軍事 速報。 [速報]北朝鮮「境界地域での訓練再開」 南北軍事合意の破棄示唆│北朝鮮│wowKora(ワウコリア)

軍事速報

軍事 速報

中国とインドの対立深刻化、「売り言葉に買い言葉」で軍事衝突示唆も 国境問題を巡る中国とインドの対立が深刻化している。 インドのジャイトリー国防相が自国について「もはや1962年のインドではない」と発言すると、 中国政府・外交部の耿爽(ゲン・シュアン)報道官は「中国も1962年の中国とは違う」と発言。 1962年は中印間で戦争が発生した年だ。 耿報道官はさらに、「深刻な結果を招かぬよう、直ちに部隊を撤退させよ」とも述べるなど、双方の応酬が続いている。 対立深刻化のきっかけは、中国軍がブータンとの係争地に向け道路の建設を始めたことだった。 インドは安全上の問題にかかわるとして隣接するシッキム州に兵力を展開した。 中国側はインド側が越境したと非難。 自国が根拠とする1890年締結の「中英会議蔵印条約(チベット・シッキム)」による境界線を、英国から独立後のインド政府も認めてきたと主張。 インド軍が作った塹壕(ざんごう)を破壊するなどもした。 しかしインド側は、該当地域における国境線は未確定であり、交渉が必要と主張している。 ブータン・ニュース・ネットワークは6月28日、中国とブータンは国境問題について交渉をしてきており、中国側は具体的な提案を示したこともあると指摘する一方で、「インドは戦略面の理由からブータンの対中外交を制限している」と批判する記事を掲載した。 中国とインドは1962年、国境をめぐる対立やインドがダライ・ラマの亡命を受け入れたことで、大規模な軍事衝突であり事実上の戦争である中印国境紛争を起こしている。 双方とも相手側の侵入が発端だったと主張しているが、実際には周到な準備をしていた中国側が圧勝した。 続き 続き インドのジャイトリー国防相は7月2日までに、「1962年と情勢は異なる。 2017年のインドは同じではない」と発言。 すると中国外交部の耿報道官は3日の記者会見で「彼(ジャイトリー国防相)の言ったことは正しい。 2017年のインドは1962年のインドとは同じでない。 同じように、2017年の中国も1962年の中国と同じではない」と発言し、双方の主張は「売り言葉に買い言葉」状態になった。 耿報道官はさらに、5日の記者会見で「深刻な結果を招かぬよう、直ちに部隊を撤退させよ」と主張。 中印両国は、双方が軍事衝突すら示唆する発言の応酬を繰り返す状態になった。 中国は1962年以降、インドとの直接の対決は最小限に抑え、インドと対立するパキスタンの支援に力を入れるようになった。 現在の中印両国の直接の緊張状態は1962年以来のレベルとされている。 ブランドN級品通販• 2020年05月08日 13:20• 日本超人気スーパーコピーブランド時計激安通販専門店 2020年最高品質時計コピー、国際ブランド腕時計コピー、 業界唯一無二. 世界一流の高品質ブランドコピー時計。 高品質のロレックス時計コピー、カルティエ時計コピー、IWC時計コピー、 ブライトリング時計コピー、パネライ時計コピー激安販売中 商品の数量は多い、品質はよい。 gmt78. htm.

次の

【速報】イラン、軍事行動を宣言 革命防衛隊司令官殺害は「イラン国民に対する戦争行為。開戦に等しく、(二国間関係は)新たな段階に」

軍事 速報

中国とインドの対立深刻化、「売り言葉に買い言葉」で軍事衝突示唆も 国境問題を巡る中国とインドの対立が深刻化している。 インドのジャイトリー国防相が自国について「もはや1962年のインドではない」と発言すると、 中国政府・外交部の耿爽(ゲン・シュアン)報道官は「中国も1962年の中国とは違う」と発言。 1962年は中印間で戦争が発生した年だ。 耿報道官はさらに、「深刻な結果を招かぬよう、直ちに部隊を撤退させよ」とも述べるなど、双方の応酬が続いている。 対立深刻化のきっかけは、中国軍がブータンとの係争地に向け道路の建設を始めたことだった。 インドは安全上の問題にかかわるとして隣接するシッキム州に兵力を展開した。 中国側はインド側が越境したと非難。 自国が根拠とする1890年締結の「中英会議蔵印条約(チベット・シッキム)」による境界線を、英国から独立後のインド政府も認めてきたと主張。 インド軍が作った塹壕(ざんごう)を破壊するなどもした。 しかしインド側は、該当地域における国境線は未確定であり、交渉が必要と主張している。 ブータン・ニュース・ネットワークは6月28日、中国とブータンは国境問題について交渉をしてきており、中国側は具体的な提案を示したこともあると指摘する一方で、「インドは戦略面の理由からブータンの対中外交を制限している」と批判する記事を掲載した。 中国とインドは1962年、国境をめぐる対立やインドがダライ・ラマの亡命を受け入れたことで、大規模な軍事衝突であり事実上の戦争である中印国境紛争を起こしている。 双方とも相手側の侵入が発端だったと主張しているが、実際には周到な準備をしていた中国側が圧勝した。 続き 続き インドのジャイトリー国防相は7月2日までに、「1962年と情勢は異なる。 2017年のインドは同じではない」と発言。 すると中国外交部の耿報道官は3日の記者会見で「彼(ジャイトリー国防相)の言ったことは正しい。 2017年のインドは1962年のインドとは同じでない。 同じように、2017年の中国も1962年の中国と同じではない」と発言し、双方の主張は「売り言葉に買い言葉」状態になった。 耿報道官はさらに、5日の記者会見で「深刻な結果を招かぬよう、直ちに部隊を撤退させよ」と主張。 中印両国は、双方が軍事衝突すら示唆する発言の応酬を繰り返す状態になった。 中国は1962年以降、インドとの直接の対決は最小限に抑え、インドと対立するパキスタンの支援に力を入れるようになった。 現在の中印両国の直接の緊張状態は1962年以来のレベルとされている。 ブランドN級品通販• 2020年05月08日 13:20• 日本超人気スーパーコピーブランド時計激安通販専門店 2020年最高品質時計コピー、国際ブランド腕時計コピー、 業界唯一無二. 世界一流の高品質ブランドコピー時計。 高品質のロレックス時計コピー、カルティエ時計コピー、IWC時計コピー、 ブライトリング時計コピー、パネライ時計コピー激安販売中 商品の数量は多い、品質はよい。 gmt78. htm.

次の

速報

軍事 速報

海自には毎週金曜にカレーを食べる習慣があり、艦船や基地ごとにレシピがある。 横須賀基地を母港とする艦船のカレーで、護衛艦ひゅうがカレー(ビーフ)のほか、同きりしま(ポーク)、砕氷艦しらせ(シーフード)の3種類。 海自の協力で昨年出版された「海上自衛隊のめちゃうまカレーレシピ48」(中経出版)を基に忠実に味を再現した。 海上自衛隊の秘伝レシピで作られたカレーの缶詰が登場した。 YOKOSUKA軍港めぐり汐入ターミナル(神奈川県横須賀市)で9月13日より販売している。 護衛艦ひゅうが、 きりしま、砕氷艦しらせのレシピを元にしたカレーが発売されたそうです。 11月からネット販売も始めるとか。 下のリンクにある海上自衛隊監修の本が、レシピの基になっているそうです。 安倍晋三首相は12日午前、防衛省で開かれた自衛隊の幹部を集めた「高級幹部会同」で訓示し、「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す現実から目 を背けることはできない」と指摘した。 その上で「現実を直視したわが国の安全保障政策の立て直しを進める。 第一に『国家安全保障会議(日本版NSC)』を 創設する」と述べ、秋の臨時国会での法案成立に意欲を示した。 安倍総理が自衛隊の高級幹部会合での訓示で、国家安全保障会議の設立など、安全保障政策の立て直しを行う意思を表明しました。 下の首相官邸ページで訓示全文読めますが、未だに「価値観外交」が出てきて、ウワー…感強い。 会議とかよりも、無線の帯域を自衛隊に下さい。

次の