺と右辺の原子の個数を合わせます。 ですから、 が1個、 が2個できます。 塩化物イオンの が1価の陰イオンであることは覚えましょう。 これは電子を1つ多く持っています。 は2個できるはずです。 なので2つ分電子を銅イオンとして頂き として2価の陽イオンとすることで辻褄があります。 そのような決まっているものは良く現れます。 こういったものは記号かもしれませんが、どんどん覚えていってしまうと良いです。 例えば は水素イオン、 は水酸化物イオンです。 酸性とアルカリ性はこれらのイオンの偏りで決まるのでこれらはまず覚えるべきイオンでしょう。 すると自然と は水素イオンが出てくるはずなので、残った塩化物イオンもわかりやすいと思います。 左向きの矢印 アンケートにてご指摘いただきました! 二酸化炭素の電離式ですが、 としておりますが、 ではないか?というご指摘です。 二酸化炭素はご指摘の通り、左向きの矢印を書いた方が正確です。 他にも、酢酸やアンモニアは、 の様に書いたほうが正確です。 が、中学生では習わないでしょうから、両方を載せておくようにしたいと思います。 ありがとうございました! 電離式一覧 以下、特に全部覚える必要はないと思いますが何かの確認等でご確認頂けたらと思います。 また、電離式は必ずしも一つではなく、他の電離式になる場合もありますので、ご参考まで。

次の