声優養成所 趣味。 至急今声優養成所に通っているんですがクソです。約130枚くらいあ...

養成所に通う

声優養成所 趣味

声優養成所に社会人から行っても声優になれるもんなんでしょうか? はじめに結論を書きます。 『声優になれます!』 実際のところ、現在活躍している声優さんの中にも社会人を経て、 声優となっている方もたくさんいらっしゃいます。 社会人から目指そうとしている方は 20代、30代、40代からでも大丈夫なんだろうか? という不安もあると思います。 特に最近は声優さんも若い人がたくさん出てきており、 低年齢化が進んでいるとも言えます。 声優デビューするまでの一般的な流れとして、 高校を卒業して、専門学校へ行き、そこから声優事務所に所属。 そんなイメージがあると思います。 ですので社会人から声優になんて無理なんじゃないか? と考えてしまうのも仕方ないことです。 ですが、声優養成所でも社会人からもOK というところはたくさんあります。 年齢制限があるところもあれば、 年齢の上限なしといったところまで様々です。 なので、もう一度言いますが、 『社会人からでも声優になることはできます!』 社会人として働きながら、声優の養成所に通う 声優養成所に通いながら社会人として仕事をする。 そんなライフスタイルもありです。 ですが、もしあなたがすでに社会人として 生活基盤が出来ているのでしたら、 それを捨てて、本当にプロの声優を目指してやっていきたいのか? その覚悟があるのかを自分で確認してみてください。 『声優を目指す事が後々の将来、後悔することにならないか?』 本当にプロとしてやっていく覚悟があるのか自問してみてください。 やっぱり自分は声優になるんだという強い思いがあるのでしたら、 挑戦してみるべきかと思います。 これがもしちょっとでも自信がない、少しでも躊躇いがある というのでしたら諦めた方が無難かもしれません。 声優養成所に社会人から入り、すぐ声優になれるなら苦労はしない あなたが声優になりたい、声優を仕事にしたい と思ったきっかけは何でしょうか? 私の場合、アニメが好きというのが始まりになりますが、 それともうひとつ、子供の頃から、 人としゃべるのが苦手で人見知りを克服したい! というコンプレックスがあったところです。 そこから演劇に興味を持ち、 声優になるなら嫌でも人と話すことを仕事にしないといけない。 それを乗り越えてでも声優になる! という覚悟を決めて声優になることを決意しました。 今もアニメは大好きで 現在もアニメオフ会を定期的に開いて仲間を集めてますし、 演劇、声優、演じることは大好きなので 今もこうして事務所に所属しながら演技ワークショップを開いています。 声優養成所で習った練習は 今でも基礎トレーニングとしてやっていますし、 私がワークショップで教えてきたメンバーさんも 演技スキルがどんどん上がっています。 おかげさまでFMラジオ番組やボイスドラマ、 舞台公演など様々な活動もしております。 こういったプロデュースもしてもいますし、 声優としても活動しています。 これらを専業でやっていますし、 他にもwebマーケティングなどの仕事もしております。 好きなことを仕事にして活動していますから、 毎日が非常に楽しいです。 つまり自分が声優として活動していきたいと思って 本気になって努力し、行動していけば、やっていけるんです。 何が言いたいのかと言うと、 これからあなたは声優として、 たとえ今やっている仕事を捨てたとしても 声優としてやっていく覚悟があるかということです。 声優養成所は社会人からでも入るのは簡単!?出るのは… 声優を本気で目指す、絶対やってやるという覚悟はできましたか? 次に声優養成所とはどんなところか? だいたいこんなことをやるというのを書いてみました。 声優養成所は毎週何曜日、数時間、 というような感じでレッスンが始まります。 期間は声優養成所によりますが、 1~2年くらいが一般的かと思います。 そこで舞台公演などの発表会があったり、 所属に向けた終了公演・オーディションといった試験があったりします。 それに受かると晴れて声優事務所に所属できるという流れです。 声優養成所に入るのはそこまで難しいわけではありません。 意外と簡単に入れてしまったりします。 入学オーディションの時は自己PRとその場でセリフが書かれたものを 渡されたりしますので、それを読むという感じが多いです。 このあたり、そこまでハードルが高くないのは、 声優養成所としては、 入ってくれる人がいないとお金にならないからです。 ビジネス的な話になってしまいますが、 結局のところ、入学オーディションの段階で基準を厳しくしてしまうと、 こういったお金で経営していたりするので成り立たなくなってしまうからです。 学費は決して安くはありませんから、 しっかりお金を貯めていくようにしましょう。 入学した後は所属するまで 非常に厳しい道のりをたどることになります。 声優になれるのはごく僅かな人しかなれないですし、 さらに声優だけで飯が食えるようになるまでどのくらい時間がかかるか? そこまで継続してやっていけるのか? そこにかかっています。 これは講師の人も見ていますし、 演技スキルも経験もない、全くの初心者がアピールできることは、 いかにやる気を見せるかにかかっています。 声優養成所にはクラスがあり少なくとも、 20~40人くらいのクラスが複数あったりします。 それだけの人がいる中から 自分をアピールしていかなければなりません。 よく考えてみてください。 これだけの人数がいるのです。 声優は狭き門ですから、 最低限クラスの中で一番を取らないとダメですよね? それでも所属できるかどうか微妙なところです。 これはよく聞く話ですが、 『声優養成所から所属できる確率でいうと100人中1人くらいの計算』 と言われています。 この数字を知った上で声優を目指すことになります。 本気になって誰よりも努力し、個性を磨き、 それでも絶対に声優になれるかというとその保証もない ということがおわかりになりましたでしょうか? 社会人経験を積んだ人は声優になりやすい ここまでかなり厳しいことを書いてますが、 声優を目指すということはそういうことです。 この事実を知っておくだけでもたいぶ違います。 そして、社会人であるからこそ、 声優を目指すのに有利に働くこともあります。 それが 『社会人経験を積んだ人は声優になりやすい』 というものです。 ここまで読んでいただいているあなたは 「絶対に声優になってやる!」 と決めている方だと思います。 だからこそ若い人達と覚悟が違います。 どんなに辛くても、苦しくても、逃げ出したいときでも、 自分が声優になると決めたのだから悔いは無い! それこそ会社をやめてでも声優を目指す勢いです。 社会人の方はこの覚悟があっての決断で動いているので、 絶対にやらなければならない、 という気持ちが他の人よりも1歩も2歩もリードしているのです。 時間的余裕もないですから、声優という夢を追いかけるのに、 無駄なことをしている場合でもないでしょう。 こう断言して動ける人なら、 年齢なんか関係なく声優になることができるでしょう。 声優養成所に入って学ぶこと 声優養成所に入ったらどんなことを学んでいくのでしょうか? 養成所にもよりますが、だいたいこんな感じになるかと思います。 発声、滑舌、朗読、外郎売、エチュード、 演技、演技、演技、演技、演技… ん??演技が何回も!!! そうです。 演技の練習ばかりになります。 この演技というのは声優としてマイク前に立ってやるものではありません。 マイク前でやるなんて1年以上トレーニングを積んで やっとというくらいです。 ですのでマイク前練習はありません。 「声優なのに俳優みたいなことばっかりじゃないか!」 と思うかもしれませんがこれが真実です。 おそらく今活躍している声優さんも、 こういった演技レッスンを積んだ上で、現場に出ているかと思います。 声優とは言え、舞台を踏んで、 体を使って演じることが出来なければ 本当の演技力はつかないのです。 声優の起源をたどると、元々声優という職業はなく、 舞台役者さんが舞台の仕事がなかった代わりに、 仕方なくやっていたというところから 声優という職業が生まれたと言われています。 ですから、基本は舞台演技なのです。 声優を目指すからと言って、 「体を使った演技はしたくない」 「舞台に興味はない」 というのは ほぼ声優になることを否定しているようなものなので 心得ておきましょう。 『人前で演技をする。 これが出来なければ声優になることなんか出来ない』 声優養成所で身につけられること 声優養成所に行くと以下のことを身につけることが出来るようになります。 『しっかりとした声が出せて、声質がよくなる。 』 『表現力、演技力、想像力』 『人間力』 『コミュニケーション力、トーク力』 『見た目、ビジュアル』 こういったことに磨きをかけるようにレッスンが行われます。 声優としての演技力を身につけるだけでなく、 コミュニケーション力や人間力もなければ声優にはなれません。 これは一般企業でも同じことが言えると思います。 定期的に演技ワークショップをやってきて いろんな人を見てきた経験から思うことは、 たとえ演技が上手くても、人付き合いが出来ない人、 自分だけ良ければいい、みたいな人がいると、 それだけで輪が崩れてしまいます。 この人は魅力的だな、という人でないと、 オーディションでは採用されません。 そのため、見た目も大事になってきます。 自分でそれなりに着るものを考え、 髪型や表情、立ち振る舞いにも気を遣っていきます。 こういった人間力も身についていきます。 声優になるということは こういった総合的な人間力がなければならないのです。 声優を目指すことは容易ではないですが、 なることができれば、 本当にやりがいのあるお仕事が待っています。 演技はこれからの将来、様々な場面で 活躍できるスキルになってきたりもします。 演劇のススメではないですが、 これを読んでちょっとでも演技に興味を持った という人が増えれば嬉しいですね。 まとめ ・声優養成所は社会人になってから行っても遅くない! ・プロの声優になるには覚悟がいりますよ! ・すぐ声優になれるなら苦労はない! ・社会人経験を積んだ人は声優になりやすい! ・声優は狭き門!声優養成所に入ったら1番を目指そう! ・声優は人間力がなければキャスティングされない! 無料オンライン講座やってます! 声優になるにはどういったことが必要なのか? オンライン講座(メルマガ)で さらに具体的に説明しています。 業界の現場で仕事をしていた経験を踏まえて、 未経験、スキルゼロ、実績ゼロの状態から プロとして活躍できるレベルまで、 声優養成所や専門学校に行かなくとも、 身につけることができる質の高い情報をお伝えします。 登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください。 声優に必要な基礎的ノウハウなど を詰め込んだ目から鱗が落ちる情報を オンライン講座の中で受け取ることができます。

次の

声優養成所の比較6社!選び方って?

声優養成所 趣味

声優養成所に社会人から行っても声優になれるもんなんでしょうか? はじめに結論を書きます。 『声優になれます!』 実際のところ、現在活躍している声優さんの中にも社会人を経て、 声優となっている方もたくさんいらっしゃいます。 社会人から目指そうとしている方は 20代、30代、40代からでも大丈夫なんだろうか? という不安もあると思います。 特に最近は声優さんも若い人がたくさん出てきており、 低年齢化が進んでいるとも言えます。 声優デビューするまでの一般的な流れとして、 高校を卒業して、専門学校へ行き、そこから声優事務所に所属。 そんなイメージがあると思います。 ですので社会人から声優になんて無理なんじゃないか? と考えてしまうのも仕方ないことです。 ですが、声優養成所でも社会人からもOK というところはたくさんあります。 年齢制限があるところもあれば、 年齢の上限なしといったところまで様々です。 なので、もう一度言いますが、 『社会人からでも声優になることはできます!』 社会人として働きながら、声優の養成所に通う 声優養成所に通いながら社会人として仕事をする。 そんなライフスタイルもありです。 ですが、もしあなたがすでに社会人として 生活基盤が出来ているのでしたら、 それを捨てて、本当にプロの声優を目指してやっていきたいのか? その覚悟があるのかを自分で確認してみてください。 『声優を目指す事が後々の将来、後悔することにならないか?』 本当にプロとしてやっていく覚悟があるのか自問してみてください。 やっぱり自分は声優になるんだという強い思いがあるのでしたら、 挑戦してみるべきかと思います。 これがもしちょっとでも自信がない、少しでも躊躇いがある というのでしたら諦めた方が無難かもしれません。 声優養成所に社会人から入り、すぐ声優になれるなら苦労はしない あなたが声優になりたい、声優を仕事にしたい と思ったきっかけは何でしょうか? 私の場合、アニメが好きというのが始まりになりますが、 それともうひとつ、子供の頃から、 人としゃべるのが苦手で人見知りを克服したい! というコンプレックスがあったところです。 そこから演劇に興味を持ち、 声優になるなら嫌でも人と話すことを仕事にしないといけない。 それを乗り越えてでも声優になる! という覚悟を決めて声優になることを決意しました。 今もアニメは大好きで 現在もアニメオフ会を定期的に開いて仲間を集めてますし、 演劇、声優、演じることは大好きなので 今もこうして事務所に所属しながら演技ワークショップを開いています。 声優養成所で習った練習は 今でも基礎トレーニングとしてやっていますし、 私がワークショップで教えてきたメンバーさんも 演技スキルがどんどん上がっています。 おかげさまでFMラジオ番組やボイスドラマ、 舞台公演など様々な活動もしております。 こういったプロデュースもしてもいますし、 声優としても活動しています。 これらを専業でやっていますし、 他にもwebマーケティングなどの仕事もしております。 好きなことを仕事にして活動していますから、 毎日が非常に楽しいです。 つまり自分が声優として活動していきたいと思って 本気になって努力し、行動していけば、やっていけるんです。 何が言いたいのかと言うと、 これからあなたは声優として、 たとえ今やっている仕事を捨てたとしても 声優としてやっていく覚悟があるかということです。 声優養成所は社会人からでも入るのは簡単!?出るのは… 声優を本気で目指す、絶対やってやるという覚悟はできましたか? 次に声優養成所とはどんなところか? だいたいこんなことをやるというのを書いてみました。 声優養成所は毎週何曜日、数時間、 というような感じでレッスンが始まります。 期間は声優養成所によりますが、 1~2年くらいが一般的かと思います。 そこで舞台公演などの発表会があったり、 所属に向けた終了公演・オーディションといった試験があったりします。 それに受かると晴れて声優事務所に所属できるという流れです。 声優養成所に入るのはそこまで難しいわけではありません。 意外と簡単に入れてしまったりします。 入学オーディションの時は自己PRとその場でセリフが書かれたものを 渡されたりしますので、それを読むという感じが多いです。 このあたり、そこまでハードルが高くないのは、 声優養成所としては、 入ってくれる人がいないとお金にならないからです。 ビジネス的な話になってしまいますが、 結局のところ、入学オーディションの段階で基準を厳しくしてしまうと、 こういったお金で経営していたりするので成り立たなくなってしまうからです。 学費は決して安くはありませんから、 しっかりお金を貯めていくようにしましょう。 入学した後は所属するまで 非常に厳しい道のりをたどることになります。 声優になれるのはごく僅かな人しかなれないですし、 さらに声優だけで飯が食えるようになるまでどのくらい時間がかかるか? そこまで継続してやっていけるのか? そこにかかっています。 これは講師の人も見ていますし、 演技スキルも経験もない、全くの初心者がアピールできることは、 いかにやる気を見せるかにかかっています。 声優養成所にはクラスがあり少なくとも、 20~40人くらいのクラスが複数あったりします。 それだけの人がいる中から 自分をアピールしていかなければなりません。 よく考えてみてください。 これだけの人数がいるのです。 声優は狭き門ですから、 最低限クラスの中で一番を取らないとダメですよね? それでも所属できるかどうか微妙なところです。 これはよく聞く話ですが、 『声優養成所から所属できる確率でいうと100人中1人くらいの計算』 と言われています。 この数字を知った上で声優を目指すことになります。 本気になって誰よりも努力し、個性を磨き、 それでも絶対に声優になれるかというとその保証もない ということがおわかりになりましたでしょうか? 社会人経験を積んだ人は声優になりやすい ここまでかなり厳しいことを書いてますが、 声優を目指すということはそういうことです。 この事実を知っておくだけでもたいぶ違います。 そして、社会人であるからこそ、 声優を目指すのに有利に働くこともあります。 それが 『社会人経験を積んだ人は声優になりやすい』 というものです。 ここまで読んでいただいているあなたは 「絶対に声優になってやる!」 と決めている方だと思います。 だからこそ若い人達と覚悟が違います。 どんなに辛くても、苦しくても、逃げ出したいときでも、 自分が声優になると決めたのだから悔いは無い! それこそ会社をやめてでも声優を目指す勢いです。 社会人の方はこの覚悟があっての決断で動いているので、 絶対にやらなければならない、 という気持ちが他の人よりも1歩も2歩もリードしているのです。 時間的余裕もないですから、声優という夢を追いかけるのに、 無駄なことをしている場合でもないでしょう。 こう断言して動ける人なら、 年齢なんか関係なく声優になることができるでしょう。 声優養成所に入って学ぶこと 声優養成所に入ったらどんなことを学んでいくのでしょうか? 養成所にもよりますが、だいたいこんな感じになるかと思います。 発声、滑舌、朗読、外郎売、エチュード、 演技、演技、演技、演技、演技… ん??演技が何回も!!! そうです。 演技の練習ばかりになります。 この演技というのは声優としてマイク前に立ってやるものではありません。 マイク前でやるなんて1年以上トレーニングを積んで やっとというくらいです。 ですのでマイク前練習はありません。 「声優なのに俳優みたいなことばっかりじゃないか!」 と思うかもしれませんがこれが真実です。 おそらく今活躍している声優さんも、 こういった演技レッスンを積んだ上で、現場に出ているかと思います。 声優とは言え、舞台を踏んで、 体を使って演じることが出来なければ 本当の演技力はつかないのです。 声優の起源をたどると、元々声優という職業はなく、 舞台役者さんが舞台の仕事がなかった代わりに、 仕方なくやっていたというところから 声優という職業が生まれたと言われています。 ですから、基本は舞台演技なのです。 声優を目指すからと言って、 「体を使った演技はしたくない」 「舞台に興味はない」 というのは ほぼ声優になることを否定しているようなものなので 心得ておきましょう。 『人前で演技をする。 これが出来なければ声優になることなんか出来ない』 声優養成所で身につけられること 声優養成所に行くと以下のことを身につけることが出来るようになります。 『しっかりとした声が出せて、声質がよくなる。 』 『表現力、演技力、想像力』 『人間力』 『コミュニケーション力、トーク力』 『見た目、ビジュアル』 こういったことに磨きをかけるようにレッスンが行われます。 声優としての演技力を身につけるだけでなく、 コミュニケーション力や人間力もなければ声優にはなれません。 これは一般企業でも同じことが言えると思います。 定期的に演技ワークショップをやってきて いろんな人を見てきた経験から思うことは、 たとえ演技が上手くても、人付き合いが出来ない人、 自分だけ良ければいい、みたいな人がいると、 それだけで輪が崩れてしまいます。 この人は魅力的だな、という人でないと、 オーディションでは採用されません。 そのため、見た目も大事になってきます。 自分でそれなりに着るものを考え、 髪型や表情、立ち振る舞いにも気を遣っていきます。 こういった人間力も身についていきます。 声優になるということは こういった総合的な人間力がなければならないのです。 声優を目指すことは容易ではないですが、 なることができれば、 本当にやりがいのあるお仕事が待っています。 演技はこれからの将来、様々な場面で 活躍できるスキルになってきたりもします。 演劇のススメではないですが、 これを読んでちょっとでも演技に興味を持った という人が増えれば嬉しいですね。 まとめ ・声優養成所は社会人になってから行っても遅くない! ・プロの声優になるには覚悟がいりますよ! ・すぐ声優になれるなら苦労はない! ・社会人経験を積んだ人は声優になりやすい! ・声優は狭き門!声優養成所に入ったら1番を目指そう! ・声優は人間力がなければキャスティングされない! 無料オンライン講座やってます! 声優になるにはどういったことが必要なのか? オンライン講座(メルマガ)で さらに具体的に説明しています。 業界の現場で仕事をしていた経験を踏まえて、 未経験、スキルゼロ、実績ゼロの状態から プロとして活躍できるレベルまで、 声優養成所や専門学校に行かなくとも、 身につけることができる質の高い情報をお伝えします。 登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください。 声優に必要な基礎的ノウハウなど を詰め込んだ目から鱗が落ちる情報を オンライン講座の中で受け取ることができます。

次の

声優になるには養成所?それとも専門学校?

声優養成所 趣味

まずは、声優学校や養成所がどんな雰囲気なのかって不安になりますよね? こうした場所は独特の雰囲気があり、普通の学校とは違い全員がライバルですしレッスンでは張り詰めた空気もあります。 そんなにやばいところなの?と思う人もいるかもしれませんが、これは学校や講師・生徒の意識によるところが大きいので、毎回「息が詰まりそうなレッスン」というわけでもないです。 正直なところ、講師や生徒によるところが大きいかもしれません。 それに教室や稽古場を出れば、ロビーに集まってみんなわりと和やかにその日の授業のこととか話してます。 趣味が合う場なので交友関係もすぐ広がると思いますし、授業の悩みを話せる仲間ができると支えながらも高め合えたりできますよ。 生徒 クラスにはとにかくいろんな人が集まります。 声優を目指しているからこそすごく明るい人もいれば、まだ奥手な人もいますしとにかく個性豊かといえばそうかもしれません。 クラスを引っ張るリーダー気質な人 友好的で明るいムードメーカーな人 優しく面倒見がいい人 個性的でマイペースな人 負けず嫌いで完璧主義な人 蛾が強く一匹狼な人 はじめはクラス内で打ち解け合うのも大変かと思いますが、目指す目標は同じです。 負けない気持ちも大切ですが、芝居や作品は一人ではできないことなのでライバルでありながらも仲間意識を持つことが大切かなと思います。 また、学校と養成所でも雰囲気は多少違ったりするので、次にその点を詳しく書いていきます。 学校 全日制に限ってですが、専門学校やスクールというのは年齢層が18〜20歳に集中しています。 全国から高校を卒業してすぐに入る人など未経験者も多く、 良くも悪くも学生的な雰囲気が強いです。 僕の印象では、養成所に比べ学校のほうがアニメやゲーム好きな人もたくさんいたし、初めから和気藹々とした雰囲気がありました。 ちなみに2年目以降になると、所属や進路先が決まっている人とそうでない人、実力がある人と伸び悩む人など、クラス内でも徐々にモチベーションの差が現れ多少ギクシャクしたりもあります。 笑 クラスによって違いがあるので一概には言えませんが、未経験者でも 馴染みやすく目指しやすい環境です。 【 声優学校の特徴】 年齢・経験・実力が全体的にフラットなため、わだかまりもなく接しやすい 悪くいえば意識が低く突出して上手い人が少ない クラスによって雰囲気の良し悪しあり 2年次から徐々に個人差が生まれクラスがまとまらないケースも 養成所 養成所は場所によって雰囲気は様々ですが、大手や有名どころなど入所するにあたって高倍率なところは総じて生徒の意識やレベルも高いです。 経験年数や年齢層もバラつきがあることから、個々にプライドや覚悟をもって入る生徒が多く、母体プロダクションへの直接所属が見込めるため、目標や競争意識が芽生えやすい環境です。 そのせいか、学校よりもクラス全体に 緊張感のある雰囲気が漂っています。 そして、授業の課題発表や審査前になるとさらに緊張感が増します。 入所できたものの、こうした環境に馴染めず辞めていく生徒もいますし、周りとの比較から自信をなくす子も結構いたりするんです。 未経験者がいきなり飛び込むには厳しい環境ですが、 メンタルに自信がある人や覚悟を持って臨める人におすすめしたいです。 【 養成所時間割】 【クラスA】11:00〜14:00 【クラスB】14:30〜17:30 【クラスC】18:00〜21:00 授業時間は、一般的な専門学校であれば大学と同じ1コマあたり90分です。 養成所だと機関によって様々で、1コマ90分のところもあれば180分などクラスや生徒数に応じた時間割が組まれています。 詳しくは対象の機関のHPや資料請求で確認することをおすすめします。 レッスン前の流れ 声優学校や養成所では、授業開始前に準備やアップをしておくことが常識なんです。 最初はこの雰囲気に少しびっくりするかもしれませんが、授業開始の30分〜1時間前からアップをしておかないと、授業で「声が出てない」「芝居のテンションが低い」といろいろ指摘を受けることにつながります。 次に、気になる授業内容についてですが、一番最初の授業はガイダンスが中心で、講師が授業の概要を説明したり生徒に心構えなどを話すことがほとんどですが、生徒に簡単な自己紹介やレッスンを行うケースもあります。 カリキュラムにもよりますが、2回目の授業から発声や滑舌といった演技の基礎的な部分を教え込まれ、授業が進むにつれて徐々に台本を使ったセリフ回しや表現の仕方などへ発展していきます。 普通の学校にあるような座学というものは割合少なく、体を動かすものが圧倒的に多いです。 残念ながら、多くの人が憧れる「マイクを使って映像に合わせてアフレコ」といったことは最初はほとんどないと思っていいです。 笑 僕の印象では、専門学校ではレクリエーション要素が強く 楽しみながら取り組む内容で、逆に養成所では スキルアップに特化した地道な授業が多い印象でした。 講師によっては、業界話やこれまでの体験談などをしてくれる人もいれば、ひたすら授業の内容を教え込む人もいたりと様々ですし、厳しく指導する人だと挨拶や礼儀、声の大きさ一つとっても細かく指摘されます。 これに慣れるまでは心が折れそうになります。 笑 そうやって自然とそれぞれの授業・クラスの雰囲気ができてくるので、学校や養成所といった環境だけでなく 指導者によってもかなり違ったりします。 まとめ いかがでしたでしょうか?、声優養成機関というのは、普通の学校とは違った独特の雰囲気があります。 恥を捨てなければいけなかったり、厳しいことを言われたり、自分の実力を痛感したり…。 メンタルの強さが大事になってきますが、その反面交友関係を作りやすい環境ですし、熱意のある講師は親身になって指導してくれます。 環境に慣れ、周囲と協力大切に、充実した学校生活を送ってくださいね。 引き続き、入学前にはじめておきたい自主練習と心構えについてはこちらの記事で紹介しています。

次の