うど 山菜。 春の山菜「たらの芽・ふき・うど・よもぎ・たけのこ」を詳しく解説!

うどの保存方法・保存期間を解説!大量消費レシピもご紹介します

うど 山菜

うど 山ウド・独活 うど(山ウド・独活)とは? 爽やかな風味が人気の 山うど ウド・独活。 独特の香りが癖になる山菜です。 生える場所も斜面や崖など過酷な場所に生えるので、危険ではありますが良い運動になります。 やのように、 風味が強い山菜らしい山菜の一つです。 風味が強いにも関わらず、色々な料理でおいしく食べることができる 万能選手で、この辺りも人気の理由の気がします。 また、人の手で栽培することもできるので、時期になるとスーパーなどでもよく見かけられます。 ただ、あくまで自分の主観ですが、スーパーのものは白い部分が大きく美味しそうに見えるのですが、やっぱり天然物ほど風味が強くなく、自分で採るものには敵わない気がしています。 (それでも充分美味しいですが!) 山うどは、 塩漬けや 味噌漬けとも相性が良く、漬けると 保存も利くので長い間楽しむことができます。 たくさん採れた時は、樽などで一気に塩漬けしてしまうのもオススメですよ! 名前 うど 呼び名 ウド,山うど,山ウド,独活,山独活 学名 Aralia cordata 分類 ウコギ科タラノキ属 旬の時期 5月~6月 採れる場所 山間部の水気のある崖や斜面によく生えます。 水気のある場所に生えるので、川辺や雪渓などの下にも多く生えます。 食べ方 生のまま味噌をつけて食べても美味しいですが、炒め物や煮物など様々な料理でおいしく食べることができます。 また、先端まで残すところがなく食べることができます。 似ている山菜 シシウド うど(山ウド・独活)の採り方 山うどは平地にも生えていますが、 水気のある斜面などに特によく生えます。 そのため、採りに行く時は スパイクの付いた靴など、安全性の高い装備で行くことが望ましいです。 採るときは土が被っている 根元を少し掘ってあげると、柔らかくて食べやすい白い部分が顔を出します。 この時に根っこから抜いてしまうと翌年から生えてこなくなるため、カッターナイフやハサミ等で付け根部分から切って収穫します。 この時も根元過ぎると翌年からどんどんと細くなってしまうので注意したいところ。 毎年採りに行くのであれば同じ場所では2年連続で採らず、1年休ませてあげると太くて食べ応えのある独活に育ちます。 資源は限られているので、摂り過ぎには注意しましょう。 大きすぎるウドは葉っぱを収穫 せっかく大変な思いをしてウドを見つけても、大きくなりすぎていて収穫できない経験をしたことはありませんか? ウドは大きくなると茎が固くなって、あまり美味しく食べることができません。 そんな時は、先端の方の 若い茎だけ収穫しましょう! ウドの葉っぱも風味が豊かで、 天ぷらで食べるととっても美味!細かく刻んで 味噌漬けにしてもおいしく食べることができるので、是非試してみて下さい! うど(山ウド・独活)の時期 山うどは、場所にもよりますがの後くらいに出始めます。 目安としては4月の終わりくらいから5月くらい。 山間部では、雪渓が解けたあとに出ることもあります。 雪深い場所では、自分は7月に採ったこともあるので、場所によっても大きく変わります。 同じ時期の山菜としては、ウルイやなども一緒に採れますが、地域差があるので参考までに。 うど(山ウド・独活)の見分け方 うど(山ウド・独活)を見分けるポイントですが、似ている山菜は シシウドくらいなので、下記のポイントを抑えておけばまず間違えないでしょう。 茎に毛が生えている• ランダムに枝分かれしている(似ているシシウドは三叉)• 全体から強い風味がする この辺りが山うどの特徴になります。 どうしてもわからない時は、少し折って臭いを嗅いでみましょう。 独特の強い風味は特徴的なので、一番の判断材料になります。 うど(山ウド・独活)の食べ方・アク抜き 山ウドの下処理ですが、他の山菜と違いアク抜きをする必要はありません。 全体的に水洗いすれば、特に捨てるところもなくすべて食べることができます。 うど(山ウド・独活)のレシピ 山ウドの風味を目一杯楽しみたいときは、生で味噌をつけて食べるのがオススメです。 山うどは万能な山菜なので、 味噌汁から 炒め物、 煮物、 味噌漬けなど何でも美味しく食べることができます。 キンピラや肉類と一緒に炒め物にするのもオススメです。 以下にクックパッドで人気の山うどレシピを紹介します。 うど(山ウド・独活)の栽培方法 山うどは根株を園芸店などで購入し、プランターや畑で栽培することができる山菜です。 注意点としては以下の通りです。 畝の高さの目安は10cm前後• 株間は40~50cm開ける• 表面が乾いたら水を与え、乾かないように注意する• 茎が成長してきたらネギのように盛り土をして白い部分を伸ばす 山菜を探す•

次の

山菜図鑑

うど 山菜

春の訪れとともに芽吹き始める 山菜。 食べても美味しく、 山菜採りもレジャーの一環として非常に人気があります。 今では 栽培物も多く出回るようになりましたが、実際に自分で採った 天然物の山菜は、 風味も格別で特に美味しく感じられます。 自分は春になると毎週のように 山菜採りへ出かけますが、実際に自分が採る山菜を中心に、撮影した写真とともに様々な山菜を紹介したいと思います。 食べられる山菜と 食べられない山菜 毒 に分けた 山菜図鑑として、 似ている山菜の見分け方なども紹介します。 春先の 山菜採りのお供に活用して下さい。 季節から探す 山菜採りにオススメの美味しい山菜 山菜採りをする上で抑えておきたい、オススメの美味しい山菜を紹介します。 どれも比較的採りやすく間違えにくい山菜なので、最低限覚えておくようにしましょう! 初心者でも採りやすく美味しい山菜• 食べられる山菜 あ行から始まる名前の山菜• 青みず ヤマトキホコリ• か行から始まる名前の山菜• さ行から始まる名前の山菜• た行から始まる名前の山菜• な行から始まる名前の山菜• は行から始まる名前の山菜• ヒシ 菱• ま行から始まる名前の山菜• や行から始まる名前の山菜• よもぎ 蓬 ら行から始まる名前の山菜• わ行から始まる名前の山菜•

次の

山菜ししうど 山菜きのこ直売所「ちいくろ」

うど 山菜

名称 [ ] 和名 ウドの語源については、古い書物に、葉が生育すると中空になることから宇登呂(うどろ)とよばれ、それが略されてウドとなったという説がある。 漢字では「独活」と書くが、この由来についてはよくわかっていない。 野生種を「ヤマウド」と呼んで栽培種と区別することもあるが、同じ植物である。 中国植物名は土当帰(どとうき)という。 分布・栽培地 [ ] 日本ではから、、までのほか、国外では、、、に分布する。 の林縁など当たりのよい場所か半日陰の地などに自生するが、畑に植えられたり、(むろ)で軟化栽培もされている。 形態・生態 [ ] 大型ので丈が高く、高さ約1 - 1. 5 m に生長し 、大きなもので2 mほどになる。 は円柱形で太く、緑色をしており毛が生える。 はし、2回で三角形をしており、長めの葉柄がつく。 は卵型をしており細かい毛があり、にぎざぎざがある。 花期は晩夏から初秋ごろ(8 - 9月)。 茎の上部に球状の大きなを多数つけ 、柄がある径3 mm ほどの白色もしくは薄緑色の小さなを咲かせる。 花弁は5枚つき、上部は、下部はとなる。 が5本、下位子房に5本のがある。 は、に3 mmほどの球状のが実り、熟すと黒紫色になる。 一果中に3 - 5個の状のをもつ。 種子は鳥によって運ばれ、意外な場所に実生がでることもある。 ・(頃)に芽吹いた小さな苗はとして利用できる。 根茎や根は薬用に使われ、などの、、などを含んでいる。 精油は一般にを刺激する作用があり、内服すれば発汗や血液循環を促進して、便通もよくする働きがある。 タンニンにはがある。 食用 [ ] ウドは山菜として有名で 、若葉、つぼみ、およびの部分がになり、独特の歯ごたえがあり香りもよい。 つぼみや茎は採取期間が短いが、若葉はある程度長期間に渡って採取することができる。 スーパーや八百屋などで見られる白いものは、日の当たらないの室(むろ)で株に土を盛り暗闇の中でした軟白栽培によるもので、のように茎を白く伸ばして出荷する。 の分野では前者を山ウド、後者を白ウドと呼び区別することが多い。 ウドは特産野菜として栽培もされており 、白ウドはを中心としたの()や太田および千堤寺地区特産の「三島うど」などがある。 山ウドはややが強く、として葉や先端をなどにする他、、茹でたものを酢味噌和え、の実とする。 白ウドは前記の他、水でアク抜きをしてやとしても食べられる。 また、皮も柔らかく、短冊切りにしてキンピラにすると美味しいため、白ウドは捨てるところがほとんどない。 一ヶ所から数本のウドの大木が生えている場合は、1本は切り倒してよい。 茎の硬い皮を削ぎ取ると芯の部分はセロリのように美味である。 ここまで大きくなると生のままでもほとんどアクがなく、雑味もない。 また、先端の部分はまだ柔らかいので、若葉や花芽がまだ出ていないものは摘んで天婦羅にできる。 ただし、があるので、食べる際注意が必要。 山中に生える物は太く立派だが、平地の林等に生える物は生長しても細い事が多い。 東京うど 薬用 [ ] 通例根茎をにしたものを 独活(どくかつ)、もしくは 和独活(わどっかつ) 、あるいは 土当帰(どとうき) と称し、独活葛根湯などの各種漢方処方に配剤されるほか、根も和羌活として薬用にされる。 生薬にするときは、秋の10 - 11月ころに根茎や根を掘り取って陰干しとし、半ば乾いたところを湯につけて土砂と細根を取り除いて、厚さ0. 5 - 1 cm の輪切りにしてから、さらに陰干しか天日干しして調製する。 では、の初期症状、、、などに、和独活を1日量3 - 10を水400 - 600 でとろ火で煮詰めた煎じ液(水性エキス)を3回に分けて服用すると、体を温めるとともに痛みを和らげて顔のむくみに効用があるとされる。 茎葉を使う場合は、9 - 10月の花が咲いている時期に、地上部を刈り取って長さ5 cmに切り刻んで陰干しにしたものを使い、布袋に入れて浴湯料にして風呂に入れると、肩こり、腰痛、冷え症などの鎮痛、補温に役立つといわれている。 また、はウドを「チマ・キナ」(かさぶたの草)と呼び、根をすり潰したものを打ち身の湿布薬に用いていた。 アイヌにとってウドはあくまでも薬草であり、茎や葉が食用になることは知られていなかった。 のの根は唐独活(中国産の 独活 )と呼ばれ、日本薬局方外生薬規格2018に収載されている。 漢方で使う独活は、腰痛に効くセリ科のシシウドの根の部分で、昔は独活の代用品としてウドが使われた。 ウドの名前をもつ他の植物 [ ]• (オニウドとも呼ばれる)、、、 - これらはに属する• - オシロイバナ科ウドノキ属 慣用句 [ ] ウドの大木 (ことわざ)。 前述の通り、ウドは1. 5メートル前後の大きさに育つが、茎が太く育った頃には食用にもならず 、また茎が柔らかすぎて木材にも適さないということから 、転じて「図体はでかいが中身が伴わず、役に立たないもの」のたとえ。 ただし、前述したようにウドは樹木ではなく、草本の一種である。 脚注 [ ]• 米倉浩司『高等植物分類表』北隆館、2010年、重版。。 大場秀章(編著)『植物分類表』アボック社、2010年、第2刷。。 2012年8月4日閲覧。 2200807. 2012年8月4日閲覧。 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2012年8月4日閲覧。 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2012年8月4日閲覧。 170. 152. 287. 171. 本山荻舟『飲食事典』平凡社、1958年12月25日、56頁。 2019年2月12日閲覧。 2019年2月12日閲覧。 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、152頁。 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、77頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、170 - 171頁。 内藤俊彦『秋の花』〈フィールド検索図鑑〉、1995年9月1日、287頁。 山田孝彦、山津京子『万葉歌とめぐる野歩き植物ガイド』、2013年8月15日、初版、65頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 なにわの伝統野菜.

次の